守屋益男さん『登山詳細図をつくる』


本日、8月31日・日曜日。丸善シンフォニービル店で「登山詳細図」作成・解説・監修をされている守屋益男さんのトークライブがありました。
登山詳細図
守屋さんはこのように7年間で16種類(改訂版含む)もの『登山詳細図』を発行されています。
短い時間でしたが、その発行に至るまでと踏査の仕方などを聴くことができました。
まず踏査ですが、
手に剪定ばさみや鎌、などを持ち伸びた枝、道をふさぐものをやっつけながら進みます。道しるべやトイレなど目印になるものを必ず記録します。ロードメジャー(回転式計測器・・・交通事故のとき道路をおまわりさんが転がしているアレです)で地点間の距離を測り記録します。通ったところの木に赤いテープを巻いたり吊ったりしておきます。
帰りに同じ道を通ると、明らかに藪だったところがすっきりとした道になった、そんな喜びも味わえるそうですが、
各登山詳細図のサブタイトルを見ていただければわかりますけれど、全67コース とか88コースとか西丹沢にいたっては120コースとか、これを何日にも渡り全部踏査するわけです!
(★詳しい踏査などの様子は《登山詳細図世話人の日記》を見てね)

さらにこれを地図にする。
地図というのは人の命を預かるわけで、まず正確なものでなくてはなりません。丹念に距離を測り、道迷いを防ぎ、登山者が少しでも助かるようにと休憩所や道しるべを記載していくというすごい作業です。
国土地理院が発行している地図は2万5000分の1で小さくて見にくいので、これを拡大し1万2500分の1(エリアによっては1万5000分の1他もあります)にし、そこにルートや距離、情報を書き込んでいきます。
不明瞭なところは再踏査もします。
そして、
詳細図校正
このように何度も何度も細かい校正を重ねます。
そして、やっとやっとやっと1枚の詳細図が出来上がるというわけです。

私も校正作業の工程をほんの少しだけ見せていただく機会があり、そのゲラだけでも本当に気が遠くなるような気がします。この詳細図を持って、どうか安全に山登りを楽しんで欲しいという守屋さんやその仲間の願いでできあがっているのだと感じます。
年内には『和気アルプス登山詳細図』『奥多摩西部登山詳細図』発行の予定です。
スポンサーサイト

ゆきあいの空


「ゆきあいの空」っていうのだと思う。8月27日朝、東の空。空気が変わった。
お久し振りです。花火大会の日から始まって、8月に入ってからずっと雨が降っているような気がする。
昨日見た何日か振りの青空。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この間の日曜日も大佐に帰った。新見、真庭ってずっと警報が出ている。
やっぱり雨で、断続的にひどく降る。雨どいの容量を超えているみたいで、といではないところから雨が吹き落ちる。ちょっと見ると、といの継目がはずれているところがあった。屋根になんか登れない。業者さんを頼まないといけないと思うけど、「旧町内ではそんな仕事をする人が居なくなった」と母。
でも何とかしなくちゃ・・・・・・ウチの家ってやたらと横にデカい。その分屋根も広く雨どいも長い。この先、メンテナンスってどうするのだろう と考えるとうわーっと思う。考えたくない。母も同感だそうだ。

小降りのときを狙って畑に野菜を採りに行ったり、外の掃除をしたり。
雨が降ると、こんなかわいいヤツにも出会える。
IMG_6671.jpg
裏の溝に生息するカニ。昔からこの場所にいて、大水が出ると出てくる。もっともっといたのに、今では一匹以上でいるのを見たことがない。

26日、また、いつもの列車で岡山に戻る。
雨での遅れを心配したけれど、姫新線、伯備線上りは平常通り。
ただ伯備線下りを走る「寝台特急サンライズ出雲」が52分の遅れで新見駅に到着。いつもは合わない列車だ。
IMG_0516.jpg
「寝台特急サンライズ出雲」は東京発22:00。通常なら7:42分新見着。初めて見るもので、写真を とおもったけど、
寝台車は1階座席がホームで待つ人の目線の下にあり、はっきり言って中が丸見え。
ちょうど寝起きの時間で、みなさん微妙な姿。そして、あろうことかホーム向きで上半身裸で寝ている男性が。夏休みのせいかホームにはめずらしく人が多い。結構恥ずかしい感じの裸の胸が1分間皆の目にさらされる。目が覚めていたら1分間はかなり長かったはず。
IMG_8155.jpg
霧の立つ高梁川に沿って岡山に。予定通り10時過ぎ着。

