スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お守りを買う

世界文化遺産比叡山延暦寺根本中堂に朝のお勤めを体験しました。
ここには1200年絶やされることなく守られてい「不滅の法灯」がともり続けています。「信長の焼討」というのがありましたが、その前に分灯されていたものが今も僧侶が毎日油を足すなどしてともり続けているそうです。油を足すということを怠ると「油を断つ」すなわち「油断」ということなのだとお勤めのあとのお話で教わりました。

朝6:40 夜がまだ明けきっていない感じです。
IMG_3143.jpg

境内には先々週に全国的に降った雪が残っています。この門をくぐると石畳と回廊があり、本堂へと続きます。
延暦寺は60年ぶりの大改修が始まっていました。回廊から天井、屋根などを修繕するそうです。本堂には天井まで足場が組まれていましたがそれは調査するためのものなのだそうです。
このあとなんと10年もの年月と50億円をかけて大改修。
見上げればすばらしい絵、重厚な柱、扉・・・1571年、信長の焼き討ちで消失、1642年徳川家光の時代に再興以降定期的なメンテナンスにより守られてきました。
宮大工の技術がすたれないサイクルで修繕を繰り返すことも大切なのだそうです。その時代時代の工具や技術力で建物を維持してきたのだと考えるとすごいです。
そして、この地を信長や明智光秀が踏んだと思うとミーハー的にすごい!

冬の比叡山延暦寺はとてもとても寒かった。お勤めとお話しの間特別にホットカーペットの上に座り、ブランケットをかけていても背中が寒さで重くなっていきました。厳冬の本堂に響く読経はたいへんありがたかったのでお守りを買いました。
夫と買ったお守りは「商売繁盛」。欲深い気もするのですが・・・生まれて初めてこの言葉の入ったお守りを持ちました。
IMG_6370.jpg
スポンサーサイト

2月の終わり | Home | 新幹線の中で

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。