fc2ブログ

カラスにエンドウ

さやえんどう

平日は、ちょっとの手間が面倒だったり、時間が惜しかったりでキャベツをちぎったり、きゅうりをポンポンポーンと切って並べてマヨネーズかけるだけ みたいな簡単な調理になる。子どもたちがいた頃には、食事が終わってから次に日の献立の準備までしていたような気もするのだけど、それは過去のことでもうそんな努力は忘れました。

でも、土曜日には 煮込み料理をつくったり、ひと手間かける物も作る気分になれる。
腰を下ろしてゆったりと さやえんどうの筋をとる-なんて、すごく幸せ、しかも畑で採れたもの。生産地は 新見市大佐です!
ところが、この写真のさやえんどうが今年最後の収穫物ということになってしまった。

先日、カラスに畑のさやえんどうを全部取られたのだそうだ。
はじめは、やわらかく甘味の強いスナックえんどうを喰いちぎられ、次にふつうのさやえんどう。80年近くエンドウを見てきてカラスにやられたのは初めてだそうです。
家の裏の畑は カラスにとって格好の餌場。夏になるとすこーし色づいてきたトマトを突っつき、スイカに穴を開ける。今度はえんどう。味をどんどん覚えるなぁ・・・カラスの奴め。
猿は豆や芋やなんでも獲るし(賢いから盗る?)いのししは 長芋や筍を掘るし・・・闘いは厳しいよ。でも、近頃、動物の力の方が強くなってきたみたい。
来年もまた えんどうを食べに来るのでしょう。ゆったりの気分には生産者の力が大きいのにな。
スポンサーサイト



ちょうちょ誕生 | Home | 飯茶碗

Comment

Post comment

Secret

Page top