fc2ブログ

飲む点滴

IMG_3699.jpg
「独歩館」ですごいと評判の「酒星之燿 和風パフェ」ブルガリア風アレンジというのが食べたくて、
提供開始時間 1時間後の15:00に入店する。
店の入口でどれだろ とメニューを見ていたら 案内の人から「売り切れました」と告げられた。
限定30食なんだそうだ。ぜひご予約くださいとのことだ。
くやしいけれどあきらめなくちゃ。

お彼岸の三連休の終わりのこの日、やけに疲れていて甘くて冷たいものが食べたーーい

「独歩館」は宮下酒造さんが経営する、ビールとお酒、それに合う料理がおいしくいただける店。なんせドラフトビールが10種類もあり、お酒は20種類以上、ウィスキーやジンも製造しており、この店だけで呑める。
なぜここでパフェ?パフェの存在はどこからか聞こえてきたのだけど、まぁ何か理由があったのだろう。
でもパフェは売り切れだ。

パフェのほかになにかおすすめの甘いものは?と案内の人に尋ねた。
それで すすめていただいたのが写真のこれ。「タピオカ甘酒」(仮称)
(メニューの名前は全く覚えられず、サイトを見てもスイーツはパフェがでているだけなので)
右は甘酒で、桝の中にあるのが、どろりとしたたっぷり米麹甘酒の上にタピオカで、これを甘酒の中に入れて飲む。 甘い、冷たい、おいしい。酒蔵ですもん、まがい物ではない甘酒。

甘酒といえば「飲む点滴」栄養価ばっちり!夏バテに効くから夏の季語なのだという説もある。

これは……これこそが(ブルガリアアレンジパフェではなくて)
やけに疲れていて甘くて冷たいものが食べたーーい”の私にぴったりのものだったのではない?
こういうの、ケガの功名?っていうのかな?
スポンサーサイト



お彼岸


お彼岸は雨。シュウメイギク。
お墓を祀る。道べりに群生する彼岸花が見当たらなくて、なんだか気持ち悪い秋の彼岸。
気候がおかしいと言われて数年、彼岸花にまで影響がでちゃったのかなぁ。
岡山道で感じる総社辺りの独特の秋の日差しがいつもの年とは違った……
IMG_3664.jpg
弱い雨の中、翅を休めるトンボを見つけ、ほっとする。
お盆過ぎたら 群れて飛ぶのを見かけていたのはいつのことだろう。雨のせいだけではないような……
IMG_3687_20190924182015f24.jpg
稲刈りを終えた田んぼ、ピオーネのハウス、収穫を待つ大豆や小豆。
農業の営みは変わらず周りにあるけれど。

家のお米づくりをやめたのはほんの数年前、畑を耕すのをやめたのはおととしの冬。自分が遠ざかっている。
そして、季節の感覚がなくなっているのが怖い。
肌に教えてくれていた風やにおい、とんぼや蝶、こおろぎ、野菊、吾亦紅、すすき、…みんな変わらずそこにあってほしい。

倉敷ウイスキーフォーラム:倉敷アイビースクエア

IMG_3535.jpg
やっと秋の空 と思ったのに今現在はどんより。
この後は雨予報で、連休も雨。台風が近づいている。

今日は、「彼岸の入り」。9月も20日がさーっと過ぎて行った。
過去を振り返るシリーズになっちゃった。9月のその1

9月1日 倉敷ウイスキーフォーラム 於:倉敷アイビースクエア
IMG_3396.jpg

IMG_3415.jpg IMG_3409.jpg
アイビーの5つのホールを使っての中四国初の大規模な催し。
蒸留所、メーカー、取り扱い店、リカーショップなど60以上の出展ブースと、フードやバーを合わせると約100ブース。
世界中のウイスキーが並んでいる。ボトルは何本ある?そして同じものはあまりないから何種類ある?
心弾む。ボトルの形、いろんなラベル、そしてパンフレットもおしゃれ。

会場での販売はなくて、出展者のそれぞれがもってきているボトルのほとんどを無料で試飲できる(一部有料あり)。
入場料(前売り券1枚3500円)を購入し、わたしは夫と参加した。
ホールの展示他、蒸留責任者やマスターブレンダーなど、業界で活躍するスペシャリストの有料セミナー、
有名バーテンダーのカクテルも飲める。楽しくてちょっぴり格調高い催しだ。

