FC2ブログ

モテル男性

林原美術館
林原美術館に販売していただいている本の補充に。閉館時間を過ぎるとこの厚い門扉が閉ざされる。右側の通用門から入るのだけど、以前押しても押しても開かなくて、会社まで戻って電話をして鍵をはずしてもらったこともある。通りからは必死に門を押す姿は丸見え。非常に恥ずかしかった。内側から見ると、これまた重そ~な角材を鉄の穴(?)に通した鍵。その時代なら門番がいて、たたきに土下座してお目通りを願っている人もいそうだ。
美術館の中に入るとひんやりとする。静かで落ち着いた空間です。

さて、先日新聞を読んでいて「確かに」と思ったことがある。モテル男というのは、さほどおしゃれではなくても清潔で、人の話をよく聞く というもの。いまどき会社の女性にそっぽを向かれては仕事もできないでしょと。フムフム

別に 何かを話して「どうにかしてよ」「解決してよ」「答えてよ」と即答を求めているわけではなくて、何気ない問いかけにちゃんとこちらを向いてくれるそんなことの積み重ねかな。意識してできるものでもないような気もするけど・・・。
そしてもしそれが 仕事のシーンだったら 場合に応じては「〇〇さんが調べたことなんですけど」会議のシーンだったら「今彼女も言っていましたが」なんて付け加えてもらえたら・・・ その人イイっすね。
スポンサーサイト



昭和と平成 | Home | 選挙

Comment

Post comment

Secret

Page top