『ドマーニ』3月号の特集「手は女の人生です
te
それぞれの職業の人たち、30代~40代とおもわれるけど、手も職業に合わせて”進化”するのです。と書いてある。
右頁上は太く短い親指が特長のエスティシャン、右頁左下は洗剤や火を使う料理人、左頁は「相手の視線を奪うなめらかな」手が商売道具の人たち ― クラブのママ、受付嬢 など。

私の手は、どうだろ。関節が太くゴツイ。
絶対、指輪は似合わないと、自ら結婚指輪さえ辞退したほど。「相手の視線」を絶対に避けたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな手の形状はともかくとして、紙を扱うと水分がとられて手が荒れる。
昨日、今日のような棚卸作業では、それにさらに埃が加わって、いつも手、とくに指先がぱさぱさになり、ささくれもできる。
そこで、今年は先日テレビで見た手モデルの人が実践しているというケアを真似てみた。
ハンドクリームを塗って医療用の薄手袋をするというだけ。それで掃除機をかけるなどの家事をすると手の汗で逆にしっとりとするらしい。

まず、ハンドクリームを塗って薄ゴム手。
ゴムなのですべらず本を落とすこともない、ペンも握りやすい、荷紐なども扱いやすい。(ただテープ類はくっつくと面倒なことになります)ゴム手袋をとると確かにしっとり。

手のきれいな人がとてもうらやましい。
テレビ番組で手の美しさを褒められた佐伯チズさんが言っていました「とにかくよく洗うことです」。
よく洗って、水分を残さないように拭き取って、ハンドクリームをまめに塗って・・・・・・

触る相手が本だったりするので、ごついのは許されるはず。形は悪いけど、とてもよく頑張ってくれている手なので大切にしてやらねばね。
スポンサーサイト

登山詳細図チラシつくりました。

ジャジャン!できました!
チラシ

久しぶりの手書きチラシです。(イラストは画力がなくて自力は断念。フリーのイラスト帳からアレンジして使いました)
スクリーントーンなんかも使って、なんだか書くのが楽しかった
スミ1色ですが、これは印刷イメージでカラーコピーしてみました。

三月の初め、情報誌「リビングおかやま」(岡山リビング新聞社)に折り込みます。
地図を使ってくれる人が増えますように!

さて、今週は棚卸ウィーク。そして、そのあとは数字とにらめっこ。
うーーーん!がんばらなくっちゃ。あくまでも心やわらかに~

岡山神社でおみくじ

節分も過ぎたので、喪中につき遠慮していた岡山神社に行ってみました。カラフルな蛇さんが巻きついています。
IMG_6749.jpg
さて、気になっていたのは「おみくじ」。
なんせ過去2回「入れ過ぎれば袋は避ける」との御言葉を引いたから。

ことしは違いました。「争いごとあり、心やわらかに交際(すご)せよ」あらそいごとなどあっても、がーっとつっかかってはなりません。おだやかにおだやかに ということみたいです。
そうです。たしかに私は「がーっ」です。まず、この御言葉をしっかり心に刻んでおかねばなりません。

○恋愛・・・「なし」(もっと違った言葉だったかも、でもこれに近い)・・・成らずではありません。まぁ、既婚ですからね。それでもいいですけど寂しい運。
○失せ物・・・「見つからず」・・・冷たい言葉。
○旅行・・・「病気に注意」・・・・・・え、旅行すると病気になる可能性が?
○転居・・・騒がぬが吉・・・しない方がいい という意味ですよね。

他の項目は忘れてしましましたが総合的には「末吉」で、全体的になんだかそっけない感じの運。一番下の「吉」。「いいことが少しくらいはあるかも」程度か?とにかく心やわらかに~やわらかに~。

びっしりと結び付けてあるおみくじをちらっと見たところ、同じ御言葉のものはなかったように思いました。
誰が考えてくださるのか分からないけれど、自分のためになることばが書いてある。
おみくじって深いわ。

ほろよい~の!

★2月10日、表町周辺飲み歩きイベント「ほろよい~の」に。
3枚つづりのチケットを買って、イベント参加店を3軒回れます。チケットは2100円(前売り、当日券は2400円)。基本1ドリンク1フード。
エリアは表町から北は中山下、東は丸の内、南は京橋、千日前くらいまで。

吉備人事務所から近いところなので、私と夫は、行ったことのない店に行くことにしました。
それぞれの店で開店時間が異なります。西川界隈「ハレノミ~ノ」の経験から、チケット購入時にもらえるチラシをよく見て、事前に何時からこの店にと、狙いを定めて行くことが入りそびれないポイントです。

