FC2ブログ

文房具屋さん

花水木 赤い実が かわいい花水木です。明日は大佐に帰りますが あちらは寒いんだろうなぁ。こたつは1か月前から出てるし、今度はストーブも焚いているにちがいない。。。 

 先日 家の近くに大型の文房具屋さんがオープンした。

大通りから1本入った旧道にもプラカードを持ち、お揃いの黄色を着た人が立っていて、いかにも大々的だ。

 オープン2日目の 夜8時前 閉店前だとは思いつつ店をのぞいた。やっぱ 見ておかなきゃ・・・同じく近隣のノンちゃんの話では、昼間は、人がギュウ詰めって感じで 商品を見ることもできないなかったそうだけど さすがに閉店前は 落ち着いた感じ。

買いたいものは アスクルでそろわないもの---あの タックシール あの用紙。手帳もみよう シーズンだし---。「mt」のマスキングテープ 白と無地の濃い赤系がほしいのよ---「mt」2アイテム買うと1本プレゼントってチラシに書いてもあった。これだけでかければ あるだろう。

結果は 残念。ほしいものは手に入らなかった。そして何もほしいものがなかった。

わたしとしては たとえ郊外型であっても 文房具屋さんは、できればなんでもありそうだ と思わせてほしい。 何に使うのかはわからないけれど買ってしまうもの(たとえば色鉛筆やカラーペンや)があって えーこんなん置いてるのっていう驚きもほしいな。整然としていてもいいけれど品揃えが多くあってほしい。だって必要なものだけならコンビニで間に合うし、アスクルやカウネットで選べばほとんどのものが揃い前日午後6時まえに注文して、翌朝には届く。

それでも 家族連れがたくさんいて 子どもたちは嬉しそうに選んでいる。レジに並んで手にしたペンやらノートやらを差し出す。150円でございます。とか320円でございます。と声が聞こえる。

私も ときめきたいんだけど・・・

スポンサーサイト



里の秋 | Home | アリス ライブ

Comment

Post comment

Secret

Page top