FC2ブログ

直島 その4 

★地中美術館のショップにはあまりときめかなかったので、またバスに揺られて、ショップを目指してパークに戻る。フロントでカギをうけとり、中に入る(カギは出るときに必要)。女子に生まれたからにはショップの隣にある「スパ」なんて行ってみたいけれど、お値段もいくらなんでも無理。 おみやげを少しだけ買って、またバスに揺られて 農協前で下車。

★「家プロジェクト」の続き あと2軒を見るのです。「はいしゃ」・・・もとは名の通り歯医者さんだったそうです。いろりろいっぱい張り付いた、スクラップ屋敷。右側上の窓に見えるのは巨大な○○です。ぜひ、行ってお確かめください。。。と、こんなんばっかりですが、仕掛けのある島なので、それを楽しむほうがよいみたい。

ここで、会った若い娘たちのグループに、おっちゃんが「迎えに来てあげるから見終わったら電話して」と言っていたから、この娘たちはたぶん民宿に泊まったんだろうな。うどんを三杯も食べたっていう話をしていた。そんなにおいしいうどんをたべられるところが どこかにあるんだな と思う。

ここは 香川県なんだ。

 

 

 

iasibasike  ★初日に辿り着けなかった「石橋」。つい最近まで人が住んでいたそうです。

 ここに行く時には すてきな路地を通ります。最初のネコさんもいたし、 美しい生垣や、門から見える中庭、木や花がとても美しかった。通りを抜けると 当たり前のことながら海です。 次に行った「碁会所」の写真はアップするのをわすれました。

minato

★そして、またバスに乗り、「海の駅」に。そうそう もうひとつ船乗り場近くに「I湯」銭湯があります。こんどは、入浴する気で行きたいですが見た目もすごーい。

 

 

 

 

 直島 といえば このカボチャ。朝は少し雨が降っていたのに、とてもよい感じに晴れて、ぜったい都会から来たと思われる ペアでライダースジェケット(もちろん革よ)なんて着たとてもカッコイイカップルのシャッターを押してあげたり、押してもらったりして、

私たちは 島を後にしました。

 

 

 さようなら~「直島」 不思議なところだったなぁ。島では子どもに会わなかったなぁ。岡山からだったら日帰りでもOK(※娘に「直島」の話をしたら、高校のとき遠足で行ったそうな)だけど、宿泊するなら、やはりベネッセハウスがよいです。夜のミュージアム 朝のミュージアムが楽しめるし、無料バスに乗って移動できて便利!

でも、もっと若かったら 民宿もいいかも。自転車に乗って島をめぐるのもいいかも。

 ★宇野港に着くと 「マルナカへはこちらです」と書いた マイクロバスが待っていた。島から 船で20分。買い物にくる人も多いのかなぁ。

 

 

スポンサーサイト



雪が降ったり | Home | 直島 その3 地中美術館もぐるぐる

Comment

Post comment

Secret

Page top