夜桜は見なかったけど。

IMG_4003_20130327122554.jpg
3月27日、この日は雨。吉備人まで徒歩で出勤。柳の緑に惹かれてしばし佇む。幽霊には見えなかったとは思うけど。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旭川河川敷で始まった桜カーニバル。
初日の29日、この日決算下作業がやっと終わり、「今日は早く帰るぞ」と決心。7時過ぎに終業。帰り道、桜道から河川敷を眺めるとさほどの人出はない。
ならば犬連れでも大丈夫と、海渡と夫とともに散歩&夕食がてら夜桜見物に繰り出す。
寒いので、毛糸の帽子、手袋、ダウンを着こむ。「千屋牛、ホルモンうどん、さつまふらい、とうもろこし、イカ焼き・・・・・・」
かなり、空腹だった。

まず千屋牛屋さんに。焼いている間に隣の屋台の神田川の肉まんを買う。せいろの蓋を取るとほっかほかの肉まんが!
1個300円也。まず白い皮のところを海渡に与えた。
と、夫が「なんで海渡一番なん?!」と私を非難した。
何を言っているのさ、海渡はにんにく入ってる餡の部分はたべられません。白い皮の部分をやれば、私たちは中心部のじゅーしーなところが早く味わえるのよ。「そーか」納得したのち、あっと言う間に食べてしまう。

(犬は肉の焼ける間、若いお姉さんたちに「カワイイ」と言ってなでなでされて、腹なんか見せてる)
肉が焼き上がった。500円也。
脂がほどよくまざって「美味い」と夫は言った(私は買うことに夢中で食べるのを忘れていた)。
さらに隣には「ひるぜんやきそば」。「ホルモンうどん」とりやめ「ひるぜんやきそば」購入。500円也。フランクフルト購入1本300円也。

そのまた隣でガラエビのから揚購入。500円也。持参したビニールとフリースを敷き座りこんで食べる。ビールは持参。海渡には長持ちする馬アキレスを与える。
カリッとしてていいね、お酒に合うねとエビをつまんでいたら、海渡にパクッとさらわれた。海渡、夫にビシッとはたかれシュンとなる。

さて、その間「地酒」の幟が気になって仕方がない。「量り売りどれでも1合500円」 ― 私はこれを飲む。寒いから熱燗ならなおよいのにと思う。1合はちょっときつかった。飲んだけど。

ガラエビ屋さんに買いにいった夫が、家族でやってる雰囲気がとてもよかったというので、持ち帰りで、タコ丸揚げと豚串揚げを追加購入。合わせて800円也。
腰を上げて、後楽園側から土手側に渡る。

9時に終了しますとのアナウンス。残り20分ほど。9時になると容赦なく一斉に雪洞が消灯される。屋台の人たちもこのくらいの時間になると片づけに入ってしまう。なんとなく買いづらい雰囲気が漂うなか
「とうもろこし」(500円)さつまふらい(500円)やっぱり購入。
桜カーニバルに二度と行けなくても後悔することのないように。

帰宅して、持ち帰った「タコまる揚げ」「豚串揚げ」「とうもろこし」「さつまふらい」を広げた。

・・・・・・焼きとうもろこしだってタコだって、わずか10分ほど前の夜店ではあんなにツヤツヤしてたのになぁ。
ビールを片手に、口に運んでもなんだかなぁ の お味。
1800円を捨てるわけにはいかないのだが、、、

喜んでいたのは「さつまふらい」をたくさんもらえた海渡さんだけでした。
スポンサーサイト

「やらずにできること」はありません。

春は明るいものがほしくなる
IMG_5509.jpg
モーツァルトの「苺ケーキ」。380円。10年くらい前はモーツァルトのケーキは”高い”というイメージがあったけど、今新しくできているケーキ屋さんにくらべると大きくておいしくて”安い”と感じる。

ちょっと前のこと、ケーキを4個ほど選び、箱に入れる段階で「お持ちかえりの時間は?」
と問われた。「明日、知り合いに持って行きます」と答えたら
「お売りできません」と返された。

