fc2ブログ

1月31日

中銀本店のある内山下交差点。2020.1.31.pm8:22
暗いなぁ。でも今日は人影がある。中銀(中国銀行)から人も出てくる。思うに月末だから。
20200131.jpg

今日の夜、夫は会合(楽しいやつ)。
犬の散歩も済ませてくれたので、わたしは仕事場に残った。
気になっていることを集中して片づけられるのも実は嬉しい。

10時11時までやっていた数年前が嘘のように、今は体力が持たないと感じる。
週末の夜、ちょっと一杯とか、ごはん行こう とか誘う相手も誘われる相手もおらず、8時26分発のバスに乗る。

夕飯に食べるものを決めていなかった。
バス停の真ん前にコンビニがある。バスから降りた者は不思議なくらい、ほとんどがそのコンビニに吸い込まれていく。
今日は、わたしもその一人。

食べたいものが見当たらない。空腹なんだけど……
結局、炭酸水と朝用のヨーグルトとカップ麵とキャベツの千切りを買った。

マンションのエレベーターの中で考えた。一人暮らしのとき何食べてたんだろう?
子どもたちにも自炊したら なんて言ってたけど 無理だな。めんどくさっ

きのうの餃子スープが残っていた。
そしてキャベツの千切りに塩とオリーブオイルをかけて食べた。

この間なにかの番組で見た大学の先生、この”洗わないで食べられます”って書いてある千切りキャベツの袋をばーっと開けて、その袋の中にマヨネーズを投入して食べてた。
そのとき、あっぱれ だと思った。

わたしもそこまですればよかった。キャベツを洗ってしまった。皿に出してしまった。

そんな1月最後の日、金曜日の夜でした。
スポンサーサイト



健診

昨日、おとといとどんよりした日
久しぶりに朝日を見た。数年間、花づくりに燃えていた。いや、今でもその気満々…
でも何かうまくいかず、ベランダの花物はこのハンギングを含めて3点のみ。ちょっと寂しいかな。
花を見ると元気になる。

10日ほど前、1年一度の健診を受けた。
11月の予定を変更したら、岡山市補助負担の子宮がん検診が自費となってしまった。
市の健診の補助が受けられるのは12月までだそうだ。うかつであった。

ここ2年、あやしい所見があったときにほとんどの精密検査がうけられる最寄りの総合病院で健診を受けている。

それまでの数年は、隣の建物に有名なタ●タ食堂があり、健診後にはそこで昼食をいただけるというサービスがある病院で受けていた。皆に食事をうらやましがられていた。
しかし、乳がん検診で要精密検査という怖い結果が出て(検査結果はがんではありませんでした)今受信している病院を受診。ならば最初から、というので今のところに替えた。

そのもっとまえはというと、看護師さんはベテランでやさしく気配りをしてくれるが、少し交通の不便なところだった。そこでは、健診後に使える数百円の商品券がもらえて、食堂で使うもよし、売店で使うもよしで売店では別に昼ご飯を買うことに限らず商品券として使えた。
商品券を配布される前は 受付時に牛乳とパンが健診受診者全員に配られていた。

そのさらに前はというと…ころころ健診病院を替えているみたいでかっこ悪いが、
商品券をもらっていた病院の系列の診療所に行っていた。20年くらいも前のこと、そこが駅西口の再開発計画で閉鎖したので、やむなく替わったのだけど、そこにはボランティアさんがいて、健診後、ラウンジに行くと温かい飲み物とゆで卵、バナナ、牛乳、そしてパンをトーストしてくれた。

今受けているところは、そんなサービスは一切ない。しいて言えば、病院が新しく、検査機器が新しそうなのがごちそうだ。

しかし、今年 自宅から近い倉敷市内の病院で受けたスタッフの一人は、お昼に食堂でごちそうが食べられた と言っていた。
少しうらやましかった。

そもそも、
健診でご飯を期待してはいけない。
しかし、病院によってなぜそのような差が生まれるのだろう。健診料金に食事代が上乗せされているとも思えないのだが……

ごはんのことより結果?結果はまだ届いていません。こんなこと考えられるくらいだから絶対大丈夫だと思います。

暖かい


お正月以来の大佐
今年は雪がまったくない。お正月も今日も暖かい。
こんな日は庭仕事が気持ちいい。庭木の株元を剪定してやる。福寿草が芽を出していた。

そういえば、お正月にしいたけが出ていた。はず……だが、全部根元からなくなっていた。
サルがとって行ったのだ。
裏に回ると木瓜の実が何個か落ちていた。齧ったあとがある。
あまりにも美味しくないので腹を立ててこちらは放り捨てたようだ。

去年は”?”と首をかしげるところに大根のしっぽが転がっていた。

いただいた大根を夫に土の中に埋けてもらっていたので「何本だった?」と尋ねたら「たしか5本」と返ってきた。
土の中には3本。被せていた肥料袋の下になっていたものだけ無事だったようだ。
まったく、どうにもならない。
でも最近は母も畑をつくらなくなったので、猿との闘いはなくなっただけマシだ。

IMG_4247.jpg
ベランダから。星がひとつ見えた。

2020年

IMG_4199.jpg
かもめがとぶ青い海は牛窓の海。2020年1月4日
IMG_4176.jpg
万両。お金持ちになれそうな木だ。英名はコーラルベリーというのだそうだ。
IMG_4195.jpg
小さなおせち(お正月のチロ鯉(岡山市中山下)のコースの一品)
IMG_4154.jpg
毛布をまとう犬

2020年。

思えば1999年から2000年へとうつるとき 紅白が終わり、荘厳な除夜の鐘をききつつ家族全員が息をひそめた。大規模停電が起きるのではないか、ミサイルが誤発射されるのではないか、いやもっと怖い何かが…
午前0:00、瞬間目をつむり、耳を塞いだ。怯えた夜からはや20年。

そして、今日はあの阪神淡路大震災から25年。
何に怯えることもなかった前夜だった。……
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年て、まるで19歳から二十歳になったときみたい。
迎えちゃったな とうとうなっちゃったな と2000年がうんと遠ざかったみたいで抵抗を感じるなぁ。
でもいくつになっても前に前に進まなきゃね。
Page top