FC2ブログ

松葉がに

11月数回「やくも」に乗車。岡山駅がやけに混んでいるのは、山陰の「松葉がに」解禁のせい?
団体さんと外国人さんが多い。夫婦旅も。
IMG_2271.jpg
鳥取駅そばの料理旅館にて、わたくしも、どっさりおいしいおいしい松葉がにをいただきました。奥にあるでっかーい蟹だけでもうおなかいっぱい!いや、二人で一匹をたべきれないほどのでかいカニに感激。なんて贅沢なんだ!もちろんこれだけではありません。御造りや椀物やあれやこれや。
お義母さんの七回忌の法要のあと、連れていってもらいました。

……思い起こせばお葬式のときもここに泊めてもらった。あのときはうちの子どもたちも一緒だった。あれから丸6年。
その間に、2人の子どもは結婚し、孫も生まれた。
法要は お坊さんのとても良いお話が聴けた。それぞれの家族にいろいろな出来事があった6年。お義母さんに報告することはたくさんある。

ただ、カニを食べているときは、誰もが無口です。カニと向かい合い真剣にカニを食す。
スポンサーサイト

特急「やくも」から

2018年11月8日 伯備線車窓から新見市、180号線沿いの絹掛けの滝の紅葉を見た。

真昼間に、伯備線に乗るのは久しぶりのこと。
こんな風に見えるのね。井倉駅の手前から石蟹駅をすぎるくらいまで、岩と紅葉の色合いが絶妙。
あったなー この時期、写生大会。そして町内小中学校図画コンクール。

小学生の時は、秋の遠足で 帝釈峡に行ってその様子を描くのが定番というか、みんなで弁当食べてる元気な手足と大きな口の背景には帝釈峡にかかる橋とか紅葉とか が描いた。
中学校では、必ず写生大会があり、大佐山や、大井野の人は紅葉の名所「御洞の滝」をダイナミックに描いていた。

11月の初めは晩秋といっても、新見のほうでは初雪もちらつくころで、こんなに晴れて暖かいのは珍しい。
まさに、こんな小春日和。
特急「やくも」の中。出雲行き 眠ってしまったらさぁ大変!
もし、乗り過ごしてしまっても慌てて次の「生山」で降りてはなりません。あまり施設がないので、米子まで行って時間をつぶしましょう。
Page top