ふくやま美術館 「佐野洋子絵本の軌跡」展

これは先週のことです。
新年の大きな仕事であった目録の作成とDM第1弾の発送が終わったので、久しぶりに自由で元気な土曜日を迎えました。

午前中は美容院、その後電車に乗って約1時間、ふくやま美術館へ。
ふくやま美術館は初めてです。駅からすぐ、お城を借景にした贅沢な場所にあります。お城を中心とした公園の中にあるというのが正しいでしょうか、吉備人出版の『草戸千軒』他吉備考古ライブラリィシリーズを販売してくださっている県立歴史博物館
も同じ敷地にあります。
IMG_4697.jpg
『佐野洋子 絵本の軌跡』展をみてきました。
IMG_0008.jpg
ちょうど学芸員さんのギャラリートークの時間でした。
描かれたときの佐野洋子さんの環境と、題材、使用画材などについて順路に沿って絵の前で解説されるのにくっついて歩きました。
今回の作品は311点。絵本の原画と挿絵なので、1枚の紙に書かれたペラの状態。学芸員さんはそれを1点1点額装したのだそうです。草稿や、メガネや手作りのパンツ、バッグ、原稿用紙などの遺品もおいてあり、佐野さんのエッセーが好きな私にはコレコレと興味深いものでした。

『100万回生きたねこ』の原画はもちろん圧倒的に存在感がありますが、ほかに
谷川俊太郎さんと結婚していた頃の作品(今の私の年齢くらい)、闘病中同じく病床にあった岸田今日子さんの文章に描いたピンクの豚さんの絵(最期の絵本だそうです)
癌抗癌剤の治療もやめ、筆を握る力もあまりなくなった頃、ソファに横たわってかいた鉛筆の絵(雑誌の挿絵)とか
 ―― 本当は絵だけをみなければいけないのかもしれないけれど、同じころに多く書かれたエッセーと合わせて佐野洋子さんの生きる姿をみられた、そんな気がしました。
スポンサーサイト

DM1000通ほど出しました。

今日は午前10時半からDM発送作業をしました。

やっと2014版『吉備人出版図書目録』が出来、新年のご挨拶も兼ねて著者の皆様や書店さん、図書館などに送らせていただきました。
IMG_5312.jpg
2014版では新たに「趣味・実用」「電子書籍」の大ジャンルと「岡山学」「岡山ビジネスライブラリィ」のグループをつくりました。さらに念願の50音別索引もつくりました。
ゲラが上がってからも索引では実際のページと合っているかどうかを引いて確認したりして相当目を使いました。ページ数の関係もあってかなり文字が小さいです。が、(勝手に)役立つと考えています。

DM発送作業は、午前中はともかく、午後になると30分ごとに休憩が必要となりました。
ある者は眠気を訴え、ある者は肩こりを訴え、ある者は腰痛を訴えたからです。
毎年、この時期に基本的にこのメンバーでDM発送をしていますが、新たな状況か?でも、5分休めばグンとスピードが上がったので、まだ大丈夫みたいです。
昨年版を封入してしまうというトラブルもありましたが、午前中2時間、午後正味2時間ほどで980通終了。
無事、ヤマト運輸さんに渡しました。

もし、届いたらざざっと見てやってください。ご希望のかたはお送りしますので吉備人出版にご連絡くださいね。

蛇口を取り換える

雪が降るのならこれくらい積もったほうがいい。
IMG_8303.jpg
雪遊びができる。雪が食べられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、洗面所の水道の蛇口を取り換えた。
年が明けたころから、洗面台の水道からポタポタと水が落ちるようになった。微妙にレバーの位置を変えたり、強く締めたりすると何とかなっていたのが常時落ちるようになった。蛇口の付け根から水が浸み出してもいる。
寝てる間や、仕事に出ている間に溢れて階下にでも洩れたら大変だ。

どこに修理を依頼していいか見当がつかないので、生活情報誌紙にマグネットで広告している ずばり「水道○○」にお願した。10時半に二人連れの若い男性がやってきて、蛇口の様子をみる。
「奥さん、これは蛇口を取り換えたほうがいいです。」
「修理だったらメーカー保障もつきませんから」
私:「あー、じゃあお願いします」
「ではカタログ車に行ってとって来ますね」と、二人は降りていった。

修理は、木曜日を希望するはずだったが、今日行けます。というので今日になったのだ。財布の中を確かめると1万円札が1枚。あと引出の中に3000円。
費用はこれで何とか足りるくらいに考えていた。

カタログで「これくらいのでどうですか」と見せてくれた蛇口 5万いくらと書いてある。
「シャワーいりませんし・・・」「そうですか、こちらになると固定なので蛇口の向きが変わりませんよ」
現在付いているのは、蛇口が右に向いたり左に向いたりする。シャワーはほとんど使わないけれどその機能は使っているような気がする。固定型は4万円台。あまり値段が違わない気がした。
結局それくらいもかかるということなのだ。1万3千円で間にあうなんてとんでもなく甘かった。

意を決して「じゃあ、これくらいがおすすめのでお願いします」。
プラス工事費と出張費と消費税と値引きで、5万6千円也。1週間以内の代金振込という契約でさっそく工事をしてもらう。

ピカピカにはなったけど、イタイイタイ出費。一週間前に洗濯機も買ったしね。
いわゆる水回り、お風呂の蛇口はぴったり目盛りにあわせないと水が止まらない。台所もときどきコックがひっかかる。

ここに住んで丸14年。修理しなければならないところがあちこち出てきた。10年経ったとき覚悟していたけど、大丈夫だったのに。
人間50歳になったときには「なんだ50ってまだ元気じゃん」と思っていたのが、54歳になると本格的にガタが来たのと同じみたいだ。あちこちが痛む。

スノーマン!

