fc2ブログ

「塩鮭の頭と大豆の煮物」

だし巻き ★だし巻きたまごです。最後にペーパータオルで形を整えました。まるでオムレツみたいですね。
巻き簀は昔持っていたけど、結婚後二度目の引っ越しくらいで捨てました。一度目の引っ越しというのはいわゆる新婚さんで「巻き寿司」なんかも作る情熱とチャレンジ精神があったのでしょう。
「百均」でも買えそうな物ですが、巻き寿司を自分で作ることは ー たぶんないなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母はよく「あのとき○○しとけばよかった」という。
先日帰ったときには「おじいさん、最初の入院のとき、もう1カ月ほど長く入院しとけばよかったなぁ」と言った。
「なぁ」と同意を求められてもまったく賛成できないので
「それは違う。呆けるし筋肉が衰えてしまう」と答えた。

たとえ、それがそうだったとしても取り返しがつかず、次に活かせなければただの「後悔」。口にしても決して意欲がわくことではないのです。

母は元来、前向きな人です。
おじいさん入院発言と同じ日、帰る私たちのためにおかずを作って待っていてくれました。
その一品「塩鮭の頭と大豆の煮物」。

新聞掲載のレシピを見て作ったのだそうですが、大豆のところを同じ大豆でも「黒豆」に替えたのですね。大豆より豆としては黒豆の方が上等だし味もいいから。

そうすると、出来上がった料理は”黒い”・・・
一口大の黒い得体のしれないものとつやつやした黒豆をお皿に盛りつけてくれました。味は確かに魚の味と豆。
栄養的にもとても良いし、お正月に食べるような黒豆の煮豆みたいに甘くないので太らない感じ。
でもね、見た目がね。
「やっぱり白大豆にすればよかった」と言った母。
これは、反省。
次に「塩鮭の頭と大豆の煮物」をつくるときには、白い普通の大豆を使えるものね。

後悔、後悔、後悔。。。。私にもいっぱいある。きっと母にはもっといっぱいある。でも、そりゃーどうにもならん。

反省して前向きに生こうね。
スポンサーサイト



棚卸し間近! | Home | 氷の世界

Comment

Post comment

Secret

Page top