fc2ブログ

直島への旅 その1

  直島を訪ねてから もう1週間が経ちます。
明日あたりは、連休でさらに人がいっぱい来るんだろうな。

 ★私たちの旅は 宇野港から。
  まず、駐車場がわからず、どの船に乗るのかわからずーー「フェリーに車ごと乗らなくてもよいのだ」ということが 頭からすっぽり抜けていました。
というわけで、船を一本見送りましたが、、、。(※写真は 乗船前の待合室。迷走に疲れ気味の同行者)
 

 考えてみれば、小学校6年生の修学旅行での宇高連絡船以来のフェリー。揺れもなく快適!
20分ほどで あっけなく直島に着きました。
そこは 岡山県ではなく、香川県というのが不思議なかんじです。
 
 ★宮浦港に到着。「海の駅」から宿のバスに乗り、島の逆側にあたるらしき本村地区農協前で下車。「家プロジェクト」を見ることにしました。
ただし4時半までの公開なので1時間ちょっと。でも次の日、雨が降りそうだったので、少しでも回っておくことにしたのです。バス停のところにあるコインロッカーに荷物を入れて身軽に出発。(※コインロッカー100円。少しさびているけど大丈夫。)
 
島の郵便屋さん 農協前にある、このたばこやさんに立ち寄らないと、この集落のまちあるきは始まりません。ここに戻らなければならなくなるので、見落とさないようにね(わたしたちはスルーしてしまったのです。郵便屋さんに尋ねて、戻り、一軒目の家で通しチケットは過度のたばこ屋さんで買うことを教えてもらい、また出発点に戻りました。この旅は、目的地になかなか辿り着けない ものになる予感)

家プロジェクトの家には大きな看板はありません。でも各家の案内人が次に行く道筋を教えてくれるのです。
「あの階段をずーっとまっすぐ降りて」とか「鳥居をくぐって」とか・・・。

島の(結構)若い郵便屋さんは、とても親切に道を教えてくれました。島で最初に言葉を交わしたのは 確かこの郵便屋さんです。

(その1 終了→きっと明日に続く)

スポンサーサイト



直島 やっとその2 | Home | 島のねこ

Comment

Post comment

Secret

Page top