FC2ブログ

お葬式や法要

1週間前の日曜日、岡山道高梁サービスエリアで雲海を見ることができました。そしてそこで売っている「雲海ロ
ほわほわした感じは雲海そのもの。味もよしです。
雲海ロール

一昨日、父の四十九日の法要が終わりました。
遺影のバックは空色に加工していますが、元の写真は紅葉でした。5年前の11月18日足守の「近水園」に行った時のもの。元気だったのにな。

お葬式も法要も、準備や式そのものにバタバタするばかり・・・・・・。亡くなった父を悼むということができませんでした。式の進行についてお坊さんは何も言ってはくださらないし、当家がお坊さんより先に仕切ってはならないし、近所の人も坊さんをさしおいてあれこれ指揮できるわけでもないらしく
喪主やら家族やらだけが動きまわっている。来ていただいた方にも申し訳ありませんでした。

「とにかく済ませた」という感じが残り、なんだかなぁ・・・。父のことを誰かと話すなんてこと、法要の会食の席でも一言もできませんでした。そこがちょっと悔しい。

皆、こんな経験をするから身内だけでという式が増えるのでしょう。
ゆっくりと落ち着いてお別れをしたいと思うから。
故人のことをよく知る人語りたい。思い出話を聞き、私は父が家を離れてから亡くなるまで、どんなに頑張っていたかを伝えたい。

お葬式になると、まず組の人に集まってもらい、葬儀委員長を立てていろいろな役割を決めます。お寺さんに伝える人、役所へ届を出す人、当日の受け付けは今も同じです。

何十年か前のお葬式のときには墓穴を掘ることや、御棺の飾りをつくるという準備もありました。女の人は大釜や茶碗を揃えて勝手仕事をしていました。
式の当日には案内や受付などなどの世話役をつとめ、3日くらい組の人はつきっきりの様子だったのが記憶にあります。火葬になってからも墓穴を掘ることと御棺の準備以外は同じで、つい5年ほど前まで、自宅での御膳の準備などもしました。
手伝いにも行ったことがありますが朝早くや夜遅くまでたいへんでした。ずっと人が居て酒や食事もつきものなので当家の人も大変だったと思います。

先日、お坊さんが、「最近は、檀家が少なく檀家の家族も少ないからお布施だけでは食べていけない。副業を持たないとやっていけないという実情がある」と嘆いておられました。お坊さんも人間ですから兼業は時間的にもきっときつかったのでしょう。
そんな時間と手間をとり、皆仕事も休めないしたいへんなことだからその役割を代わってやってくれるセレモニーホールができました。私の実家の町内にもでき、葬式や四十九日はここ1~2年でずいぶん変わったようです。

そして、こうしてああしてと葬儀を指揮してくれるのも、受け継ぐべき仕事の見当たらなくなった組の葬儀委員長さんやお坊さんではなくではなくセレモニーホールの役割になったみたいです。
組や寺のことを軽んじているわけではなく、そうなってきている、ならば「式は身内だけでも・・・・・」と思います。

厳粛な葬列というのも重々しくてよいですが、それはもうとても無理で、母も「私のときには今頃よう言よおる家族葬いうのでええわ」なんて言っています。

★父はにぎやかなのが好きだったので、父の葬儀や法要はこれで良かったのかもしれません。
私に、もうちょっときちんとお別れがしたかったという感情が残っただけで、無事仏さんになってくれてたらそれでよし にしてね。
スポンサーサイト



雪も積もりました。 | Home | 岡山城から見えるもの

Comment

No title

四十九日の法要が終わると、張り詰めていた気が緩む感じですね。

吉備人さんが言われるように、葬儀・法要の形は今、急激に変わりつつあるようです。
形式や儀式よりも、故人の方の生き様を集まってくださった方としみじみ話す・・・そんな葬儀・法要が本当だと思うのですが。

私達も自分の最後も考えなくてはならない、そんな年齢なのでしょうか・・・

2012.11.26 (Mon) | のん木オジサン #- | URL | Edit

No title

<のん木オジサン
コメントありがとうございます。
やってみなければ分からないですね。でも、お葬式はその人にとって一度切り。
生前に自分のお葬式を考えておくのも最近は多いですが、式場まで手配してお願いしておかねば、かえって仕切る人に迷惑をかけそうです。

2012.12.03 (Mon) | 吉備人紅一点 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top