fc2ブログ

阿波(あば)から鳥取へ

阿波は四方を山に囲まれた、東西5km、南北10km、面積は42.07km2といった小さな里。そのうちの94%が林野で、阿波の全ては山と言ってもいい。2.5平方メ?ートルの中に田畑があり、集落がある。(いやしの里あばHPより)
人口700人くらいの岡山で一番小さな村だった。昨年の大合併で津山市阿波に。
津山ICから北東に向かって車で30分くらい。鳥取県境に位置する。2.5平方kmというと、この写真で見渡せる範囲くらいってことだ。
あば ゆるぎ
なんで ここに来たかというと 久しぶりに一家4人で義母や夫の兄一家の暮らす鳥取に行こうということになり、どうせなら、どこか温泉にでも泊まろうということになったから。
ずっと通り過ぎて兵庫の北部とか有名なところもあるけれど、あるとき新聞の情報ページを見ていて岡山にもいろいろなところがあることが分かった。
温泉に入れて リーズナブルで しかも美食の館として紹介されていたのがここ。
しかも智頭に出る道もあるらしい。

岡山を出て 休憩を入れて2時間半。息子が運転してくれるので、いつも運転手の夫も岡山道、中国道左側の景色を楽しんでいるようだ。後ろの席に二人で乗るのもタクシー以外ではめずらしい。
着いて早速お風呂。
岩風呂とヒノキ風呂があり一日交代で男女が入れ替わる。露天風呂も広くって、清潔!阿波の夕食 夕食その2
左は前菜、右はミニステーキ。てんぷら 豆乳鍋、松茸どびんむし、くりごはん、デザートなどなど
見た目にも美しい料理が並ぶ。ビールや熱燗を飲みながら量もちょうどよし。
そしてこのあとも 娘と二人温泉へ。ゆっくりつかり、露天風呂で空気の冷たさを味わう。ふ~
とっても静かで なんだか皆眠くなり 10時半就寝(考えられない!いつもはこの時間晩ご飯たべていたりする)
朝食 ぐっすり眠って 8時起床!(10時間近くも全員熟睡)
朝食は和食。ご飯がとってもおいしい。豆腐も名産で写真にはうつってないけれど湯豆腐が付いていた。朝の茶碗蒸しも体が温まってGOOD。
そして、またまた温泉へ。
もう極楽よーー!
10時過ぎてたかも?のチェックアウト。

物見峠 物見峠を越えての鳥取行き。くねくねくねくねと細いみち。地図で見ても恐ろしい。
運転でもしていないと絶対「ゲロゲロ」になるということで 運転担当は息子。
天気もよかったので私はとっても気楽に峠の景色を楽しんだ。そういえば物見峠の吉備人読者がいたなぁと思い出す。
この山の中に因美線の物見トンネルが通っている。3キロ以上もあるそうだ。

智頭まで30分ほど。
また阿波にいきたいなぁ・・・温泉の気持ちよさ、おいしく食べられる宿。
楽しかったなぁ。

スポンサーサイト



本の本 | Home | 荒手茶寮と後楽園外苑

Comment

Post comment

Secret

Page top