fc2ブログ

お土産

みなさーん こんばんは。
春ですね。といいながら今日は岡山市内で雪もちらつき、私の故郷大佐では起きがけ5センチも積もっていたとか。
これは、冬ですね。

河川敷
旭川河川敷。西側の河川敷が蓬莱橋から荒手茶寮前までローラーで均され区割りされました。もうすぐアスファルトで固められた駐車場になるのでしょう。有料化に伴ってでしょうか、犬の散歩コース、ごあいさつコースだったのに残念です。辺りの気温も上がりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は鍋『「あんた、おみやげってお土産っていって、こういうものなんだねェ」と云った。本当に土産っていう字をしみじみ思い描いた。・・・・・・』
「100万回生きたねこ」に出会って以来、佐野洋子さんのエッセーを読んでみようと思い、文庫「神も仏もありませぬ」を購読、その中の「金で買う」にでてくる会話。
近所に住むアライさんを夕食に招いたおり、アライさんは農業の仕事を終えて、山に茸を採りに入り持って来てくれたのだ。その夜の友だちとの会話です。

ふーん と思った。
そーか「何にもないから畑のほうれん草を摘んできた」が正しいお土産の姿なのだ。

そうすると 佐野洋子さんじゃないけれど、「お土産」を正しい姿で渡せる人は ほんのわずか。何もないのは畑で菜っ葉作ってる人じゃなくて、デパートでお菓子を選んでる私。

仕方ないけどね。でも、これからは「ほうれん草」は堂々と渡せるよ。「お土産です」
スポンサーサイト



「?」はなんだ | Home | うちの雛様は箱の中

Comment

Post comment

Secret

Page top