私は猿と会話した。

IMG_1470.jpg
ここは旭川に架かる蓬莱橋の上。。。後楽園幻想庭園が31日で終われば、この絵もはずされるのかなぁ。もう夏は終わり。
コオロギの鳴く声が聞こえますもの。

夏は犬にとっても大変な季節。暑いのに加えて、虫と雷。海渡は昨年あたりからアブやハエ・ハチなど羽音をブンブンならす虫に怯えはじめ、今年はもう異常といってもいいほどになってしまいました。どうにか逃れようと家中を走り回ったりするので、クレートに入れておくと、荒い息とともに垂らすよだれがクレートに何センチも溜まるのです。自分のよだれで全身ビチャビチャ。
そして、8月9日にはおびえて大佐の家から脱走する という大事に。
・・・・・・奇跡のように翌朝戻ってきましたが。

ところで、私は暗くなっても海渡を必死で探していたとき猿の声を聞きました。
真っ黒な山に向かって「かいと~かいと~」と呼ぶと、弱弱しく「ピー・・・」と。「かいと~」「ピーー」
最初は罠にでもかかって動けなくなった海渡が応えているのかと思い、夫を呼びました。二人で聞いた「かいと~」「ピーー」

「海渡じゃないよ」と夫は言いました。「猿?」確かに海渡ではない。あきらめて家に戻ることにしました。
しかし、その声の主は山沿いに私たちについてきていたのです。

やっぱりあきらめることができない私はもう一度裏の畑に探しに行くことにしました。畑は猿の声のした山とつながっています。夜10:00も過ぎると真っ暗で何にも見えませんが今度は夫もいっしょです。
「かいと~」と呼ぶとまた「ピー」、そしてその弱弱しい声に続いて「ギギギ」と別の声。その声は移動しもう畑のすぐ上にいるようです。
親子で会話しているみたいでした。
子ザル「かあさん、誰か呼んでるよ」
親ザル「だめだめ、あれは人間よ。今出ていってはだめ」 ---

猿と会話できるということはないと思うけど、
追い払う声ではなくて、”呼んでいる声”だと感じてついてきたのではないかと二人で話しました。

家に戻り、母にもこの話をするとふんふんと聞いていました。
しかし、後日、母は私の娘に「かあさんが海渡がおらんようになって、おかしゅうなってしもうてなぁ、猿の声まで聞こえた言うんで」
と言ったそうですが。。。
IMG_5700.jpg
これは8月1日、岡山花火大会。花火の音に怯えるイヌ
スポンサーサイト

レールも歪む暑さ

姫新線は今日もレール温度上昇で運転見合わせ中だって。昨日もあった。
かつてこんなことあったっけ???
IMG_5949.jpg
旭川・通称水道橋の上から。
IMG_7840.jpg

暑いおかげかトマトの味は濃厚!
IMG_0759.jpg
昨日の運休はニュースによると
7日午後3時20分ごろ、新見市大佐小阪部のJR姫新線刑部駅で、レールの温度センサーが基準値(57度)に達し、気温の上昇でレールが膨張してゆがみや変形が生じる恐れがあるとして、線路点検のため、新見―中国勝山間で一時運転を見合わせた。
連日とは恐ろしい。

先週末、母は頭が痛い と寝ていた。そのときは「いつものめまい止めの薬が切れたから」といっていた。
月曜日、病院に行って(定期的な通院)先生に症状を言うと「熱中症かなぁ・・・・・」。もともと母は頭痛もちなので明確な判断はできないけれど「その可能性が高いです」と。

「よう、水は飲みますがなぁ・・・」
自己管理と熱中症には充分気を付けているはずの母は診断に少し不満気味だ。

先生:「いやぁ、今年は異常なんです!」「エアコンもしっかり入れて、日中は絶対外に出ないでくださいね」
先生のおっしゃるとおり、例年の水分をしっかりとってというだけではもう効かないようだ。
夜中でも閉めきっていると暑い。眠ってる間も怖い。幸い大佐の家にも、昨年母の寝室だけにはエアコンを入れた。「エアコンは好かん」とか言ってる場合ではない!

今日は立秋。早く涼しくなってほしい。
Page top