FC2ブログ

笹とスギナ

つくしんぼ
つくしはスギナの子?その関係がいまだによくわかっていない私。(2010.4月撮)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この間の日曜日、母と一緒に裏の畑に行きました。
前回アップの写真のように、機械で耕す前の準備をするのを手伝おうと思いました。畑は山を拓かれてつくられています。岸から笹が畑へと根を伸ばして芽を出していました。

母:「こりゃあ掘らんとおえん。スコップ持ってきて」
「このあと機械でひくんだから、そんな無駄なことせんでもええが」
と、私は答え、母の指示を無視しようとしましたが、かわいそうなのでスコップを持って行ってあげました。
母はまもなく85歳。普通ならここで笹を掘ってあげるところですが、私はやはり「無駄」だと思っていたのでスコップを母に渡し、他にもいろいろうるさいと感じて「中のことするわ」と言って母を残して家に戻りました。

夕方、
「あそこの畑はもう作らんのじゃと」 「ふーん、いい畑なのになぁ」
「あんなにスギナが生えてしもうたらもう難しいわなぁ」 
「・・・??」
「機械でばっかりひくからなぁ」
「機械だったらなんでダメなん??」
「スギナはランナー(地下茎)じゃから、機械でかき回して根をぶつぶつ切ってしもうたら、切れ端からまた根や芽が出て、なんぼうでも増えるが」
「!!」

そうだったんですね。
まるで小学生の会話ですが、私は55年生きてきて初めて知りました。畑のスギナに機械びきは禁物!

そして、午前中の笹にも同じことがいえるわけなのです。ランナーを持つ雑草にトラクターだの耕耘機など使ってはダメなのです。
できるだけ深く抜き取ることは決して「無駄」な行為ではありませんでした。
おかあさん ごめんなさい。たいへん反省いたしました。
スポンサーサイト



一人なら竹輪でビール! | Home | 田んぼや畑

Comment

Post comment

Secret

Page top