FC2ブログ

15周年ポスター&MOTHER

15周年ポスター ★本日思いがけない贈り物をいただきました。
「吉備人15周年」のポスターです。
若手デザイナーのイケメンブラザース「TOKOTOWA」さんが「よかったら使ってください」と夕方事務所に届けてくださいました。
15層に重ねたカラー、真ん中の色柱は地元で一途に頑張っていることを表現していただいたそうです。素敵なポスター本当にありがとうございました。
代表は ちょっとこの辺、色薄くなってないか・・・なんて冗談飛ばしてましたけど、イエローの輝きがずっと続いていくよう頑張りましょう。
自分の息子と同世代のブラザースに元気づけられました。

これも本日夕方、集配でお世話になっているヤマト運輸のTさんにも「吉備人さん15年なんですね。ぼくも入社15年なんですよ」なんて声をかけていただきましたよ。
「吉備人」のことを心の隅っこに置いてくれて、認めてくれて、それを自分の力で表現してくれて、とても嬉しい。

★帰宅後「MOTHER」を見ました。
初回で 重いテーマだけど良いドラマだなぁ と思い、2話目の置き引きに遭うシーンで「もう救いようがないじゃん」と思ってテレビを消し、そのまま見ずじまいになっていました。
子役はものすごくけなげだし、松雪さんも田中裕子もいい感じなんだろうなぁと思ってはみるものの、どんどん不幸になっていく気がしたから。
でも昨日の朝日新聞のコラムで島崎さんがものすごく褒めていたねで、最終話は頑張って見ることにしました。
間、すべてとんでいるので細かいところはわかりませんでしたが、切なくて温かくて、でも不安で、最低限不幸にはならない自然な終わり方だったと思います。
「ぎゅっと 抱きしめたい」と思って犬の海渡を抱きしめました。
スポンサーサイト



このまま起きていようかな。 | Home | 梅酒をつくりました。

Comment

Post comment

Secret

Page top