FC2ブログ

流行おくれ

IMG_1771_2018082419030030a.jpg
トマトとシャインマスカットのピクルス。
9月も半ば、もう畑のトマトも終わり。このトマトを育てた母はトマトが大嫌い。最近は、あらゆる料理にトマトを使い、雑誌やテレビにトマト料理のレシピが数多く紹介されるので「何でもトマトじゃ」と機嫌が悪い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この間の日曜日。大佐に帰ったが、大雨のせいで高速道路が通行止めとなり帰着時間が遅くなった。そのうえ、急なお客さんがあり、母の手が空いたのは夕方近くになった。

母:「もう駄目じゃわぁ。今日は買い物に連れていってもらおうと思っとたのに。服が買いたい」

その理由は ―
母は、8年ほど前からショートステイを利用しながら小規模多機能型施設にお世話になっている。

「あのな、わたしは長いこと、あそこに行きょおるじゃろ。夏には白いものを着るもんじゃと思よーた。でもなぁ、この頃入ってきた人は違うんで。夏でも白いものは着とらん。黒いようなのをみんな着とる。
わたしは、8年前に買ったものをずーっと着とって流行おくれじゃ」

「……そうなん?N子さんやS恵さん(姉たち)やわたしも買ってあげとるし、買い物にも行ったが」
母:「いいや、買っとらん。わたしもみんなに負けとうないが」

いやー、そうかなー、とは思うが母の記憶はけっこうしっかりしているので、夏物のふだんに着るようなものを持ってはいるが、ここ数年買ってないのかもしれない。私たちも夏に帰るときはお盆を迎える準備で草刈りやら大掃除やらに追われ、買い物に行けてなかったのかもしれない。

しかし母の口から「わたしは流行おくれ」という言葉が出るとは思わなかった。
施設に来られるメンバーの顔ぶれも変わり、ゆるいながらも新しい風を敏感に感じたらしく、世間に取り残される感が漂っていたのである。
いやー、訴えに近かったなぁ。。。。。。と。
スポンサーサイト

得体のしれない | Home | JAあしん広場「焼肉レストラン千屋牛」でダムカレー

Comment

Post comment

Secret

Page top