fc2ブログ

あれから3年

海渡さん、1月22日で3才10カ月になりました。(この写真のときは3才9カ月くらい。)
kaito201211
もう立派なおとなです。
201212kaito
走るのがいやになって、ディスクを投げてほしくないときにはこうやって足で踏んで私にとられないようにします。

ここまで育てられたなんて、3年前のことを思いだすと信じられないくらい。

あれは3年前、1月30日。もう海渡との生活に耐え切れなくなり、夫ともずいぶん話し合い、海渡を手放すことが決まっていた日です。

何をやらかしていたかというと、もうほとんど覚えてはないのですが、ちょっと無視すると、ソファに乗って手を伸ばし壁の電燈のスイッチをパンと切る。
人の顔を見ながらわざとシーシーする・・・・・
朝5時半になったら起きて、ケージを開けろと吠える。
とにかくたいへんで、へとへとになっていました。

30日、土曜日の朝「散歩が終わったらそのまま海渡を連れて行くから」と感情を殺して言う夫。(一番辛かったでしょうに)

海渡に手を焼いて「海渡なんかどこかにやって」「元の生活に戻して」と泣きわめいていた私は、手放すと決心してもやはり、オロオロ泣いてばかりでした。

でも、今も海渡はここにいます。手放す前日前々日と私があまりに嘆き悲しみ苦しむ姿に夫が「(手放すのは)やめた」と。またいっしょに頑張ろうと背中を押してくれました。

その後、とてもいい訓練士さんと出会い、別犬のようによく言うことをきく犬に変身。

相変わらず「いなけりゃ、もっと自由がきくのに」と思いますが、
毎日おしりをふって出迎えてくれたり、そっと寄り添ってきたり、嬉しそうに笑う顔を見てると飽きない ― 一日10回くらい「海渡、スキ」と言える。

よかったよかった。いっしょにいられて。
スポンサーサイト



2月3日「節分」 | Home | 『そ』・・・竹本健司の俳想ノート

Comment

Post comment

Secret

Page top