4月末日

大佐の庭は花盛りで
チューリップ2014
水仙、チューリップ、花韮、むすかり、紫菜花、ビオラ、アネモネ、ジュリアン、ありとあらゆる花が咲く。
IMG_7942.jpg
山桜も今が盛り。
岡山道は黄緑と緑のコントラストがぱっきりとしているのに中国道に入り、北房を過ぎ大佐になると木の芽の色は浅い。
IMG_6059.jpg
それでも岡山市内と同じくらいに裏庭のハナミズキも咲いて、季節がやっと追いついてきた。
IMG_7845_201404302353277fa.jpg
なのにユキヤナギ・・・・・岡山では1ヵ月以上も前に咲いてましたね。

そんな中、田ごしらえが始まっています。うちの田んぼの田植えは10日ですが、3日からの連休に田植えをする家も多く、そんな所は代掻きも済んで、カエルもゲコゲコ。

花も生き物も人も一気に動きだしました。
スポンサーサイト

「カイト」

お昼ごろ、ヤフーのトップにお父さん犬カイ君引退。跡を継いでお父さん役を演じるのは、カイくんの長男の海斗(かいと・2歳)。と流れた。何やら親近感。
IMG_1596.jpg
ウチのカイトは「海渡」。狂犬病予防注射のお知らせにもちゃんと「海渡」と書いてある。3月で満5歳になった。
我が家にやってきたのは5年前のゴールデンウィーク。連休中で子どもたちも帰省していた。
2014424.jpg
(いまや25キロを超えるまでになったけど、そのときはスリッパ大だった)。

飼うと決めたからにはまず名前だ。家への帰り道車の中で、娘と夫と3人であーだこーだ。と、いっても決め手はない。
吉備人にちなみたい。でもそのものずばりでは怒るときも「吉備人!」なんていやだ。

元気そうな男の子で「子どもの日」だから「カブト」にしよう!
というところで3人の中では落ち着いた。

家に着いた。ペットショップにはいっしょに行かなかった息子にも相談。「えー カブトはおかしい」「カイは?」
「だってカイ君って今すごく流行ってるからいっぱいいそうじゃん」(と、ここで話題になっているのは言わずと知れたソフトバンクお父さん犬カイ君)

どうする?どうする?といつまで経っても決まらない。翌日、子どもたち二人が大阪に帰るときには決まっていたかどうかだったけど、なんとなく「キビト」の響きを残しながらというか、ずるずるって感じで「カイト」と決定!漢字はPCで変換したらたまたま「海渡」とでたから。

そのときのカイ君のご長男がカイト君だなんて奇遇だなぁ。と思ったけどカイ君の子どもに「カイト」と名づけるのは普通といえば普通かしら。

ちなみに「WORKER」というのが海渡の証明書上の名前だというのをさっき確かめて知った。「働き者」って意味?吉備人で働き者?それもよかったかもしれない。

春の朝

牡丹花盛り! と思ったら夜にはもう散りかける。花の命は2日のみ。
え、水遣りだの気ぃ遣ってきたのに と悔しく思う自分を情けなく思い恥じるなり。

どんどん芽が伸びる玉ねぎ。ばあちゃんが1玉ずつ作ってくれたと思うと捨てることができず、細く、いやできるだけ細く切って冷凍する。これで5個分くらい。
本日はさらにみじん切り(できるだけ)にしてホウレンソウと炒めてミキサーにかけ牛乳とコンソメでポタージュに。玉ねぎがやわらかく良い味を出します。
IMG_0607.jpg  IMG_2304.jpg
イヌ海渡は乳製品が大好き。牛乳とバターの匂いで「かあさん、ごはんですか?」
IMG_8705.jpg
ミキサーにかけて玉ねぎの姿がなくなったので思わず海渡にも遣りそうになる。玉ねぎはイヌには猛毒でしたね。
IMG_3690.jpg
玉ねぎ食べて倒れたわけではありません。イヌ眠る。

女性週刊誌の話題

ここ数年、ベランダに寒さに弱い花や観葉植物を出していても凍ってダメになることがなくなりました。室内に取り込むなどの手間がかからない反面、良いのだろうか?良いわけないよな、この気候って思います。
冬を越したペチュニアが一斉に花をつけました。
IMG_0985.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美容院に行くと3時間かかります。
ひと月半に一度程度行くのですが、そのときには週刊誌を読みます。まず自分では買わないのと、ワイドショーは見られないのと、ファッション誌は重くて首が痛くなるからです。

さて、その話題ですが、今回は女性誌でも小保方さん。それも批判的。肌がつやつや過ぎるとか、泣くことを想定してウォータープルーフのアイラインだかマスカラだかつけていて、腫れた瞼にあうピンクのアイシャドーにして、顔も細く見えるように頬にシャドウを入れているとか・・・・・・。

