スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに、やっと


「かあちゃん、遊ぼうぜ!」
「いいよ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
骨折の話 これに支配されている私の生活

5月23日 受診 骨折から5週間経過

レントゲンを見せてもらうともんやりと変化している。
隙間に白いもやもやが。
これが骨がつくということなのか??

週末にどうしてもギプス姿は避けたいイベントがあり、
先生も、「それはそれは」と、この日を設定して治療計画をたててくださいました。

そして、5月23日、ついにシーネをはずすことを許可されました!

ただし、左手を着くのと重いものをもつのは今後1カ月は厳禁。新幹線に乗る日にはシーネを着けた方がいいかもしれませんね
の温かい言葉付き、そして、ここぞというときのためのお守りの強めの痛みどめも出してくれました。ありがたいです。

そのあと8階のリハビリへ。
固定していたので神経がその角度を覚えてしまっているそうです。
あれ、確かにひじがシーネの型のまま曲がっていて動かない。顔が洗えない角度のままなのを、ひたすら曲げ伸ばしをしてもどしていく。できない動作ではないけれど、、、痛い。

自主トレに励んで次は1週間ごとのリハビリでOK。

最初に行った町のお医者さん、K大病院のお医者さん、リハビリ担当者どの方からも「同居のかたはおられますか」と尋ねられました。
そうなんです。一人ではできないことがあまりに多い。

昨日の朝は開けられたジャム瓶が開かない、
ペットボトルの水さえ飲めない、
洗濯物が干せない、小さなことも大きなことも助けてもらわないと難しい。左手のありがたみ にもまして、同居人よありがとうございますです。

細身のTシャツを着ました。
髪を束ねました。
ネックレスをしました。

犬の海渡と久しぶりに遊びました。
スポンサーサイト

リハビリだってするのだ。 | Home | こわい、こわい

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。