fc2ブログ

ツバメの巣立ち&DM&近刊

表町JTB看板ビル・手もみ屋本舗テントのツバメの巣は空っぽになっていた。
無事巣立っていったのかなぁ・・・巣立つときってどんなんだろう?一羽、また一羽と順番に?それは親鳥が「翔んでごらん」と促すのだろうか?
巣立ったのち、ツバメたちはまたつがいになって新しい命を産み出すのだろうか?生涯、何度卵をかえすのだろう?親鳥の寿命は?・・・・・・ナゾは深まるばかりだ。

水田が少なくなると泥も少なくなってツバメが巣をつくれなくなる という話を聞いたのだけど、表町のツバメはどこから泥を運んで来たのだろう?空っぽの巣を眺めてまた、思う。

病院のあじさい
こんなに青いアジサイを見たのは先の日曜日。もう週末になってしまった。

先週末は、吉備人に直接本を注文してくださった方々に伸ばし伸ばしになっていたDM発送をした。
今週になって、既刊本の注文がぼつぼつ返ってきている。
なかには10点もの書籍を注文してくださった方もいて、「次の目録が来るまで、1年かけて読みますから」とおっしゃった。
私が吉備人に参加するまえからの読者で81歳の方だ。

DMには、9月発刊予定の「吉備の古代史事典」(詳しくは、吉備人出版HPの近刊案内の頁でご覧下さい)税・送料込/定価2625円のところを予約特価2000円で販売という特典付き。
「本書で取り上げた事項は、考古学関係の遺跡や遺物・歴史の古い神社・同じく寺院・古記録・聖なる山・泉・イワクラなどの中で、およそ吉備の古代史に関心をお持ちの方なら多分興味をしめされるであろうと思えるようなものです。」と著者がおっしゃるように、吉備の古代を700を超える事項(キーワード)で編纂したものだ。

その予約も好評で、
今9校目で、まだ校了していないのだけど、編集者は「9月発刊!出来次第発送!と言って、たくさんの方に予約もしてもらってますから先生(著者の薬師寺先生)頑張りましょう」と励ましあっているらしい。

昨日は、登山詳細図のシリーズを作られている守屋益男さんがKSBの夕方の番組に出演された。
ロードメジャーを使って距離を測定されているところや、自宅での詳細図作成の様子も取材されていた。とにかく正確を要する作業で、それが1枚の地図になり、登山者の安全を守り、楽しみを増やす。
この秋には県内では「操山」「矢阪山」周辺、首都圏では「丹沢」周辺の詳細図が出来る予定。

著者や読者の思い、大切にせねば と身が引き締まる。ツバメもどこかで一生懸命生きてるだろうし。
スポンサーサイト



新見駅 | Home | 「やくも」で「玉造」まで

Comment

Post comment

Secret

Page top