FC2ブログ

タルマーリー

日曜日、大佐に帰り、母と一緒に久世に買い物に行きました。
用事が早く済んだので「おまんじゅうでも買おう」と勝山の町に寄りました。昔、アーケードがあったところから町並み保存地区に入り、車を降りて少し歩くことにしました。

残念ながらほとんどのお店が休みで、暖簾もひな祭りのときのようには出ていません。
でも久しぶりに歩く勝山のまちです。母は勝山出身、ここはあーでこーで1軒1軒確かめるように歩きます。
「初めて勝山にパン屋ができたんじゃってな」と母が言うので、入ってみました。今、ku:nelなど雑誌などにもいっぱいとりあげられているタルマーリー。お店の中は人でいっぱいでした。
待っている間「ここは何ていう家だったかなぁ・・・」と母はしきりに思い出そうとしていました。母は勝山出身です。

喫茶は満席だったのですが、あきらめて帰ろうとしたところで運よく席が空きました。
IMG_4461.jpg
店の奥に入ると母の顔が輝きました。
「あんた ここ粉ひきしてもらっとった ○○さんとこじゃが。●ちゃん(私の友だち)のおばさんの嫁ぎ先で。」「川が家の中を流れとるんよ」
IMG_3713.jpg
タルマーリーさんは品質がよくて有名だった元粉屋さんのあとに入られたのです。上の写真の左側、通りからいうと裏になる窓の下には確かに川が流れています。懐かしそうに語る母の話を千葉から来られたという若いスタッフの方がやさしく聞いてくださいました。

梁や土間は昔のままに生かされています。ほっこりと暖かい空間でコーヒーをいただきました。
IMG_0392_20140202235351729.jpg
グラスの水は塩釜の原泉から汲んできたものだそうです。水汲み場は雪が腰までもあり大変だったとか。新庄村ののとろの湧水かどちらかを汲みに行って出してくださるそうです。

ありがたくてお水も残さずいただきました。母もとても嬉しそうでした。

レーズンパンとイチジクのパンとピタパンを買って帰りました。とってもおいしいパンです。
そして、もし勝山のタルマーリーに行くことがあれば、ぜひカフェにも入ってみてください。コーヒーもとってもとってもおいしいです。

タルマーリー(http://talmary.com/)勝山町並み保存地区の中。向かいは のれんで有名な加納容子さんの「ひのき草木染織工房」です。
スポンサーサイト



「大吉」だ | Home | ふくやま美術館 「佐野洋子絵本の軌跡」展

Comment

Post comment

Secret

Page top