バーなど飲食店を経営している方も数多く参加されている様子。この方たちは目当てのウィスキーがあるようだ。
でも、わたしたちにはそれがないから、勧めてくださったらにこやかにいただく。
感想は「おいしいですね」としか言いようがない。銘柄にも年代があったり、ブレンドがなんとかで、まぁわかりません。

わたしは、お酒は好き。でも決して強くないことを自覚しているつもり。
必ず「ちょっとだけお願いします」と言って入れてもらう。試飲カップに3ミリ程度。5ミリかも。
(呑んでいるところは恥ずかしいのでお見せできません)
ウィスキーは40から強いものでは50以上の度数があるので、試飲グラスとはいえね……酔いを感じる。
ジンやリキュールも豊富でカクテルをつくってくれる。
入場の際にペットボトルの水を1本配られ、数ブースおきにウォータータンクが設置されているのをこまめに補給し、トイレにもこまめに通う。飲みすぎには注意注意。

開催は11:00~17:00 この間、何時間いてもいいし、リストバンドが目印で再入場もできる。
わたしたちはほぼ会場と同時に入り、なんやかやで3時間くらい居た。

飲む人は いったいどれくらい飲んだのでしょう。強い人って、はかり知れないほど飲めるもの。

9月の初め、素敵なイベントでございました。

プレミアム付商品券

IMG_3362.jpg
台風が通りすぎてお盆も去り、あっという間に新学期。9月なって
消費税 消費税 といろいろなところから通知がきたり告知されたり。

ひと月前、 母のところへ住民票のある市から「プレミアム付商品券購入引換券購入申請書」が届いた。
うちの母は年収約260万円未満の住民税非課税世帯の一員であるからだ。
この申請書を提出すると、引換券が送られてきて本人確認をされながら受け取ることができるそうだ。

購入資格など詳しいことは「内閣府プレミアム付商品券購入ホームページ」に出ている。https://www.02premium.go.jp/

そしてその内閣府の「プレミアム付商品券購入」のサイトやチラシには甘い言葉が並ぶ。
------------------------------------------------------------------

全国の市区町村が、対象となる方々(住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯)に対して、25%もお得に買い物ができる「プレミアム付商品券」を発行・販売します。

・購入いただいた「プレミアム付商品券」は、税率引上げ後の6か月の間、地域の幅広い店舗で日常的なお買い物にご利用いただけます。

※ただし、プレミアム付商品券の有効期間は2019年10月1日~2020年3月31日までの「半年間」です。
プレミアム付商品券を購入も、消費も、この期間内に行わなければなりません。
市区町村が指定する窓口で、現金(購入代金)と購入引換券・本人確認書類を示し商品券を購入してください。

--------------------------------------------------------------------(以上サイトから)

疑問をかんじるなぁ・・・
☆老人で外にもあまり出ないのに半年間で2万5千円をうまく使い切るか?しかも地域内で。もったいないからとっておこうとか、商品券のように譲渡もできない。

☆(逆にうちの子たちのような子育て世代で購入資格がある場合の、2万円に5千円ついてもそんなお金は1か月の消費税増税分にも能わない。25万の出費にかかる消費税が8%なら27万円、10%で27万5000円というところ。ひと月分)

☆プレミアム分は政府から出す=税金からの支出で、その通知やら手続きやらは各自治体ということらしいけど、すごい事務費用と人件費だと思う。

市からの文書やチラシに「11月30日までに申請しないともらえません」と大きく書いてあるから
母などは、ださんといけんのじゃな と素直に受け取る。
私の頭の中は疑問でいっぱい。
一時しのぎの騙し行為にしか思えないのはなぜ?おかあさん、待ってよく考えてみようよ。
と二人で書類を眺めた。「福袋?」
いやいや焦って無駄遣いしそうな予感。人にあげることもできず買い物にもいけず、ごみとなる最悪の予感。
「ほんとじゃ、馬鹿らしい」母は思いとどまった。

逆に、金持ちではない老人や働けなくて収入がない人が購入したい場合でも手間がかかりすぎ。手間がかかりすぎる=無駄な費用がかかる か プレミアムなんとか自体が利用されず無駄なものになる

本当に貧困家庭の立場にたっているのか?
例えば非課税世帯の夫婦に約3歳以下の子どもが2人いたら
「非課税者分」として4人分」 「子育て世帯分」として2人分」 2.5万円×6人=15万円分の商品券を、12万円で購入できます。3万円もお得!! 
なんて 内閣府のサイトに書いてある。非課税の家庭で一度に12万を捻出してたら、生活できないじゃないか。分割するほど暇でもない。

最初から消費税なんて上げなきゃいい としかいいようがない。
Page top