fc2ブログ

怪しい地ビールで

  21日岡山城でのイベントで夫が買ってきてくれたビール。

戦国武将ラベルの地ビールだそうです。これは秀家ラベルでもう1本買ってきてくれたのは直家ラベル。

 認識では 秀家が超オトコマエのはずであるのに ここに描かれた秀家はヒゲなんかはやしちゃって勇壮な感じ。年もとりすぎてる。一方の「直家ラベル」は二重瞼の二枚目のイラストが描かれていた。

「なんだかあやしい・・」感が芽生えた。。。

 23日、もう出かける予定もないからと このとっておきのビールを明るいうちから開ける。

 うん??白ビールのはずでは。。。まぁ、ラベルが入れ替わってるのかもしれないんだったから堅いことはいわず、まぁいっぱい。

 チ^ン307 クピッ・・・ま、まずい・・ボロリと私の口から出た言葉は「サイテー」・・・夫は絶句。

ビール好きで 結構いろんな味のものを飲んだけど 2口目に手がでないビールって。。コイツはエグ味があり甘い。材料になんとかシロップというのが書いてある。通のビールなんだろうか??いや、いくら通だからって・・・

結局 そのまま台所の流しに。捨てようと思ったけど ここで閃いたふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

おいしい ビール煮があるじゃないか!カツ用の豚肉なら冷蔵庫にあったはず。早速、料理本「おいしい」のビール煮のページを開いたのさ。牛肉は豚肉に、黒砂糖は 甘いビールだったから省いた。

 おいしい!甘みも充分効いている(かなり甘かったビールのようだ)。

 あやしい地ビールはやはり怪しかった。

  「おいしい -まさこさんのおしゃべりなキッチン」(国府島優子 著/吉備人出版 刊)は おいしい料理がつくれます。

 

 

スポンサーサイト



タマタマ | Home | 乳がん検診

Comment

Post comment

Secret

Page top