FC2ブログ

カナンドウとイカリ

姫新線
ここは 踏み切りのないところですが、生活道路と交差しています。きれいに草刈もしてあり、今も生きている道です。
西側には線路に沿って県道が走り、家からその県道と川と線路を横切っていくとうちの小さな畑があります。
「カナンドウ」という地名で、畑の下に鉄塔がありました。梅の木が何本か植えられていて季節には実をとりにいっていました。
鉄塔は今はもう撤去されていて、目印もなく、「うーーん この辺だったはず」・・・畑はわかりませんでした。檜でも植えたのかもしれません。

この線路の横を流れる川で小学生の頃は泳ぐことができました。小川のような川しかない地域ですがこの線路の下辺りは「イカリ」と呼ばれる小さな淵になっていて、上のほうからも川遊びに来ていました。男の人たちは「よぼり」といって夜、魚を獲っていたような記憶もあります。

川遊び 川は改修工事がすすみ、今はこんなに浅くなりました。

魚も人も泳いではいませんが、大雨が降るたびに水が田んぼに流れ込み、大きな被害を受けていたことを思えば、仕方のないことかもしれません。今なら もっと自然を残す方法で工事もできるでしょうか。

 恐る恐るですが、海渡は 初めて水に入ることができました。

スポンサーサイト



入れすぎれば袋は裂ける | Home | お惣菜

Comment

Post comment

Secret

Page top