雪うさぎ!
IMG_7782.jpg
スノーマン!
IMG_5270.jpg
こんなに雪が降ったので
IMG_4921.jpg
とうちゃんといっしょにつくりました。
IMG_8558.jpg
土曜日、夜7時半ごろ中国道は北房からタイヤ規制。除雪車の後ろについて大佐に帰りました。
一晩中、粉雪がさっささっさと音をたてて降り、朝には20センチほど積もっていました。今日の雪は固くてよくかたまりました。
スノーマンの胴体は坂から転がしたらうんと大きくなりました。

楽しかったなー 久しぶりの雪だるまは洋物のスノーマン!

お餅がおいしい

おもちはおいしいです。

こどもの頃、友だちからの年賀状には「おもちをたべすぎないように」って書いてあるのが毎年必ず数枚ありました。
大人になって、さすがにそう書いてくる人は居ませんが、私はお雑煮だって、きな粉餅だって2枚で我慢している感じ。
本当はあと3枚くらい食べられるような気がします。
IMG_1126.jpg
もっと何年かぶりに、いや何十年ぶりでしょうか。年末、我が家のお餅つきに参加しました。
姉夫婦の指導のもと、お米を蒸すのは何分で、もちつき機に入れて何分くらいで様子をみて・・・・・何週間か経ってもうすっかり忘れてしまいましたが・・・・・・。そうそう2日前くらいからもち米を洗って、水に浸しておくことも必要です。

蒸気のたつ暖かい部屋で丸めた餅を、寒くて空気のピンとした「奥の間」に並べると、気持ちもしゃんとして正月を迎えるんだという気持ちになるから不思議です。

父は餅が大好きだったので、年末から毎朝雑煮を食べ、寒に入るともう一度餅をついて食べるのを楽しみにしていました。
一年中で一番寒い「大寒」頃につく「寒の餅」はさらにさらに格別おいしいのだそうです。「焼いた餅に塩をふって、熱湯を注いで食べる」というのがおすすめでした。

「もちに飽きたからパンにする」なんて言える私にはそのおいしさの「極み」のようなものはよくわかりませんが。

お日さまの力

レースのカーテンを開けると部屋の中に陽射しが入る。

すかさず海渡はそこに移動する。

私が骨折で入院したときリハビリの先生が言いました。
「毎日15分、体のどこでもいいから日に当たってください。頑張って骨つくりましょう」
海渡の散歩は朝6:40~ と夜8:00~ それぞれ1時間くらい。朝日を浴びるとはいえ、今の季節の陽射しは弱い。
カーテン越しでもいまいちか・・・・・・
カーテンを開けるとのそりと移動する。骨の形成に重要だと動物の本能が命令するのだろうか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついに洗濯機を買い替えた。
同じ日立製で、今度は乾燥機つきだ。乾燥機がないとだいたいは3万円台までで買える。補助的な風乾燥ではなくて本格的に乾かすヒーター乾燥機つきだと安くても7万円台。
・・・迷った末、せっかく替えるのだからと奮発して後者を選んだ。

岡山市の冬は乾燥している。一年を通しても晴れの日が多いのは有名だ。きっと乾燥機は使わないと思う。
効能はよくわからないが、お日さまの力の方が優れているように思う。

広告掲載&目録出来ます!

遅ればせながら、皆様今年もよろしくお願いいたします。


本日は山陽新聞朝刊1面全三段広告出しました。
IMG_4524.jpg
昨年1年間に刊行した吉備人出版の本43点です(一番最後の1点だけは、間もなく出るものです)。
発刊順に文字の大きさも揃えて作成しました。
アイテム数がいつもの年より10点くらい多いので、1アイテムあたりの文字が小さく行間も狭く読みづらいと思いますが、とにかく全部が同じ大きさであることに意味があるというか・・・・・・。
毎年、年始にはこの形で広告を出し続けていけたらと思っています。

2014年版の図書目録も作成中です。こちらは、吉備人出版19年分の市販本約470アイテムと非売本も入っています。
初の50音別索引も作って、全104ページ。ちなみに昨年は88ページでしたからかなりのボリュームアップ!
IMG_8987.jpg
★ただ今、校正中なので、校了すれば1週間くらいで出来上がります。
書店などにおいていただくほか、ご希望があればお送りいたしますので、吉備人出版(086-235-3456)までご連絡ください。

というような仕事で夜なべが続き、少々疲れておりましたが、
またまたブログ再開します。
犬の海渡や、吉備人のこと書いていきますね。
どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします 
Page top