fc2ブログ

Real Clothes

リアル・クローズ
Real Clothes(リアル クローズ) 槇村さとる(クイーンズコミック)

待ってた新刊コミックが5月末に出ました。
主人公がデパートの寝具売り場から、婦人服売り場に変わってどんどん前進していくので、今はファッション業界が舞台といったほうがいいかも---いや現実味が湧くのでやはりデパートが舞台だな。
話の筋とは 全く関係ありませんが 主人公は女性に嫌われないのがうらやましい。
読んでみてください。単純におもしろいです。

漫画雑誌を定期的に買うということはありませんが、時々コミックを買います。とくに情報はないので、選ぶ基準は ☆絵がうまいこと ☆昔から好きだったこと。
槇村さとるさんは その両方に当たります。絵柄が時を経ても、激しく変化していないところがいい。

昔 私は 「別冊マーガレット」と「りぼん」と「月刊セブンティーン」を長いこと買っていました。(集英社好き!
その漫画愛読家期の最後の頃に「愛のアランフェス」がありました。聴いたこともない「アランフェス協奏曲」が槇村さんの漫画から感動的にせまってくるのです。
そして、あるときから JAZZギターの巨匠ジム・ホールのレコードで「愛のアランフェス」を聴く機会がやけに増え、
”あーやっぱり素敵ないい曲だ”と緑のきらきら
そして、当時は考えられなかったことですが、一昨年だったか ジム・ホールが岡山市民文化ホールにやってきました。
絶対聴きたいと思い、コンサートにいきましたが。ジム・ホールはちょっと枯れ過ぎていました 落ち葉

槇村さとるさんは 私より年上です。
現役20代から30代のOLの生態がよく分かるものだと感心します。
年齢差のある世代を描き続けることができるのがすごいです。。えへ2
スポンサーサイト



モモタロさん モモタロさん | Home | 初詣

Comment

最近まで 女性ってこと知りませんでした^^;

久しぶりにマンガ読んでみようかな。。

2008.06.06 (Fri) | ななこ #JalddpaA | URL | Edit

吉備人紅一点<ななこ 様

そんなこともありますよねーv-290私は 作家の 高村 薫さん。失礼なんですけど、写真を見てもずっと男性だと思ってました。
 
疲れない漫画 が いいなぁ。。。

2008.06.06 (Fri) | 吉備人紅一点 #- | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top