FC2ブログ

春なのに

IMG_9218.jpg
草原を駆けるイヌ海渡。ここは大佐山「風の聖域」
IMG_9109.jpg
ごめんな、一緒に元気に遊べない。今、左腕が不自由。

「ゆっくりじゃなくスピードを上げてあがる」それがコツだと自分に言い聞かせた。
自転車で車道から歩道に上がろうとしてしていた。5センチほどの段差がある。

スピードをあげ・・・歩道を走っているはずが転んでいた。
血は流れていない。服も破れてはいない。左手でしっかりと支えたようだ。

何事もなかったように立ちあがったけれど、明らかにいつもとは違う痛みがある。
自転車を引き、とりあえず天満屋前の駐輪場に置いて一階入り口の椅子に座った。
ダイコクドラッグに寄って、湿布薬買おうくらいしか考えられず、ぼーっと腰かけていると、
となりに座ったおばあちゃんが 「これ食べて、おいしいんよ。ちょうど二つあったわ」と飴ちゃんをくれた。92歳の方だった。
やっと微笑むことができた。

痛みはどんどん強くなり、翌日はさすがに病院に行った。
レントゲンを撮り、「骨は折れてはいないようだ。たぶん大丈夫だと思うけれど、ひじのところの小さな骨は、見逃しがちになるので、痛みがさらに増すようなら明日またきてください。骨折となればギブスですが、今診たところでは腱が傷ついている状態だと思います」
ということで、湿布薬を貼り、伸縮包帯で固定するという治療を続けている。

それから一週間、腕は上がるようになった。洗い物をする、ペットボトルのふたを開けるなどのひねる動作が難しい、きゅうりを切るときなぜか左手でうまく抑えられない、タオルを絞るのはぜったい無理、ふいの動きにはびりびりと電流が走る。痛みのないところをさぐりながらの動きは時間がかかりいらいらして頭まで痛い。
早くよくならないかなぁ。。。このところそればかり思っている。そもそもなんで転ぶ危険がいっぱいなのに段差を乗り越えられると判断したのだろうあのときの私。

もうすぐGWの入り口。早くよくならないかなぁ。。。
スポンサーサイト

やっぱり | Home | 桜も終わる

Comment

Post comment

Secret

Page top