fc2ブログ

菜の花、ブロッコリーは駄目よ

世界一の朝食だぜ
先日 レストランで「苦手なもの、食べられないものがございますか?」と尋ねられたので
「ブロッコリー」と答えた。
しまった、この季節なら菜の花も出てくる可能性あり—

アレルギーは突然発症する。
20数年前のお彼岸、義母がお墓参りついでに我が家に寄るというので、張り切ってちらし寿司を作った。
彩りには菜の花を添えよう。茹で具合をみようと 数本食べた。
それからしばらく経って、体中の力が抜け、頭が痛いような、下すのでも戻すのでもないけれどお腹の中全体が渋るというか苦るというか どうにもならない感覚に襲われた。とにかく立っていられない。
でも、そのときは 菜の花が 原因だとは思わなかった。
同じ菜の花の季節、
今度は、胡麻和えを食べた。程度の差はあるが、同じような状態になった。

ブロッコリーでも同じことがおきた。
→私は 花の付いた少しツンと鼻に来る野菜が駄目になっちゃた という結論に達した。

息子の場合は 小学校1年生の春の遠足の日、
キウイフルーツ。幼児の頃には普通に食べていた。栄養価が高く、色が綺麗なので幼稚園のお弁当にもよく利用していた。
6年生のお兄さんに手を引かれて百間川に。楽しみなお昼時。いつものようにキウイフルーツを食べたらしい。
そして、その後、先生のお話では「寒い寒い」「喉が とか」何とか言い出して、ダウン。 早退してきたように思う。パインでも少しそうなると本人は言っている。

もちろん、それ以来、息子はキウイを食べない。私は花の付いた野菜は一切口にしない。
もういいかな と思うこともあるけど、
今日は ピザパンに乗っていたブロッコリーを舌までもいかない唇の段階で微妙に拒絶していた。
スポンサーサイト



南京錠とビーナスブリッジ | Home | エスカレーターにて

Comment

Post comment

Secret

Page top