FC2ブログ

お餅がおいしい

おもちはおいしいです。

こどもの頃、友だちからの年賀状には「おもちをたべすぎないように」って書いてあるのが毎年必ず数枚ありました。
大人になって、さすがにそう書いてくる人は居ませんが、私はお雑煮だって、きな粉餅だって2枚で我慢している感じ。
本当はあと3枚くらい食べられるような気がします。
IMG_1126.jpg
もっと何年かぶりに、いや何十年ぶりでしょうか。年末、我が家のお餅つきに参加しました。
姉夫婦の指導のもと、お米を蒸すのは何分で、もちつき機に入れて何分くらいで様子をみて・・・・・何週間か経ってもうすっかり忘れてしまいましたが・・・・・・。そうそう2日前くらいからもち米を洗って、水に浸しておくことも必要です。

蒸気のたつ暖かい部屋で丸めた餅を、寒くて空気のピンとした「奥の間」に並べると、気持ちもしゃんとして正月を迎えるんだという気持ちになるから不思議です。

父は餅が大好きだったので、年末から毎朝雑煮を食べ、寒に入るともう一度餅をついて食べるのを楽しみにしていました。
一年中で一番寒い「大寒」頃につく「寒の餅」はさらにさらに格別おいしいのだそうです。「焼いた餅に塩をふって、熱湯を注いで食べる」というのがおすすめでした。

「もちに飽きたからパンにする」なんて言える私にはそのおいしさの「極み」のようなものはよくわかりませんが。
スポンサーサイト



スノーマン! | Home | お日さまの力

Comment

Post comment

Secret

Page top