FC2ブログ

「五目汁そば」で生き返る

ももパン ★桃パン。まだ食べてはいないけれど、このまだら感がまさに桃。

朝、おじいさんの入所している施設に夫と行きスタッフの人と面談。詳しく書くのは今日はやめにするけれど、穏やかに生活してくれたらよいものを、頭が痛いことが起きる。本人に気持ちや道理が通じない。

11時頃出社。一昨日の読売新聞で見た と言う方から「高尾山詳細図」はどこで売っていますか という電話が多数入る。「どちらにお住まいですか」と訪ねて書店を案内しようとするが、肝心の地理が分からないのが我ながらもどかしい。直接発送の個人注文も10数件。
取り次ぎ店発送、個人発送、その間に電話問い合わせ。この調子が6時半まで続いた。嬉しいけど腰が痛い。

海渡のトレーニングも重なった。ちょっとした悩みをタケイ先生に伝えていると
「ちくったなぁ」という目でみてくる。

7時過ぎから 突き出し広告の原稿を作る。
妙におなかが空いてきた。そういえばお昼ご飯は パン1つだった。
代表山川を誘って「海華楼」の出前を頼む。「天津丼」と「五目汁そば」。夜の出前は初めて。なんておいしいのだろう!
力が湧いて、10時まで頑張る。

「海華楼」の出前は21:30まで。アツアツを届けてくれます。汁物はポットで運ばれてその場でかけてくれます。ぜひご利用ください。
スポンサーサイト



坂道の攻防 | Home | 桜の花

Comment

高梁では、ようやく桜が見頃を迎えつつあります。

おじいさんの事ですが、自分の父と嫁さんの両親を介護した経験から、少し偉そうな事を言わしていただくと・・・
特に病気の老人には、人の気持ちや道理は通用しません。
理屈ではなく、その人の現在の全てをあるがままに受け入れるしか方法はありません。
その人の過去の姿と現在の姿を区別して接する事が、自分にとっても本人にとっても一番疲れない方法です。
全く参考にならないでしょうが・・・
以前の事を思い出して書いてみました。

2011.04.08 (Fri) | のん木オジサン #- | URL | Edit

<のん木オジサン
いつも温かい励ましありがとうございます。
腹立たしいこと、かわいそうだと思うこと、どれも正直なわたしの気持ちだと思います。
ケアの部分は介護士さんたちに任せて、自分は明るく接するのが 一番かなと思います。
ただし、そう思えるのは少し気持ちに余裕があるときですけどi-248

2011.04.11 (Mon) | 吉備人紅一点 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top