「えっ?!」と一瞬引いて、「すぐに冷蔵庫に入れておいて明日持って行くのですが」
というと
「本日中に召し上がっていただきたいので、やはりお売りできません」 ― 毅然と答えられた。

よく行くお店だし、そこを何とか と思ってしまったけれど、「品質」を追求するゆるぎない姿勢に感心。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、
「やってもできないこと」はあります。
でも「やらずにできること」はありません。
と、今日読んだ雑誌、日経ヘルスプルミエで樋口恵子さんはおっしゃってました。

ぐっと心に響いたんだけど
夢をかなえるために挑戦する とかいう大きなことのようなら、
「はて?私は何をやりたいのだろう」と考えるけど、もっと現実のこととして響いている感じ。たとえば、部屋の片づけとか。デスク周りの整理とか。宝くじも買わなきゃ当たりません のような。

もひとつは
リクルートフェイスブックページに現れた「50代女性のあなたに」座右の銘キャンペーンでは
「目の前にあるのは壁ではなく、扉なのかもしれません」

春ですから、モーツァルトのケーキのように明るく、誠実に、そして前向きにね。
IMG_4215.jpg ★オレ後ろ向き。

4歳だぜ。

ヤッホー!! オレは今日4歳になった。人間でいうと32~33歳だそうだ。
そんなことはどーでもいい。
朝の散歩。今日は珍しくかあちゃんと。ったく出るのが遅いからシーシー満タン。あーーースッキリ。
さぁ行こうぜ!
IMG_6791.jpg
桜カーニバルは3月29日から。雪洞も立ったし、川に橋も何本か架けられた。にぎやかになるぞ。
誘惑が多くてさ、肉のかけらだの、たこやき入ってたパックだの。オレついつい臭いにつられてフラフラ行くから、とーちゃんにキュッと締められるのさ。
IMG_8734.jpg
おっと、桜が咲いている!昨日まではつぼみだったはずだ。
IMG_7628.jpg
このベンチに座って去年は花見したんだそうだ。オレは留守番だったけど、おじいちゃん、おばあちゃん、とーちゃん、かーちゃん揃って満開(オレ犬にしては難しいコトバ知ってるな・・・)の桜の下で弁当食べたらしい。天国のじいちゃん覚えてるかい?今年も咲くよ。
IMG_8963.jpg
これは何の花だ??
IMG_3326.jpg
今日は忙しいから早く帰ろうといってたくせに、かあちゃんは後楽園のお城が見える側を回るといいだした。
お目当ては この花。
IMG_4994.jpg
かあちゃんは「かいちゃん、白も絶対咲いてるよ。きれいだからね~」と甘い声をかけてオレを誘った。悪いけど花の色、分からない。

なんのかんのと花の下でたちどまっては、1時間半。
オレは今日、かあちゃんの散歩につきあってやった。大人になったみたいだ。4歳だもんな、オレ。

ブログ1000回を超えました!!

2007年3月23日に始めたこのブログが どうやら1000回を超えたみたい
IMG_3193.jpg
当時大学生だった娘が設定してくれた。

ブログを読み返すと、2007年には息子が大学を卒業して、就職。
まだまだ元気で農作業をする、おじいさんも度々登場する。

会社の様子はあまり変わりなく、
毎年毎年、この季節には棚卸と決算に追われている。

6年前の3月末発刊の本は『或る明治女学生日記』と『謎を秘めた古代ビーズ再現』
吉備人の市販本で280冊目くらい。今、約455冊だから
18年間の吉備人出版の3分の2で280冊、残り3分の1で175冊・・・。