あとは嵐にヨイショ、中居君にヨイショ、タモリにヨイショ。羽生君と浅田真央さん。雅子さまと美智子妃。

「PTA役員どう逃れる」「特別養護老人ホームに入れやすくするには」ちょっと見出しがちがうかもしれないけど、これはないな といった話題も。

「女性自身」「女性セブン」「週刊女性」の3誌を2週分ほど読み、週刊誌で仕入れた話題は得意になって人に話したいのだけど、今回は残念ハズレでした。

もっと、誰と誰がといった芸能ネタみたいなのが知りたかったな。

IMG_4370.jpg
今朝の海渡さん、座ったまま居眠り。

花咲く季節

IMG_7086.jpg
鉢植えの牡丹が咲いたのです。昨年の1月に小さな苗でもらったもの。牡丹を育てるのは初めてで水の遣り過ぎではないかとか、日当たりはどうよ?とか・・・・・・でもきれいな花が一輪。この花が終わったら地におろしてやろうと思います。
IMG_5362.jpg
モッコウバラも本日開花。黄色と白を植えています。モッコウバラにはトゲがありません。
IMG_7971.jpg
岡山の家のベランダでは、スズランも芽を出しました。
ぐんぐん勢いの良いチューリップ。こちらは大佐の庭。4月13日
IMG_2441.jpg IMG_0368.jpg
ムスカリとヒマラヤユキノシタ
ムスカリは小さな球根を植えますが、母は花跡の種も撒き、実生で育ちました。庭のあちこちに咲いています。
桜は花盛り。水仙も梅も山つつじも山吹もタンポポもスミレも咲いています。
まだ沈丁花の花も残っていて、岡山市内との季節の違いを感じます。

そういえば牡丹はまだ芽吹いたばかりのようでした。

今朝の新見はマイナス3℃。寒いよね。
IMG_5616.jpg
海渡さん、石垣の上から県道あるいは周辺を監視中。誰か来たらすぐに吠えちゃります。

さくらさくら~


土曜日の桜はこんな感じでした。夕暮れ時、花見昼組と夜組の入れ替わりのとき。
お弁当持った家族ぐるみのおつきあいや学生集団が多い。もう桜カーニバルは終わったので、夜組は投光器を持ち込んでせっせとバーベキューの用意。

さくらはまだきれいで、はらはらはらはらと舞い落ちる。

お昼、バスの中で幼稚園年長さんくらいの男児とそのおかあさんの会話。
男児「さくらさくら」「ね、おかあさんこの次なんだったっけ?」
・・・・・おかあさん困ったように答えず・・・・・・
男児「さくらさくら~・・・・・ねぇ?」

あきらかにそのメロディーは、森山直太朗の「さくら」

一昔前は「さくらさくら」と歌えば続きは「弥生の空は」だった。

今は「今 咲き誇る」とか「ただ舞い落ちる」とか

おかあさんは知っているはずなのにバスの中だったものね、答えませんでしたけど。

ふたたび「キズパワーパッド」

IMG_8945.jpg
夕方はこんな感じなんだけど、夜になると寒い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この間、ダッシュして転んだときの左膝のでかい「キズパワーパッド」がやっと昨日剥がせた。
右足の捻挫も見た目の不自由さもたぶんなくなってきたと思われるし、なんだかやっと春が来たかんじ。

左膝には転んだ日その日、家にあった「バンドエイドキズパワーパッド大きめサイズ」を貼っており、それをずっと貼っていればなんとかなるのではないかと思っていた。というか剥がしてはいけないものだと思っていた。

翌日病院に行ったとき右足だけ診てもらえばいいと思っていたところ、
先生が「左足出してください。」「これ剥がしますよ」とぐちゅぐちゅになっていたのをとって傷を水で洗い、さらに大きなのに張り替えてくれた。その上に防水フィルム。

そうか、キズパワーパッドはずーっと貼り続けるのではなく液が溜まってきたら剥がすのだ。そして、水で傷口をそっと洗い、新しいものに取り換える。さらにその上から保護フィルムを貼ればお風呂にだってふつうに入れる。
さっそくドラッグストアでキズパワーパッドジャンボサイズ(72㎜×60㎜)とさらに大きい防水フォルムを買って自分で治療してきた。痛みも和らぐ。おかげでなんとか傷口はふさがった。

ただし、ジャンボサイズは3枚入って900円近くもする。2箱使った。これは高い。フィルムも大きいのは結構する。
先生のいうことを聞いて通院した方が安かったように思う。

正しく使えば早くきれいに治るということが伝えたくて。。。キズパワーパッドでの治し方でした。
まず、怪我の直後、傷口は消毒ではなく水で洗う というのもポイントのようで。(まだ続けてるし)

春ですから。

春のニオイを嗅ぐ海渡さん

ベランダの花が盛りなので写真を撮ろうとけれど午前9:00では光が眩しすぎてうまく撮れない。
海渡さんは顔を上にむけ目を細めてクンクン。このあとマウンティングした。外できっとイイ女の匂いがするんだ。

昨日はクレド紀伊国屋に行こうとして3階でGAPの40%OFFに目を奪われ、紀伊国屋断念。40%どころかメールで会員登録すれば45%OFFになります。といわれ、トロトロしますがいいですか?と店員さんに念押しして、汗をかきながら登録する。

