fc2ブログ

本日の「Books Bar」は終了しました。

今日は「Books Bar」
PM4:00 ほぼ最後のお客様です。

今回は、吉備人出版の本約450点と県内出版社さんの本を数点並べました。
右上段手前から下段窓側→下段通路側→左側 と、1995年発刊『アトピーに負けない生活術』~最新刊の『「生きづらさ」を超えて』まで、ほぼ発刊順に並べています。
奥の机の上は「岡山人じゃが」や「吉備考古ライブラリィ」などのシリーズ物です。カウンター左側に「県産本」。
朝9:30から搬入。順番に箱詰めしていたものの部屋の広さと本の分量のバランスがはかれず、開店時間の11:00ぎりぎりまで陳列に時間がかかってしまい「間に合わないんじゃないか」の冷や汗もの。とにかく開店。
『まぁ映画な、岡山じゃ県!』の蜻(あきつ)文庫さんが終日手伝ってくださいました。

向かいの石山公園では「秋のももたろう祭り」食のテントからよいニオイが漂ってきます。近くの岡山城では「宇喜多フェス」。吉備人Kさんは、岡山城で吉備人の『戦国宇喜多四代』や『絵図で歩く岡山城下町』販売。
どちらもすごい賑わいです。

「Books Bar」にもお客様が たくさん来てくださいました。

前回の開催は 2011年10月2日、9日 そして夜の部開催の11月24日。
2PA090353_20131014015302c68.jpg ★こんな風に外では本を持ち寄って「古本市」をやりました。吉備人の本はあまり置かず、店内でも音楽系の本や「本」にまつわる本を並べて販売しました。
そして、11月の開催はワタクシ参加しておりません。
開催約1週間前に腰骨骨折で入院してしまったからです。転倒時、バックの中には11月24日開催案内のフライヤーデータの入ったUSBが。張り切ってましたのにね。
ゲストに青山 融さんをお迎えしてのトークタイムもあり大盛況だったそうです。

★私、実は、吉備人出版のホームページのトップページに「「Books Bar」次回開催は未定」とずっと載せていたのが気がかりで、2年ぶりとなりましたが今回開催できてホッとしています。
不謹慎な発言かもしれませんが、準備段階から何よりも自分が楽しめたのが一番かと。

おかげさまで「また、何かやろう」という元気が湧いてきました。

吉備人の本ばぁーにかかわらずご来店くださった皆様、本をお買い上げくださった皆様、イベントを宣伝してくださった皆様に感謝です。ありがとうございました。
スポンサーサイト



はなちゃんのおかげ | Home | 暑い毎日

Comment

Post comment

Secret

Page top