FC2ブログ

文女工房のマフラー

あやめさんのマフラー  秋に お願いしていた 岡 文女さんのホームスパンのマフラーが届きました。
以前にも書きましたが、手紡ぎ、手染め、手織りですべての工程を文女さんがひとりでやっています。

草木染めなので 微妙な色合いのピンクや芥子、緑、青いろんな色があるのに なぜに黒をお願いしたのか・・・それは黒が好きでして。去年秋冬の流行色でもあったし。これは、ふんわりした黒。
 そしてとっても暖かい。
「あなたは背があるから、少し長めに織ったの」と、その気遣いもとても温かい。

 ビスコッティ


手作りのビスコッティも差し入れていただきました。
もう、半分くらい食べた画像。おいしい!
歯ごたえがたまらない。でも堅すぎない。甘くない。ヘーゼルナッツと他に何が入ってたか尋ねましたがーーー忘れました。
そうそう、庭の柚子を使ったそうです。


FUGETSUDO と書かれた これまたレトロな缶に入っており、なんだかおしゃれでした。

そして、マフラーは岡山県指定重要無形文化財保持者・丹下哲夫さんの備中和紙に包まれておりました。丹下さんの本「備中和紙ー後に続くを信ず」は吉備人出版発行です。
スポンサーサイト



春ですね | Home | 「風の聖域」から

Comment

Post comment

Secret

Page top