いまいましい消費税

これ、本日発売の『男の隠れ家』。吉備人出版載ってます。
IMG_7642.jpg
今、地方出版が面白い!らしいです。
IMG_9545.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は4月1日付けの納品書を切った。
パソコンのソフトを消費税対応にバージョンアップしてもらったので、日付を読み取って4月1日から自動的に8%に切り替わる(手入力で税率は変えられる)という。

順調に本体価格に8%が上乗せされた。

書店さんや読者には、わかりやすい例として 本体価格1000円+税 現行1050円→4月1日以降1080円を使って説明してきた。本体価格はそのままで増税分だけ売価がアップするということなんだけど、これだと金額的にあまりアップした感じはしない。

ところが実際に伝票を切っていると
『改訂版 新ルート岡山の山百選』本体価格2500円のものが
税率8%になると 2700円にもなる。読者が1冊の本を買うと200円も税金をとられるのだ。
『吉備邪馬台国東遷説』本体価格1600円。この税金は128円。なんと販売価格は1728円にもなる。
自社の本とはいえ、高い。高く設定したつもりはないのに実際高く感じる。

もちろん、この200円や168円は吉備人出版の懐に入るわけではない。
このお金は買ってくれた人が払う。書店から買うと書店さんは売り上げから払う。取次も書店さんへの売り上げから払う。私たち出版社も取次さんへの売り上げから払う。
年に2回きっちりと消費税の徴収があり、いやいやながら売上の中からそれをさしださねばならない。

いやでいやで仕方ない。消費者として買い物するたびに支払うのもいやだし、売る立場としてこうして取り立てられていくのもいまいましい。

一生懸命働いて、見えないものにお金をさしだすなんてほんとに腹立たしいと思う。
税金の取り立てをごまかすために定価を内税表示にしなさいと政府は指導してきたけど、
実際1300円の本には104円の税金。1400円の本には112円の税金支払うんだからね。本当に頭にくる。
スポンサーサイト

膝が痛い

IMG_7931.jpg
チューリップとアジサイの花束・・・・・・・・・・・・・・・

足が痛い。
昨日の夕方書道教室へ向かう途中、転んでしまった。県庁通りの信号を渡ろうとしたのが間違いだったのか・・・・・・いえ、道は信号で渡るものなので、急いで走ったのがいけなかったのだと思う。

いつも言い聞かせていた。点滅になったら渡らない。ところが昨日は何を思ったのかこの自らの禁を犯してしまった。
結果、パンツ(ズボンです)の膝は裂け、ついでに自分の左膝も裂け、たぶん先によろけた方の右足膝と足首はとても痛い。立てないかと思ったけど立つこともできて、よろよろと会社に引き返した。
社の二人が憐れみを込めて慰めてくれたのが幸い。

昨夜は傷の手当てをして、湿布を貼って眠った。
今朝、劇的に治っているわけもなく、右足をつかないようにしてヒョコヒョコがやっと。
週末の伊勢行きもあるので、病院に行くことにした。

以前、腰の骨折でお世話になった市民病院。
1時間半ほど待って診察室へ。先生は開口一番「遅くなってすみません。」
まず左膝と右足の擦り傷を丁寧に洗って絆創膏を貼ってくれた。いろいろここが痛いですか?と押さえたり曲げたりされ、レントゲン室へ。
結果、骨折も大きなヒビもみられず、捻挫ということになった。
と、なると”安静”が一番で、固定するための包帯をひざと足首にぐるぐる巻いてくれた。

「しっぷや痛み止めは治すためのものではありません。痛いのは動いてはダメというサインですから痛み止めを飲んで動いていたら治りません」「言っている意味がわかりますか?」と念押しもされた。

「では紹介状書きますから近くの病院へ」??
ここの整形外科が会社の最寄といっても過言ではない。「先生、前もここだったし、またここに来ます」というと、
「外来多いんですよね。ガーゼの交換だけに2時間3時間待つこともありますし」
そして「ぼく、今日はピンチヒッターなんですよね」
どうやら先生は本日は外来の勤務ではないのに駆り出されてご不満らしかった。

でもさ、近くに内科はたくさんあるけれど整形外科はないよ。
○○病院に行きなさいという紹介状ならもらうけど、行くところもないのに要りません。
結局、痛くなったらまた来るという話で診察は終わった。

巻き巻きの包帯や傷の手当はどうするのか は聞けずじまいだった。湿布とお痛み止めはとりあえず出していただいた。

市民病院は2年前に比べてざわざわとした感じが減った。整形外科の待合も椅子が1列減っていた。
来年北長瀬に開業する新病院は救急と急性期の患者を主に扱うそうだから、地域の病院に患者がいくよう促しているようだ。
でも、地域に内科と歯医者以外の病院は少ない。だから整形の外来多いのだと思うよ。先生、そこのところよろしく。

明日は今日よりよくなっていますように。

旅立ちにふさわしい装い

3月22日朝の庭。陽射しは春ですけどね。県北は21日から雪でした。
IMG_3729.jpg
雪とみぞれで数センチの積雪。
IMG_8358.jpg
21日、岡山道にも速度規制が出ていましたが雪はなく中国道を大佐に入り小阪部川を渡ったあたりから雪が積もっていました。

連休は伯母のお通夜と葬儀で大佐に。
柩の中の伯母はとても穏やかな顔で、とても素敵な紬の着物を着ていました。

旅立ちのとき、何を着せてもらいたいかという話をしました。
母は「袖を通していないイッチョウラの着物があるけど、それは娘にあげるから私の好きな着物がいい」と言いました。
しかし私には母の「私の好きな着物」というのがわかりません。
母の留袖以外の着物姿を見たのは何年前のことでしょう。全く想像がつきません。

