FC2ブログ

オステリア・ダ・スギハラ

いきなり、齧りかけのパンの写真でなんなんですが、
11月にオープンしたのに、噂では「予約もとれないらしいよ」とか「いつもいっぱいらしいよ」とか。
やっとやっと行けました。「オステリア・ダ・スギハラ」

金曜日の夜7時30分に予約、1階カウンター席はいっぱい。2階に案内され、ここも間もなく満席になりました。
手作りのフォカッチャ。オリーブオイルの香りにこだわりを感じる。
すぎはらパン
前菜。手前は二度尋ねても名前を覚えられなかった野菜です。そればかりかすべての料理の名前をわすれております。
すぎはら前菜
これは「牛蒡のスープ」なにか覚えのある味なんだけど何かが分からず。「牛蒡」でした。シェフが毎日丹念に裏ごしされているそうです。
すぎはらスープ
パスタは3種類から選べました。(ここにない1種類はニョッキでした。)
カキと春キャベツのパスタ。本来はブロッコリーでしたが花菜アレルギーなので春キャベツに替えてくださいました。
すぎはらパスタかき
ウニのパスタ。ウニがいっぱいはいっていました。
すぎはらパスタうに
メインです。手前はレッドキャベツのカップに入った何かの白子。クリーミー。後ろはジャガイモに包んであるお魚
すぎはらメイン
口直しのグラニテ。洋ナシのお味でした。ワインはシチリアムニール(白)有機ワインです。
すぎはら口直し すぎはらワイン
アフターのコーヒーも丁寧にいれられたことがつたわってくる。
アフターコーヒー
エヘヘ 30歳なんですって。シェフが運んできてくださいました。
大感激でした。
ドルチェ
オーナーシェフご夫妻
オーナー夫妻 すぎはら店内

以前シェフをされていた店で、カウンターに座っていたときのこと、若い料理人が前菜を盛りつけました。すると、肉を焼いていたすぎはらさんはチラと見て低く「だめ」。その料理をざっと捨てました。
これが 非常にかっこよかったのです。
独立されて、どこにお店をだされるのか とても心待ちにしていました。

「オステリア・ダ・スギハラ」の料理は 包丁の技もきれいでとても洗練されています。
でも味は 丁寧に組み立てられていてしっかりとしています。
ゆったりした空間で、落ち着いて料理も会話も楽しめるお店です。天神町。県立美術館裏にあります。
スポンサーサイト



キズパワーパッド | Home | 花束

Comment

こりゃ美味そう~。ウニのパスタ食べたいなぁ。

というか飲み物込みでどれくらい財布に入っていれば良いのか気になるところ・・・。

2010.02.11 (Thu) | 斉藤 #C5aEdLjs | URL | Edit

< 斎藤 様
間違いなくおいしいですv-354
会計は同行者が担当だったので 詳細は不明v-290
エヘヘv-319

2010.02.12 (Fri) | 吉備人紅一点 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top