FC2ブログ

お釜とトイレ

budou
朝食に秋のフルーツたっぷりで王様気分。二十世紀梨(鳥取産)から左回りに「ゴルビー」(トド&アシカファーム産)「瀬戸ジャイアンツ」(トド&アシカファーム産)「ピオーネ」(新見市垂水産)
そしてお墓参りの帰りには、ジョリーフォックスで「季節のフルーツサラダ」
フルーツサラダ 柿も入ってました。

先週は連休の終わりの月曜日に、不思議な取り合わせですが炊飯器と便座を買いに行きました。
便座のことは、こちらのブログをごらんください。とりあえず狭い個室で悩みの種となっていた脱臭機能だけは稼働しています。
炊飯器は 水曜日から使用しています。いままでのご飯は何だったのかというほどの食感の差です。

17日に買ったのになぜその日から使用しなかったか? ―
「日の善し悪し」というのを思い出したからです。

10数年前にこのマンションに越してくるとき、引っ越しにはやはり「大安」が一番で、やむなく他の日になった場合には「「釜」だけでも「大安」の日に引っ越せよ」と 母に教えられました。
そして、それに従い、この日まで使っていた釜は、私たちよりも早く「大安」の日にここに越してきて私たちを待っていました。
新しい釜もやはり良き日から・・・食うものに苦労しませんように安らかにく暮らせますようにということで「大安」の19日から炊き始めたわけです。

前の炊飯器は、10年以上も使っているうちに、最近では保温がおかしくなってパリパリになったりベチョべチョになったり。新米をおいしく食べたいと15日の稲刈りを機に買い替えを決意しました。
前炊飯器にはたいへん世話になりました。IHとはついてるものの一万円以下、安物でしたが、高校生二人のお弁当づくり生活を支えてくれました。
さすがに任を終えさせるときにはしんみりとしたものがありました。
「こびりつくくらいなんだよー、まだ炊けるじゃないか」と、釜の叫びも聞こえてきそうでした。

トイレも同様、今の故障は蓋がボタンスイッチで開かないことです。
脱臭や、暖房は利きます。まだ使えるといえば使える・・・・・・でも付いている機能の一部が使えなくなったストレスのほうが強くなってきたから替えます。もしかしたら「まだ、温めるぜえー」と言ってるかもしれない。

炊飯器は、最初から保温なんて機能が付いてなかったら買い替えは考えなかったかなぁ、
トイレは、温かい便座があればいいと思えばそれでよかったかもしれない・・・・・・。
便利な機能が増えて、つかえないとなるとストレスが増えて、結果「ごめんなー」といいながら買い替えに至りました。
最初の「大安」の話からそれてしまいました。

生活にとって釜が大切なら、トイレも大切。次の「大安」25日。それまでになおって安らかな生活がおくれますように。
スポンサーサイト



お芋詰め放題 | Home | OH! RAINBOW

Comment

Post comment

Secret

Page top