夫は「きれいめカジュアル」と答えました。
??「綿パンとジャケットとシャツと、冬ならセーターも」というリクエストですが・・・どれもそこそこ傷んでるし一体どの服のことでしょう??
私は夫にはスーツだと思っていました。何も聞いていなかったら、きっと一番新しいスーツを着せて丁寧にネクタイも締めてあげることでしょう。

さて私は?
着物は結婚するとき親が作ってくれたのがあるけれど、着れないし愛着はない。
ドレスってのはないし、1枚あるワンピースは今なら娘が着てくれそうだから灰にしてしまうにはもったいない。
夫に「私には何を着せてくれる?」と尋ねたら、
「チェックのパンツにぃ・・・」。
え、どれのことだろう。あなたがコーディネートしてくれるの?
ちょっとおそろしいような気もする。

夫にしても私にしても単に服装って感じで、やはり装束として特別な日の装いを意識した方がいいのではないか?

私は悩んでおります。

これってスゴイことですよね!?

白い椿も咲き始めました。後楽園外周県立博物館近くです。
IMG_4613.jpg

IMG_5760_20140310205651282.jpg
旭川の河川敷、お花見さくらカーニバルの提灯を付けるポールが立ちました。
このあと電線が巻かれ、メインの雪洞が立ち、提灯がつけられます。
そして2週間経てば桜が開花。本格的に春なんだ。

家から歩いて会社に行けば約15分。さくら道から後楽園外周に入り、月見橋を渡り、岡山城から県立図書館に抜ける。抜群の散歩コースなのだけど椿が開いたとか猫がミャーミャー鳴いているとかそんな感じ。
バスに乗っても10分くらいかなぁ・・・中銀前のバス停といっても信号を渡って大本組の前で下車。図書館方面に向かって徒歩5分。

このような手段で出勤し、最近はあまり外に出ないのでなんだか発見がないのです。ぼんやりした感じ。

が、ぼんやりした中で、これってすごい!?
『ソトコト』4月号
IMG_1349.jpg
なんだか見慣れた人が。『おかやまコメ読本』持ってにっこり。

あと、某生命保険会社の情報誌最新刊に登場してたり、
3月26日発売の『男の隠れ家』にも出るらしいのです。小さな記事ですが、『男の隠れ家』には吉備人の3人がミーティングしている写真も掲載されるみたい。

いけない、私はいわゆる伸びきったゴムってやつ、メジャーな雑誌に掲載されるって初めてで「きゃーっ」ってほどなのに、感動がピンピンッって伝わってこないぞ。ゆるゆる

なので、もし雑誌を見た方がいらっしゃれば「スゴイ!すごい!」の声をお寄せください。
私も幾分ピシッとすると思うのです。

明日からウーウー?

海渡さん、3月22日で満5歳になります。

「何か、最近デカくなってない?」
東河原の百閒川で遊んだ日曜日の夜、久しぶりに体重を測ったらなんと25.8キロ。半年で2~3キロ増えてました。
もうすぐ5歳。堂々の壮年犬です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_5423.jpg
夢二郷土美術館前のバス停の梅が咲き始めました。雨に濡れてしっとり。ふと気づいたことが・・・・・・銀杏を降らせていたイチョウの木がない・・・・・・切られていました。向こうの切り株がそれ。確か秋には黄色い葉っぱを見たのに。いつの間にか。切り株は新しい。最近のことなのかなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先週棚卸をやり、2月締めの請求書もすべて発行し、在庫管理や決算にかかわる伝票を入力。
2月の現金の出し入れ(購入したものやガソリン代とか駐車料金、現金で買っていただいた本代や集金など)も合わせた。
今日までの仕事はここまで、棚卸で数えた倉庫内にある実数と伝票はまだ合わせていない。
本はすべて伝票を切って動かしている。が、なぜか毎年合わない。
しかし簡単にあきらめるわけにはいかないので、そうなると過去の伝票を呼び出しては間違いを探したり、庫内の数をまた数えたりする作業が必要となる。

ただでさえ独り言の多い私が「うーうー」言いながらやるので、社の者にとても嫌われる。
でも明日から「うーうー」言う予定です。

棚卸のあと、内山下マンション建設現場で。

棚卸が終わった2月末日の夕方、年度末だからきちんと記帳をしておかねばとおかやま信金に行った。
あたたかく疲れと解放感とでぼーっと歩きつつ見上げたところにクレーン車につられたコンクリートの物体あり。
立ち止まって見ていると警備のおじさんがやってきた。
IMG_4209.jpg
ここは内山下、中電工跡地のマンション建設現場。
「このマンションはね、14階建てで横に7件入るんです。横幅が広いので本体可動式のクレーン車を使っとります。可動式は珍しいんですよ。ひじょうに大きくて800tもあります。運んでは来れないのでこの現場で組み立てました。」

興味深いお話だったので、「写真獲らせてもらっていいですか?」と尋ねると
「いいですよ。ではゲート開けますからあちらに回りましょう。さぁさぁ」
ということでこの写真。警備員さんもニッコリ(逆光だけど)

警備員さんのお話だと、さらに大きなクレーン車が数年前に山陽新聞本社ビルの建設に使われたそうです。それは全国に5台しかないもので上にオペレーターが上がりトイレも付いているもので「山陽新聞社のあとはトヨタのビルをつくりに行ったと聞いてます」とのこと。

建設現場に胸を張る警備員さん、素敵でしたね。誇りを持っていて気持ちよかったな。
Page top