fc2ブログ

勝山ひのき染色工房

コースター   先日、勝山に行ったとき「ひのき草木染工房&ギャラリー」を訪ねました。

勝山の町並みにそよぐ暖簾のほとんどが店主の作品です。(ただし、草木染は日光で退色するので それぞれの店頭に架けている暖簾だけは化学染料だそうです。)

 蔵を改装したという店内には 色目を抑えたセンスのよい大人の小物がならんでいます。作家さんたちのギャラリーです。

 そしていろとりどりの草木染めの暖簾、ストール・・・同じ植物染料でも 布の材質や織り方で色や感じが微妙に変わっています。

店内を見ながら 染料の効果について教えてくださいました。手に取った軍手、薄い赤色です。染料は「茜」 体を温める効果があるそうです。「ほら、女の人の腰巻があるでしょ あれが茜なんですよ」「緋色」とよばれるあの色は茜のいろなんですね。他にも、殿様が頭に巻いている「病鉢巻」ほら、あの真紫で片方をだらりとたらした・・・あれは「むらさき」という薬草で染めたもの。抗炎症、解熱の薬効があるそうです。

簾には、さまざまな絵柄のものがあります。暖かみがありながらさっぱりしているという不思議な作品。ストールも一点一点が違う心地よい肌ざわり~  どれ持っていても嬉しい絵文字名を入力してください 

天然素材で手織り、手染め---納得できるお値段=それはもう少し金持ちになったら私にも買えると思います。

コースターが、和の色のカラーパレットを見ているみたいに何種類もほんとうに何種類もならんでいました。好きな色ばかりで、迷いながら三点をえらびました。いつか金持ちになった暁には、きれいな暖簾を飾り、もっと金持ちになったら、店主さんが染めて織ったオリジナルの紬を着たいです グー!

スポンサーサイト



15年目の吉備人です。 | Home | 恵文社一乗寺店

Comment

Post comment

Secret

Page top