イオンはでかい

風が柔らかくなりました。
IMG_0600.jpg

昨日、吉備人出版20周年記念作品募集「ほんとまち大賞」のポスターを貼っていただくようお願いにジュンク堂書店にいきました。ジュンク堂岡山店はビブレの中にあります。

市役所筋と県庁通りが交わる交差点です。左がビブレ。
IMG_0920.jpg

建設中の正面の建物は イオン。今更いうまでもありませんが岡山駅からも直結してる林原駐車場跡に建ち、今年11月にオープンします。昨日の発表では、東急ハンズや高島屋食品部門も入るとか、シネコンもあるとか・・・・・。
本屋さんも入るのですが、ジュンクではありません。

膨大な品ぞろえと高い書架で図書館みたいな本屋さんだと思っていたジュンクはビブレと共に閉店です。(吉備人の本もきっちり扱っていただいております)

ビブレの中に入ると幸いなことに正面のイオンは見えませんが、すごい威圧感です。見えてしまったらちょっとつらい感じがする。
IMG_7041.jpg
市役所筋側の正面出入り口から出ました。左の縞々はタリーズ 上の3本のでっぱりは VIVRE のロゴです。
やっぱりデカい。裏通りでも閉店告知しているショップも数店あって
負けそうな気がするよなー 冷静に考えると閉店なんだろうなー と。でもなー。
スポンサーサイト

決算・棚卸近づく

潔く一人 って感じ
IMG_1587.jpg

2月も最終週に入りました。27,28日の棚卸も近づきました。

先々週から、本の委託販売をしていただいているところに在庫確認と清算をお願いしています。
書店や美術館や公共施設などで50件くらいあります。実売があり、売り上げが立つと請求書を発行しますが、年に一度の決算月なのでほぼすべてのところに請求書を出させていただいております。

本当は今週大佐に帰るつもりでした。
しかし、仕事がしたい私は 土曜日の朝に母からかかってきた電話に「今日は帰れません。明日も無理かもしれません」と答えました。ため息まじりの声が返ってきました。

そして、土曜日の夕方近くに もう日曜日も帰らないと決めて「明日は帰れないわ」と伝えました。
「まぁ、今 畑で菜っ葉摘んで来たところ。明日何食べようか と思って」
「いいよ 忙しいんなら」と付け加えてくれましたが、非常に切ないものがありました。
「帰れない」と切り出すときの辛さ・・・・・・なんでこんなに気が重くならなければならないのだろうかと思いました。

今日は仕事に出ました。集中してできました。4時にパッと切り上げ、夕方6時に焼肉ダルマ。外はまだ明るくビールが旨い!

頑張って今週を乗り切ろう と思います。

ボールペン復活

単純にペンを立てているのではなくて、何をしているのかというと

インクの出なくなったボールペンを再生させているのです。

土曜日にリニューアルした宮脇書店総社店に行きました。そこで、さすがパリの方と思わせるダイナミックでシュールな絵柄に惹かれ、『ぬりえの時間』を買いました。
IMG_7224.jpg

色鉛筆もいいけれどカリカリ塗りたくなって(イライラしたときにはとってもいい)ボールペンのセットを久しぶりに出してきました。
ちょっと前からインクが出ないのが数本ありましたが、出ないのがさらに増えていて8本もありました。

使える色で塗ってみたものの8本を捨ててしまうのは惜しい。
そこでインターネットで検索してみました。
「ボールペンのインクがでない」

すると、丁寧な回答があり、「①ティシュペーパーを四つ折にしてその上で10秒くらいゆっくりと書いてみる(回復率60%)」
「水銀の体温計を降る要領でペン先を下にして振る。もっといえば遠心力を利用。ゴムをぐるぐるかけて回す」
回復率60%の①は最初は出るけれど途中でやはりインクが切れてしまいます。
②を試すと出るようになった!
さらに円滑にでるように、輪ゴムを通してぐるぐるねじりピーンと引っ張るとブルーーンと勢いよくねじった数だけ回転する!
輪ゴムは1本より3本くらい巻いた方が勢いが増す! で、かなりいい感じにインクが出るようになりました。

そして、ペン先を下に向けてカップにさし、インクの切れを防いでいるというわけです。8本元にもどって非常によい気分です。

IMG_6556.jpg
※ぬり絵は寝不足と肩凝りの元・・・・・・

※最初むかしよくやったようにストーブにくっつけようと思いましたが、この方法はダメらしいです。捨てる気なら最後にやってみるか ってところらしいです。

2014.2月14日のはじまり

IMG_3607.jpg
このところ寒いのに後楽園外周の椿が急に開き始めた。
ぜひ歩いてみて。月見橋からあるいは鶴見橋から、河川敷から。外周は入園料いらないしっとりとした散歩道。旭川に岡山城が映え、これからの季節、椿が遊歩道沿いにたくさん咲くのです。

今午前2時。男子フィギュアショートプログラム。ロシアのプルシェンコは出ないんですって。せめて羽生までと思うのだけどムリみたい。眠いです。
高橋と町田は予定では4時台。これは絶対無理です。

というところで羽生結弦くん。完璧! 史上初の100点越え スゴイ。
フェルナンデス4回転着地でよろけた。こうなると、チャンも見たいけど寝ます。おやすみなさい。

午前2:00の壁

金曜夜、帰宅するときに積もる気配をみせていた雪

まさかこんなにとは。
IMG_9487.jpg
前の空地では雪遊びをする親子が何組も。

今日は一歩も外に出ず、午前中はソチの開会式を見て、今朝見逃した「ごちそうさん」をBSで見て、「歌がうまい王座決定戦」(再放送)を見ながら掃除をして、角野選手をみようとまたオリンピック中継を見て、ごはんを食べながら「ジョブチューンSP」を見て「最高の離婚SP」、そしてまたフィギュア団体を見るべくオリンピック中継・・・ずっと見てます。

午前1:00~2:00っていうのは、私の得意とする時間で、2:00を過ぎるとさすがに体に悪いぞと思うのだけど、切り上げどころがむずかしくなってくる。羽生が出たときも、浅田真央さんも2:00を回っていた。
でもせっかくその時間までみたのに見たい人を見ないというのはそこまでも見なくてもよかったってこと。
リアルタイムで見ると録画では感じるものが違うしね。

新聞のテレビ欄みたら、一晩中中継やってるではないの。
今、午前3:00.いよいよ女子モーグルが始まるんだって。
上村愛子さん見たい。村田選手が練習で転倒して足がどうのって言ってる。出られるのか?!

