FC2ブログ

森山直太朗「さくら」に思う

川遊び ★25年前の小阪部川で。息子を連れて川遊び。今はこの辺りは護岸工事やら河川改修やらなされている。そして、子どもがいくつにになったころからか川遊びもしなくなって川も遠目に見るだけ。
遠目に見て、犬の海渡がはいれそうなところを捜す。
川は静かに流れているけれど、降りられそうな道が見えない。川で泳ぐ子もいないし、生活の場ではなくなって草が生い茂っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週土曜日のFNS歌謡祭。
森山直太朗の『さくら』は、初回プレス1200枚
それが現在約120万枚も売れている と下にテロップが出て(勇気づける歌ランキングで短いながら歌と映像が流れその下に出て)、「さくら」は歌は歌で大好きなのだけど、
1200枚が120万枚に でとても勇気づけられた。

1枚1100円のCD。吉備人の本は平均して1500円くらい。
そして、1200という数量は、吉備人の初版部数くらい。それが、どんどん、じわじわ売れて120万枚!
そして、皆を涙させたり、勇気づけたりするのだ。

決して夢ではないのだね。
スポンサーサイト



関西勝った!!! | Home | 花火の夜に

Comment

Post comment

Secret

Page top