50肩になったり、本当に50歳を迎えて、超えて
海渡がやってきて、無傷で綺麗だった我が家がなんだかなぁ になって・・・
その海渡さんも、あさって4歳を迎えます。

自分でいうのもなんですが、激動の6年間でした。
あたたかいコメントをくださった皆さん、本当にありがとうございます。

昼間にパソコンに向かっていると、夜には目が痛くなるという体力の低下を理由に更新も滞りがちで(この間、10日もあけてしまった)
自分でも残念だなぁ。

でも、ぼつぼつと続けていこうと思います。
これからも よろしくお願いします。
IMG_5036.jpg★とてもきれいな色なのでもう1枚、花束の写真

広告写真に使われるらしい

後楽園の駐車場に車が多いな と思っていたらいつの間にか梅が開花していました。
これは石山公園のしだれ梅。
IMG_1420.jpg

雑誌を見ていたらきれいな写真が多いが、バックに置くものでずいぶん印象が変わるのだと思う。
広告写真と呼ばれるものだけど、色などはグラフィックソフトで変えられるものの、質感だとか、シチュエーションだとか、何を訴えたいのかとかで脇役の選択は異なるものだと思う。

先日、東京の制作会社から電話をいただいた。
雑誌に使うトレッキングシューズ広告の写真のバックに「登山詳細図」を置きたいというものだった。
「靴メインでその後ろにぼかす感じで・・・・・・」
代表に電話を回すと、「どうぞ使用してください。よろしくお願いします。できれば広告記事掲載の雑誌を送ってください」

今日も、雑誌を何気なく眺めていた。

もしかしたら、本物には本物をというか、いかにそのシューズが信頼できるものか というために、「登山詳細図」が選ばれたのではないだろうか?
または、身近な山の地図だから、気楽に買いやすいものとしてかもしれない。


とても誇らしい気持ちになった。

IMG_2353.jpg 
★だけどオレは梅には興味なし・・・・・・梅に背を向ける海渡

今週の記憶

花
チューリップ、散りはじめたので捨てようと思って洗面台に置いたら、透ける花びらが美しくて・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あーーー今週も終わってしまう。
記憶に残っているのは、火曜日。早く食卓についたので、スタードラフト最終回「ダンススター」を見て技術に高さに驚き、NHK「いつか陽のあたる場所で」の飯島直子に涙し、「キャサリン三世」男子はこんな女にぐっとくるで ピース綾部に納得し(・・・どんなだったかというと、タイツは、ひざを折ったときに肌色がすけ、伸ばしたときに黒になる その変化が大切なのだ とかいうのを自ら女装してプレゼン)

水曜夜の記憶はない。今日は「最高の離婚」を見た。
今期のドラマはこの「いつか陽のあたる場所で」と今日木曜日の「最高の離婚」だけしか見ていない。

テレビしか見ていないみたいだけど、ご飯も食べるし、お風呂にも入る。でもそれ以外に というと何にもしない。思い出した。あ、水曜日は夫に代わって海渡の夜の散歩をしたんだ。

毎朝、掃除機を小一時間かける。せまい室内なのに結構時間がかかる。
海渡にくっつくとふかふかと気持ちいいのに、床に落ちた毛はストレスになる。そりゃあそうだ。人間でも髪の毛は愛おしくてナデナデするかもしれないけど、落ちた毛までは愛せないよね。
なんて思いながら、これから先暖かくなるとさらに抜けることを覚悟する。

会社では、棚卸も終わったので在庫の照合をする。毎年のことながら、なぜか伝票と合わないものが出てくる。
カウントミスか記入ミスか?、伝票漏れか?
現数がすべてとはいえ、間違いはできるだけ直しておきたいものだ。今週中には型をつけたい。
今週中というと明日までということになる。

あーーー今週も終わってしまう・・・・・・

距離感

2月半ば、石関町銘木会館隣に新しく入った⑤デリ。今日は海渡はかあちゃん&とうちゃんといっしょに行きました。
まるご
とうちゃんは中で何か買ってくれてるはず。おれのためにも何か・・・・・・

ちょっと寒かったけど向かいの石山公園のベンチに座って食べました。海渡にはマフィンを買ってやりました。

今日は日曜日。
来客はないので吉備人事務所に海渡同伴で出勤。
この時期、決算にともなう事務処理で忙しい。
海渡は人が来れば吠えてしまいますが、スタッフだけならおとなしい。
⑤デリにはお昼ごはんと散歩を兼ねて出ました。店内でも岡山城が見える絶景スペースで食べることもできますが、もちろん持ち帰りもOKです。
2階は禁煙スペース、3階は喫煙スペースだそうです。
まるご2F
2階はこんな感じ。向うにみえるのは後楽園。実はちょっと前、こっそり一人で行ってみた。