お盆休みです



IMG_5542.jpg

IMG_2389_20140813120505e38.jpg

IMG_3768.jpg
メロン・放し飼いたまご・長茄子・ズッキーニ全部美味しかった。IMG_9512.jpg
体操する人と水辺のももちゃんと海渡。午前7:00前。涼しい朝でした。
今日からお盆休みです。
午後から大佐に帰ります。姪夫婦や甥夫婦 その子どもたち 娘や息子や姉夫婦 また集まれます。楽しみです。

休みが終わったら、新刊もたくさん出来上がる予定です。また頑張ります。

夏の夜

hakutou.jpg
白桃をいただきました。とろりとして繊維が歯に絡まる感じの独特の食感。これくらいの色になると本当に甘くておいしい。
いただいた桃は県内の産地で県内の人から。送るのにおいしい時期を心得ていてハズレることはほとんどない。
でも自分が贈ったものはどうだろう?

先日北海道の友人から「初白桃・・・一日目青い」「二日目・・・まだ青い」そのあとは聞いていないからどうなんだろう?某デパートから「清水白桃 --出荷時期7月後半から8月前半」 で送り、7月後半に出荷したらしい。
桃はとくに傷みやすいから出荷するほうも難しい。食べごろに食べるとほんとうにほんとうにおいしいのよ・・・・・・
どうか、おいしく食べていただけてますように と祈るばかりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8月2日土曜日午前9:15 表町。花火の日。雨がずーっと降り続く。
花火会場は河川敷だけど、近くの表町商店街は「うらじゃ」パレードに合わせて「温羅」化粧をするブースが設けられている。
併せて食べ物屋さんも準備中。でも雨・・・・・・花火大会がなくなったら盛り上がらないよなーとため息が聞こえてきそう。
IMG_1564.jpg IMG_4838.jpg
右は午後4:00頃。天満屋前。踊っていたのは天満屋の「温羅」チーム。
すごい熱気ともりあがり。制服姿の天満屋スタッフも通りで応援する。
いいなぁこの一体感。
花火大会開始3時間前。まだまだ雨は降り続く。「ほんとにやるのか?」と岡山商工会議所のサイトで検索すると
「只今、開催に向けて準備を進めています」と。表町、天満屋もロフトも人がいっぱい。みんな半信半疑で開催を待っている様子。

午後7:00雨はぽつぽつ。さくら道を傘をさしながらも相生橋方面に急ぐ人たち。
午後7:30より花火大会。空は晴れ、風で雲は流れ、涼しい・・・奇跡の花火大会だった。

犬海渡。相変わらず花火の音が苦手。どこにもいないと思ったら、窓とタンスのわずか10センチほどの間に潜り込んで出られない状態で発見される。よだれはダラダラ、フラフラで飼い主の呼びかけにも応えず。
一日経った今日は元気です。

『大佐音頭』

2014.7.1
IMG_6400.jpg
2014.7.29
2014729no.jpg
姫新線から。午前7:43刑部駅発 たぶん7:46頃。
ほぼ一か月後。稲の穂が出た。遠くに見えるは大佐山。

これは2014.5月 田植えのすぐあと。7:45分くらい?
IMG_5491.jpg

2014.7.29 同じ時刻。
kominami.jpg
列車の窓からほとんど同じポイントで写真撮ってる。

たぶん乗っている高校生も同じ。5月からこれで三度。「あのおばさん前にも居たよな」なんてこと思うかなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで この間から「大佐音頭」の歌詞が思い出せないで困っている。
「ワラビちらほら 深雪も解けりゃ
●●●●●●ー● ●●●● ●●●ー
ヤマメばかりか あのシャクナゲも水を鏡に化粧する
大佐良いとこ 平和の里よ
大佐 大佐 ほんに良いとこ 大佐のさっさ」
●●●・・・の部分が思い出せない。
 
絶対載っていると思って開いた『大佐町史』には合併何周年かを記念して作った 新・大佐音頭しか出ていない。
県立図書館で調べたけど手がかりなし。インターネットでも出てこない。
祭りやら運動会には、シャクナゲ模様の揃いの浴衣で『大佐音頭』を踊っていた母に尋ねたら、
「まぁー!大佐音頭いうて何年ぶりに聞いたじゃろう!なつかしいなワッハッハ」と言って笑い飛ばされてしまった。肝心の歌詞は「まー忘れてしもーたわー」だそうだ。

もしどなたかご存知の方があれば教えてください。
Page top