言い訳がましいけれど、普通にパソコンだったらメールを打って相手からメールがきて、画面の案内に沿って個人情報やらパスワードやら入力するのはそんなに苦痛じゃない。
が、携帯(iPhone)からだと脂汗が出る。でも無事登録を済ませ、ソックスからパンツまで10点程を購入。おもに夫のもの。45%ってめちゃ安い。

今日は中銀ATMを目指してクレドに向かった。
そのあとたくさん吉備人の本をおいてくださっている紀伊国屋書店にお邪魔するつもりで。
クレドビル内は全面改装で3階からは新しいお店が並んでいる。その中の1つに目が向いてしまった。
IMG_8453.jpg
そうだ、カバー汚くなっていたな。ソファのマルチカバーとクッションカバーを購入。
※昨日、本日ともにプライベートタイムですからね。あしからず※

春の匂いがする。こざっぱり。クレドビルは岡山では華やかなビル。新しいお店も長く持ちますように。
紀伊国屋書店クレド岡山店にはまた行きます。すみません。

テルマエ・ロマエの「フルーツ牛乳」

先日の伊勢巡りで出会ったもの
IMG_7830.jpg
お風呂あがりはやっぱ牛乳よね。牛乳大好きな娘とわたし。宿泊した鳥羽シーサイドホテルにて。
テルマエロマエ?娘が言いました。「あ、フルーツ牛乳!」

フルーツ牛乳はテルマエロマエに出てくる「平たい顔族」が「ニッポンの銭湯に来たらこれを飲んでおかねぇと」と勧めたものです。下の写真で手に持っている先に針がついたスッポンで蓋を取るのも懐かしい感じ。テルマエロマエでは、この山村乳業のフルーツ牛乳がモデルになっています。
IMG_3663.jpg
なるほどテルマエ・ロマエ第1巻(ヤマザキマリ・著)26ページに出てきます。IMG_5189.jpg
牛乳成分が濃く感じられてとてもおいしい。市販のフルーツ牛乳はどこのも薄い味なんだけどここのはコクがある。
白い普通の牛乳もおいしくて、夜と朝も買って飲みました。通信販売もあるようなので、注文してみようと思ってます。
いやー、三重に居たときには全く知りませんでした。大正8年創業の三重県伊勢市の会社だそうです。

桜、さくら

昨日4月4日の桜。今年の桜はあっという間に「満開」。の割にボリュームが小さい。
納品に行った岡山城。大風と時折の雨で満開の桜がはらはらと。
IMG_3421.jpg
おととい見た「ミュージック・ポートレイト」で滝川クリステルが言っていた「道歩いてると『hello』って・・・」「hello!」「hello!」「hello!」悪気なく日本人が声かけるんだって。(むしろボンジュールだよ)と。
いまどきはないだろうと思ってたら岡山城で中学生集団が外人さんに「hello!」「hello!」って声かけてた。ちょっとふざけてだったけど、そう言えば中学校の修学旅行のときそんなことしたよなぁ。日本人旅行客に「こんにちは」「こんにちは」なんて言わないのにね。なんでだろうね。
IMG_5206.jpg
こちらは後楽園外周西側。青葉が見える。(4月4日)夜お花見の人も多そうだけど。
IMG_3947.jpg
椿は花盛り。木々も芽吹いて緑がきれい。(後楽園外周)
IMG_9717.jpg
城には月と桜が似合うと思うのは「荒城の月」を思うからかしら。

「○子と●子の伊勢巡り」

お伊勢さんと鳥羽水族館に行って参りました。

「○子と●子の伊勢巡り」主役は義姉のお母さん○子さん(85歳)とうちの母●子さん(84歳)です。土曜日、日曜日と鳥取チーム(対抗戦チームではありません。親戚)と道の駅かわふくで合流し途中茨木駅で娘を拾い、新名神から伊勢自動車道、伊勢へ。
バスをチャーターしての総勢14名の旅でした。

土曜日に行った内宮は、三重の友人が「毎日が初詣みたいよ」と言ったとおりで橋の上はまるで戎橋、おかげ横丁は心斎橋筋。それでも式年遷宮が終わったばかりの正殿にお参りし、おかげ横丁で赤福を食べることもできました。

翌日は雨。天気予報通りの雨というか、それ以上で波浪警報まで出ており、思えば海を見るのは久しぶり、こんなに荒れるのだと改めて思いました。鳥羽水族館は春休みのせいかまたまた人、人。
ジュゴンもラッコも見たけれど、大きな水槽で泳ぐ色とりどりの魚がきれいだったなぁ。ずっと見ていたいと思う・・・・・・。

土産物もたくさん買いました。○子さんは赤福14箱他、●子さんも14箱他。やっぱり伊勢は赤福かな。おいしいですものね。

これは、二見・鈴木翠松軒というところのくうや観助餅
餅菓子
帰り道、PAで買いました。最近、サービスエリアやパーキングエリアの土産物や食べ物がとても充実しています。
トイレもとっても清潔です。

旅の話がトイレで終わるのもなんなんですが。
Page top