石山公園には、お弁当を持ったご夫婦と小さな子どものファミリー、ホームレスらしきおじさん。
水のみ場もあるので、犬にもよい公園です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日は、相生橋の南にかかる水道橋を海渡と渡って出勤。
少し橋に入ったところで、初老のご婦人が何か言っています。
???
「どっちかに寄って!私は犬が恐いの!!」
真ん中歩いてるわけでもないし、ずいぶんご婦人とは距離があったのだけど・・・・・・
私にはそう思えただけで、
距離感っていうのは、人によって違い、この方は”ずいぶん距離がある”とは感じなかったということみたい。

以前、郵便局で振り込みのために窓口に並んでいたら、
前に立って手続きをしていた方に
「もう少し下がって!」「ここまで」と指示されて驚いたことがある。
「えー 下がってるよ。それに人のなんて見る気ないし」と思ったのだけど、「はぁ、すみません」と下がった。

やっぱり、身を守るためのその人の感覚のようなものがあるのだろうな。
人と人との距離感にもそれがあるのかもしれないな。とぼんやり思う。海渡と私の間には感じないけど。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてまた、1週間が始まります。
  いや  頑張りますとも。

ブロッコリーは食べないはず

昨日は棚卸と18期終了の慰労会。4人で「野菜食堂こやま」に行きました。
IMG_4740omukae.jpg
前菜・サラダ・スープ・野菜とサワラの料理・ごはん・デザート
デザートまでは一切砂糖を使っていないそうですが、コクがある。決して物足りないと感じさせない薄味。
IMG_2160メイン
ボリュームもしっかりあって、私はお腹がいっぱいになりました。
「おいしかったね。体もあたたかくなってやっぱり「こやま」じゃなぁ」と。帰ってからブログで報告を と張り切っていたのですが・・・・・・

胃が、激しく痛むのです。最初はチクチク「あ、ちょっと食べすぎたみたい」「飲み過ぎ???」
ひどく張っているし、脂汗も・・・・・・もしやこれは・・・・・・
そう、私はブロッコリーアレルギーなのです。最初は20年くらい前、菜の花。同じ症状がブロッコリーでも起こり、ずっと避けてきました。
たまに食事を予約するときなど、食べられないものがありますか?と聞かれたら「ブロッコリーと菜の花」と答えていました。

ところが最近、「ちょっと食べてもみてもいいかな」という欲望が芽生えてきており
鰆の下にあるブロッコリーがとても美味しそうだったのと、こやまさんなら大丈夫との勝手な思いで口に。
正面に座る夫の「大丈夫なん?」の視線も感じていたのに。
もちろん美味しい、とっても美味しい。アレルギーはまずくて舌が受け付けないのなら起こらないんだろうけど食べられるから食べてしまう。

結果
そりゃぁもう、胃が激しく痛い、脂汗はでる、寒気はする、力が入らない・・・・・・横になってハァハァしてるしかないけど横になってじっとしていてもどうしようもなく痛い
吐き気も下痢もしないので耐えるしかない。

これが、一晩続き、いつ眠ったのか分からないけど、目覚めたら治まっていた。
今でもお腹に違和感はあるけど、いったいどうして治るんだろう??

まいったなぁ。もうブロッコリーは食べません。絶対に。

前菜:右奥はひじきです
koyama1
サラダの写真をアップするのを忘れました。が、サラダ そして、里芋のスープ
IMG_0685su-p.jpg
玄米ごはんとふきのとうみそ。ふきのとうには冬の間に体に溜まった毒と塩分を出す効果が。
IMG_3593ごはん
デザート:手前は乳製品を使わないチョコレート。かぼちゃプリン、胡麻プリン
IMG_5822デザート
そして人気メニューから厳選70レシピ掲載の『野菜食堂こやま』(吉備人出版・刊)の本もよろしくお願いします。
Page top