FC2ブログ

11月の庭

IMG_0545.jpg
11月21日、姫新線から見る大佐山。
11月19日はとても寒く、午後大佐に着いた時にはみぞれまじり。大佐山は冠雪。

IMG_0542.jpg
寒くても室内でごろごろしているのでは役立たないので庭に出た。
残菊。晩秋の季語だそうです。庭の色もだんだんと茶色くなってきた。
IMG_0538.jpgサルトリイバラ
昔はよく人が通った山の小道に、びっしりと生えている。名前は猿からきてのサルトリイバラだと思うけど、犬の海渡だってひっかかって痛い目をみた経験から、その小道には絶対入ろうとしない。今は手入れしていない山の悲しい姿だ。
この葉っぱは緑が美しくつるつるしているので、柏餅をつくるとき柏の葉の代わりに使う。
もっとも、辺りでは「かしわもち」と言わずに、山に生える雑木の「柴」の「しばもち」と言っていたから代わりというわけでもないか。
柴もちをつくるのは母のお得意だったので、家の庭にサルトリイバラを植えてあるというわけだ。

IMG_0537.jpg南天
鳥が運ぶせいか、庭のあちこちに生え成長している。
IMG_0543.jpg剃刀木
ニシキギ(錦木)というのが正しい名のよう。実がかわいい。

庭の低木も背の高い木も、この家の誰かが植えたもの。どんな思いがあってそこに植えたのか。
父がいう「剃刀木いう、紅葉がきれいな木があるんじゃと」
その昔の先代がいう「家を建てたら 南天を植えにゃあなぁ」
母がいう「柴もちゅうよう作るけぇ、グイ(サルトリイバラのこと)を庭に植えようや」
スポンサーサイト

なぎさ町 | Home | バッカスチョコよろしく

Comment

Post comment

Secret

Page top