一軒目は京橋の「桃源郷」中華です。このたたずまいは高級料亭・・・・・・
こんなイベントじゃなきゃ絶対入れない。
ほろよいーの2
○紹興酒かビールを選べました。ビールをお願いしたらドーン!中瓶が一人に1本でてきました。
ほろよいーの1
前菜盛り合わせ(麻婆豆腐、豚の軟骨甘煮、棒々鶏、おこぜのから揚げ)いい写真が撮れていませんが、美味しい!4時の開店時間5分前に行きましたが、開店と同時に満席。

2軒目は表町2丁目横丁「ごはんBAR伊用」。
明るい呼び込みに誘われて入りました。残念ながら写真は撮りそびれましたが、女主人ゆみさんは19歳で店を持ち、一人で40年続けておられます。料理も一人でこなす若々しく、気さくな方でした。
○数品のおばんざいの中から2皿チョイス。鳴門金時の天ぷら、玉子焼き、筑前煮、スパゲティサラダ。ドリンクは生ビール、夫は角ハイ。
途中、イベント盛り上げ隊・よしもと岡山住みます芸人「江西あきよし」さんが入ってこられました。

3軒目、目当ての三丁目「ビストロ山下」は行列。
最後のお店・・・Barは食べられるところか・・・お腹がたりなかったので、おなじく3丁目の「こてこて」へ。
ほろよいーの4
○カジュアルなお店で、元気なおねえさんが迎えてくれる。
鉄板ハンバーグ(ソースは数種類から選べる)とドリンク。私は生ビール、夫はワイン。
ドリンクのプラカップは残念だったけど、ハンバーグしっとり&カリッ。あつあつでグッドでした。
ほろよいーの5

このあと、もう1軒 ジャズ喫茶 JORDANへ。
ほろよいーの3
○レコードの温かい音に包まれながら、珈琲を。
「JORDAN」も「ほろよい~の」参加店なので、当日券価格800円で、ほどよく煮込んだビーフシチューもいただきました。

チケット持ってお店に入るとにこやかに出迎えてくれて、いっしょに飲んでいる人たちもみな笑顔。フェアな感じがまたいい。とっても素敵なイベントでした。

まだアラフィー?

hana
もう、「アラフィー」とはいえない・・・

ま、いいか・・・

わたしは、わたしが結婚した時の母の年齢になった。

そのときすでに姉二人も結婚していて、孫も3人。ふつうに”ばあちゃん”と思っていたけれど、そうでもなかったんだ。

考えてみれば今のわたしより、当時の母の方がずっとエネルギッシュだったように思う。
父はまだ現役の勤め人だったから、休みのない農作業の中心であり、婦人会の会長で、イベントがあれば特産品の販売に行ったり、孫を預かったり。詩吟もやっていた。

あるとき、父が泊りがけの出張で土曜の夜居ないことがあった。
その夜わたしは、夫と共に大佐の家に戻った。
「ひとりでは寂しいだろうから帰るわ」とわたしなりの思いやりの電話。
「ああ、そう。」
考えてみれば、寂しくはないわな・・・毎日毎日帰ってくる夫から解放されて”ほっ”だったのではなかろうか。

わたしが思っていたよりも、ずっと母の身体も気持ちも若かったのだと思う。

あれから30年。

母から「誕生日おめでとう」の電話。
「54かな。大きゅうなったなぁ」
「驚いたらいけんよ。二番目の娘は57、一番目の娘は60よ」
「ありゃー そんなになるん。ハッハッハ」

30歳の年の差は縮まらないけれどね。

2月3日「節分」

2月3日「節分」。夕方二人と一匹で散歩に行った。
2013.2.3no3
「節分」なのに、豆も恵方巻きも食べなかった。これは近年めずらしいことだった。と、この時間にして思う。
2013.2.3no2
土曜日はぽかぽか。今日は寒くなると言っていたのに、この陽射し。2週間前に植え付けた花も元気よし。
20132.3no1
夜、ご主人さまの足元に眠る海渡。フリスビーで全力疾走。疲れたらしい。

午後、車を点検に出している間に、二人でさんすて西口から駅周辺をぶらり。
さんすて西口は初めてという夫を案内して、若向きではある小物をみたり、ドーナツ屋さんにいったり。

東口に回って、ビックカメラで夫は携帯の液晶保護シートを、私はケースを買う。二人ともiPhone4sを約1年前に購入。が、いまどき、ケースもシートもメイン。ちょっぴり、疎外感・・・でもきれいになってうれしい。節分だしね。
CD-Rと酒売り場で「竹鶴」。

無印で今年のカレンダー、三省堂で本。衝動で”靴”。

靴は余分かもしれないけれど、ちょっとずつができなかったこと。
焼き肉屋さんにも行った。これも何カ月か振り。

明日から「春」だね 
Page top