眠くはない。でもやっぱりやばいので寝ます。

かなりかなり大人になりました。

IMG_0911.jpg
誕生日から一夜明けた。

今日も雪が舞った。
半世紀以上も前になりますが、私は自宅でお産婆さんに取り上げてもらったそうだ。母の母がお産を手伝いに来て、洗濯機どころか水道もない中、凍りつく冷たい冷たい谷川の水でおむつを洗ってくれた・・・・・・という話を
母が毎年聞かせてくれる
私は、小学校の同級生が12人(!)でそのうち4人がこの寒い2月生まれだったという話を毎年したくなる。

先日、BSで「駅 STATION」を見た。
1981年製作。以前にも見たことがある映画だ。いしだあゆみと高倉 健と倍賞千恵子。雪と鉄道と八代亜紀の”舟歌”が効果的な映画だ。 
主人公の高倉健は北海道警の刑事であり、射撃のオリンピック選手でもある。冒頭は駅でのいしだあゆみとの別れ。
そして、数年が経ち倍賞千恵子との出会い。増毛の町、逢瀬を重ねる2人だが・・・・・・

公開当時、私は20代前半。かなり大人の映画だと思って見た。

そして先日。健さんはかっこいいし、倍賞千恵子さんの肌はツルツル、いしだあゆみさんだって細くはあるけどまだみずみずしい。当時、健さんは50歳、倍賞千恵子さんは40歳、いしだあゆみさんは33歳くらい。

なんだずいぶん若いじゃない。いつの間にか、その年齢を大きく超えてしまっている自分に驚いてしまった次第です。

「大吉」だ

IMG_5760.jpg
立春の今日、出勤の途中に岡山神社にお参りしました。

毎年、この時期におみくじを引きます。
・・・・・・なんと[大吉]

近年このような運勢は見たことがありません。裏面には「神のおことば」があり、勤めを粛々とすすめればOK というようなことが書いてあったように思います。「入れすぎれば袋は裂ける」といっぱいいっぱいの私を見透かしたようなことばが2年続いたとは思えません。

恋愛は成就し、出産は安産だそうですが、ここはまぁ関係ありません。
「失せ物」・・・見つかる。下の方 
とありました。
そういえば、出社してすぐ「『児童虐待』の(本の)カバーありますか?探したけど見つからないんですよ」
と尋ねられました。棚から探してきたとき、「あったよ下の方」って私答えませんでしたっけ。

わーい、当たってる。なんて、失せ物ってわけじゃないか。いやー、春から縁起がいいなぁ いい気分

IMG_7838.jpg
※左のハンドルを矢印の方向に回すと馬が駆けます。

タルマーリー

日曜日、大佐に帰り、母と一緒に久世に買い物に行きました。
用事が早く済んだので「おまんじゅうでも買おう」と勝山の町に寄りました。昔、アーケードがあったところから町並み保存地区に入り、車を降りて少し歩くことにしました。

残念ながらほとんどのお店が休みで、暖簾もひな祭りのときのようには出ていません。
でも久しぶりに歩く勝山のまちです。母は勝山出身、ここはあーでこーで1軒1軒確かめるように歩きます。
「初めて勝山にパン屋ができたんじゃってな」と母が言うので、入ってみました。今、ku:nelなど雑誌などにもいっぱいとりあげられているタルマーリー。お店の中は人でいっぱいでした。
待っている間「ここは何ていう家だったかなぁ・・・」と母はしきりに思い出そうとしていました。母は勝山出身です。

喫茶は満席だったのですが、あきらめて帰ろうとしたところで運よく席が空きました。
IMG_4461.jpg
店の奥に入ると母の顔が輝きました。
「あんた ここ粉ひきしてもらっとった ○○さんとこじゃが。●ちゃん(私の友だち)のおばさんの嫁ぎ先で。」「川が家の中を流れとるんよ」
IMG_3713.jpg
タルマーリーさんは品質がよくて有名だった元粉屋さんのあとに入られたのです。上の写真の左側、通りからいうと裏になる窓の下には確かに川が流れています。懐かしそうに語る母の話を千葉から来られたという若いスタッフの方がやさしく聞いてくださいました。

梁や土間は昔のままに生かされています。ほっこりと暖かい空間でコーヒーをいただきました。
IMG_0392_20140202235351729.jpg
グラスの水は塩釜の原泉から汲んできたものだそうです。水汲み場は雪が腰までもあり大変だったとか。新庄村ののとろの湧水かどちらかを汲みに行って出してくださるそうです。

ありがたくてお水も残さずいただきました。母もとても嬉しそうでした。

レーズンパンとイチジクのパンとピタパンを買って帰りました。とってもおいしいパンです。
そして、もし勝山のタルマーリーに行くことがあれば、ぜひカフェにも入ってみてください。コーヒーもとってもとってもおいしいです。

タルマーリー(http://talmary.com/)勝山町並み保存地区の中。向かいは のれんで有名な加納容子さんの「ひのき草木染織工房」です。
Page top