4月の花

あれよあれよ という間に四月は29日になってしまいました。
今日は、19日に大佐に帰ったとき、雨のなかの花があまりに美しかったのでアップします。季節は岡山より半月以上遅い感じでした。

まず、神郷町親子水車のある場所で・・・八重桜
IMG_7581.jpg
あとは、大佐の庭で・・・紫菜花から
IMG_9954.jpg
もみじ
IMG_2757.jpg
すみれ
IMG_3087_20150420203731961.jpg
水仙は早咲きは3月初めから次々に咲きます。
IMG_0270.jpg
かいどう
IMG_6499.jpg
藤はまだこんなに蕾がかたかった。岡山は今、満開ですよね
IMG_6139.jpg
春はあっという間に過ぎていきます。
スポンサーサイト

教科書検定

後楽園の竹林の筍はすくすく伸びています。ここならイノシシも来ない。
IMG_3586.jpg
大佐の畑には毎年筍がでます。が、今年は早くもイノシシが食べまくっているという噂です。
昨日、今日から新学期。
新しいクラス、新しい教科書、新しい先生・・・もう私も私の子どももそんなことでは悩まなくてもよい年齢にはなったけど、昨日の新聞に掲載された文部科学省の来年使用する中学校教科書検定の発表記事を読み、どうなってしまうのだと暗い気分に陥った。
検定基準は政府見解がある事柄はそれに基づいて記すよう定めた。慰安婦や戦後補償や領土問題・・・
領土問題では「日本固有の領土」「竹島を韓国が不法に占拠している」とか、教科書会社も政府の見解そのままで、相手国の主張や根拠までは書かれていないそうだ。
なぜ争うのか、生徒にはわからない。中国、韓国、ロシアなど国際間の問題でどうしたら解決できるのか考える材料を与えない。
ちょっと、それはないんじゃないの と私は言いたい。両方、言い分あるから争ってるんじゃないの。社会科の教科書は時の政府の道具かい!?
書くのは出版社だけど、検定に合格しなければ採用されないから、当然のように定められたことに従って教科書会社は書いてしまうよ。。。暗い。。。
教科書を決めるのは自治体の教育委員会。だけどそこでも教師が使う副読本やプリントまで届け出よ とのお達しがまかりとおるのだから、やっぱり暗い。子どもたちをどこに導こうとしているのか想像すると恐い。

沁みるなぁ

「いい桜だったねぇ」・・・3月31日夕方 岡山城

はらはらと散りゆく桜、4月2日。はらはらってすごく的確な表現だと思う。
IMG_6228_20150403174220d88.jpg
そして、今日も雨。結構雨脚が強くって。
今年の桜は一気に満開になって、雨に散って短かったなぁ。うぐいすが上手になくようになって、木々が緑になって、季節は変わっていく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月3日
土曜日朝NHK、その道をきわめた人が視聴者の悩みにこたえるという番組で、
母親がやる気のない大学受験生の娘をどうにかやる気にさせてほしい という悩みに、きわめた人として『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應義塾大学に現役合格した話』の著者が登場していた。
独自の視点でどこに問題があるかを見つけて、アドバイスしていき、みるみる女のこの表情が変わっていくのが面白かった。
そのなかで「学年ビリの」の著者が、母親に「心の中でいつも抱きしめながら」話すこと と言っていたのがとても心に残った。心の中で、「ぎゅっと」か・・・

自らを反省。思えば、話しているのに、なぜか「おかあさんは私を無視する」ってよく娘は怒っていました。成人した今でもときどきそんなことを言われることがある。
確かにそんなときにはことばと裏腹に、娘を拒絶し、抱きしめるどころか突き放していた。私の心はみえてしまってたのね。、。。。。。「ぎゅっと」か・・・沁みるなぁ。

NHKニュースウオッチ9

雨の桜はしっとりと美しい。満開といってもいいくらい。

今日やっと始まった桜カーニバル。テントにお店が入りました。午後8:30頃。
IMG_9087.jpg
後楽園の駐車場は9:00までです。とか、間もなく照明が消えます。とかアナウンスされている。お昼の雨のせいか人出はまばら・・・・・・お店の人も冷え切った食材を前に腰かけている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ニュースウオッチ9」、
「原発を停止したための電気料金値上げ」と女性のアナウンサーがさらりと原稿を読む。これを素直に受けとめると「電気料金を値上げをしないためには原発再稼働すればいい」ということになる。

4月2日、今日の翌朝小学校「朝の会」。先生が「昨日のNHKのニュースを見た人?」と尋ねるとする。
(私が小学生のとき、よく担任の先生がこんな質問をしていた。もちろんテレビや新聞のニュースで世の中の動きに興味を持ってほしいという願いからだ)
「ハイ」 と小学生の私は手を挙げる、
先生「どんなことを伝えていましたか?」
素直で優等生の私は答える
「電気料金値上げのことをいっていました。原発を停止したために値上げするんだそうです。値上げは困るので私は原発を再稼働(小学生にはむずかしいことばだけど)すればいいんだと思いました」と思ったことまで付け加える。(優等生なので)

電気料金の値上げの理由なんてひとつではないはずだ。なのに「原発を停止したための」と枕詞のようにくっつける。停止しなければならない大きな問題をなかったことにして、個人の目の前にある生活にすり替える。
そういえばこんなのほかにもある。「社会保障のための」消費税引き上げ」とか・・・・。
Page top