FC2ブログ

3月15日、妄想改装。

花束 ★花束!
どこから見ても美しくて 写真では見えない裏側にも白やうすピンクの薔薇があしらわれています。
お花があると、部屋にものを出しっぱなしにしないでおこうと思います。

下は雑誌「CREA DueHome」に掲載されていた 奥田英朗さん宅。
3LDKのマンションを1DKに改装し、すべてが本でできているかのような家。
書斎なんてものではない。壁の替わりに本棚を造り付け。寝室、トイレ、浴室以外は本とCDで埋め尽くされている。
といっても、雑然ではなく、「家のどこにいても本棚が見えるように」とオーダーし、サイズを合わせて建築家がつくったものだ。奥田さんは2年半前にこの理想の形をかなえたそうだ。
CREA
私たちの想像も広がる。
子どもたちは独立していてここにいないし、私たち二人が眠るところと、台所、トイレ、風呂があればいいわけで・・・・・・
リビングと和室をつなげ、壁面全体に本棚をつくる。廊下と和室部分の壁はとりはらい、造り付けの本棚で通路とのパーテーションにすればいい。
子どもたちの部屋は 片方が寝室、片方がウォークインクローゼット・・・いや個々の部屋にしてもいいな。
リビング兼作業場として中央に大きな作業テーブルがほしい。子どもたちの学習机とこれでお別れだ。

妄想か?
年に何度かこの改装ブームに襲われる。

でも、この半端じゃない奥田英朗の家 かっこつけてる感じではなく妙に現実的だ。
スポンサーサイト



3月20日。「花ふきん」 | Home | 3月11日 君だけはだれにも渡したくない

Comment

Post comment

Secret

Page top