FC2ブログ

海渡とわたしたち

犬事ばかりで恐縮なのですが……
先日、8月24日の海渡です。★オレ若く見える?アン、歯のウラ黒いって?ばれたか残念
IMG_1782.jpg
海渡は2009年3月生まれなのであとひと月ほどで9歳6か月になります。

ひと月ほどで というの期間がこの年齢の犬にとっては実に微妙。
生後6週くらいでウチにやってきて、仔犬のベリィかわいい時期があっという間に過ぎて、2か月でガキンチョへ、そしてまたまたあっという間にその風体が成犬に変わっていったように、
9歳になったねおめでとう!と言ってから半年間でずいぶんゆっくりした感じになってきた。……老いてきたな、と。

病気もしないし、健康そのものなんですけどね、

遊んでいて、
もう疲れたころかな と見計らって、「フセ、フセ、ゴロ~ン」というとひざのうえにどっかりと身を預ける。
ボールを投げを数回繰り返すとボールを抱えこんで持ってこなくなる。もう投げないで と目で訴える。
散歩の途中で、急に座って目を見つめ「いいよ」と言うとぺたんと膝を折って座る。回復するまで動こうとしない。
というようなことが増えてきた。
IMG_2144_20180830201148a13.jpg 5年前、百間川でこの頃の散歩はいつもディスクといっしょ
何を言ってるのおかあさん。年とったのはオレだけじゃないよー

犬を飼うと決めたときから犬が死ぬってことを考えてる と誰かが言ってた。
死んだら悲しいなー と海渡をみて思う。冷たく硬くなった海渡が棺に納められ、花やオモチャや私たちとの写真が入れられている姿や、棚に飾られた写真まで想像して泣く。死んでもいないのに涙がこぼれる。死んでしまったら、きっとずーっと泣き続ける。

哲学者の池田晶子さんは、1960年生まれ。お酒と犬をこよなく愛する人で、亡くなってから犬について書いたものをまとめた『犬の力を知っていますか?』を読んだ。

「あとから来たのに先にゆく。これが、彼らと我々との今生の定めである」
池田晶子さんは、ずっと名犬ラッシーにあこがれていて、30歳くらいからコリー犬を飼い「ダンディー」と名付けた。15歳までダンディーは生きた。
「もし一頭十五年で計算すれば、次の犬が往生するとき、私は六十になる。三頭目は考えられない。六十を過ぎて大型犬の散歩は無理である。それなら飼うのは今しかないじゃないか」
と、自分の年齢と犬の寿命を考えて二代目のラッシー・ダンディーⅡを飼った。

でも、晶子さんのほうが先に亡くなってしまった。これはとてもとてもやるせないことだ。

哲学的に死をどう語られていたのかはしらないけれど、
哀しくて仕方ない。

池田晶子さん 1960年8月21日~2007年2月23日
ダンディーⅠ 1988年2月5日~2002年10月8日
ダンディーⅡ 2003年12月27日~2015年3月20日 の間を生きて死んだ。
 
スポンサーサイト

オイルエステヌルヌルグリグリ | Home | のりうまいか海渡

Comment

Post comment

Secret

Page top