夢二のデザイン

ブログをアップしようとしていたそのとき
「ドーン」という雷の音。中途半端なままアップしていました。スミマセン。

夢二グッズ

夢二は「港屋」という自らのデザインした小物を売るブランドショップをもっていました。
草花や物語をモチーフに図案化してデザインし、ここで売った半襟、封筒、便せんなど若い女性の間で大流行したそうです。

夢二郷土美術館のミュージアムショップは 買いたいものがいっぱいあります。デザインが復刻された一筆せん、ポチ袋、封筒、うちわ、はんかち、絵葉書
どれもが今流行している紙物文具や染め物絵柄の原型となっていることがよく分かります。

館内には夢二が装丁した雑誌や本、楽譜、自らの著書、挿絵の原画、などがあります。
「宵待ち草」の歌や猫を抱いて黄色い着物を着ている有名「黒船屋」の絵画が印象的でしたが、
ブックデザインや図案などデザイン方面でもすごい人なのだということを恥ずかしながら初めて知りました。
著書も数多くあります。”岡山の人”というだけで知ったつもりになっていました。

「夢二郷土美術館」小さな美術館ですが、新しい発見がいっぱいでした。
スポンサーサイト

貼ってはがせる「mt」

夢二郷土美術館の前を毎日通ります。
イベントが終わったので月曜日の朝には入口のドアは元にもどりました。会場になっていた喫茶室も元のようになっているはずです。

考えてみればこんな風に自由に装飾して元の状態に戻せるも「粘着の技術」に支えられた「mt」だから。
「mt」の原型は工業用の養生テープ(マスキングテープ)。
「手で簡単に切れ、湿気のある部分にもよく付き、しかもはがしやすく、はがす際は破れにくく、はがした面に接着剤が残らない。直線にも曲線にもきれいに貼ることができ、粗面や凸凹面にもなじみ、コーナーでは容易に折り曲げられ、重ね貼りや貼りなおしも可能」(『粘着の技術』 ― カモ井化工紙の87年・吉備人出版 刊)ということがどんな被着面にも必要とされるそうです。

ワークショップでもこどもたちは、しゅーっと貼ってしゅーっとはがす・・・失敗をおそれず自由に創作しているようでした。和紙ならではのスケ感もよく、重ね貼りの楽しみもあります。

夢二テープ
夢二郷土美術館オリジナル「ゆめじ和紙てーぷ」7種類あります。
和紙の素材と夢二の絵がよくマッチしています。

「mt style at 夢二郷土美術館」で舞い上がる

マスキングテープ「mt」でデコレーションされているのは
夢二郷土美術館mt2
岡山市中区浜にある「夢二郷土美術館」。今日26日まで「mt style at 夢二郷土美術館 」http://yumeji-art-museum.com/yumebi/?p=3101が開催されていました。
夢二郷土美術館mt1
文具屋さんで見る「mt」は限られていますが、mt style・・・のイベントでは夢二郷土美術館喫茶室がmtの館に変身していました。全種とはいえないまでも数限りないデザインのものが並べられ、分かりやすく壁にデコレーションされていました。

ワークショップでは、「試し貼り」。ミニボックスやカード、ミニレターなどにいろいろなmtを使って自由に貼っていきます。鋏を使っても手でちぎっても模様を切りぬいてもOK。テーブルにいっぱいmtが置いてあって好きなだけ使えます。かなりのときめき
左側のミニボックスを作りました。赤いのがお気に入りです。
ライオンさんをきれいにしてあげようというコーナーもありました。若い女性ファンが多く、子連れの方は子どもさんが飽きるとライオンさんの所へ連れて行って一緒にmtでデコしていました。
mt3
写真 右側にならべているのは夢二郷土美術館オリジナルデザインの「ゆめじ和紙てーぷ」。夢二の描いた絵や千代紙をモチーフにした「mt」です。昨年の夏くらいから販売されています。

こんなにたくさん並んでいるのを見たことがなかったので、何を買おうか迷ってというか舞い上がってしまって、帰って並べてみると、オリジナルのものとそれ以外は案外大人しいものを買っていました。でも嬉しい。
お菓子の家ならぬ「mt」の館 ― 楽しかったです。

ウォーターボーイズ再放送中

ウォーターボーイズ3
おじいさんのところに午前中行くといいこともあって、フジ系OHKで「ウォーターボーイズ」の再放送が見られる。
左から 瑛太 ? 山田孝之 森山未來 ? の5人。これより前の映画、「ウォーターボーイズ」妻夫木 聡や玉木 宏のも何度も見た。テレビ版は続編としてつくられている。
テレビ版もとても面白い。前にも見たけどやっぱり面白い。
今は存在感のあるリッパな役者さんばかりが2003年放映当時は18歳くらい(ついでだけどウチの息子も当時18・・・・・・)。みなさん顔が美しい。
今は毛が濃そうで凄みのある山田孝之も肌がすっべすべ。一途なところ、熱いところ、親や進学で悩むところ 自転車 教室 プール 職員室 青春だなぁ。
他に 田中 圭なんかも出ていて、みんな若い。主題歌は福山雅治の「虹」おおー、そうだったそうだった。
ウォーターボーズ2
さて、肝心のおじいさんですが、喉や口周りの筋肉が衰えるのでラッパを吹いたりするのがよいそうです。
らっぱ
なんだか切ないけれどかわいいでしょ。ちょっと吹ける。

★オレ海渡。3才5カ月だ。

オレ 誰にも気付かれないまま、昨日3才5カ月を迎えていた。
kaito8222
チチハハ(人間の)の食事が終わるのを見計らって、遊べ遊べと言ってみる(目で)。「カメ」を捜査するのが大好きである。あるときはベッドの下、あるときは棚の上、カーテンの陰 と嗅ぎまわる。見つけられないことはほとんどない。
我ながら優秀なカメ捜査犬だと思っている。まぁ大体、チチハハの考えそうな隠し場所くらい分かってるから、クンクンとやってたしかめれば簡単なことだ。

kaito822
★ご褒美が、肉だったりチーズだったりすると、こんな顔になるのだ。
がんばるぜ、オレ。

テンプレート替えました

★トマトの玉手箱
とまと
ブログのテンプレートをいろいろ変えてすみません。なんだか自分でも落ちつきません。
なぜ変えるかというと、立ち上げるときに意外に重くて遅かったり、コメント送信に不具合があったり、記事の画面と横の過去の記事の欄などがずれていたりしたからです。

私が使わせていただいてるFC2ブログはテンプレートのデザインが豊富です。
選ぶ基準として一番は、すっきりしていること、日付がはっきり見えること。あと好きな色遣いなど。

ここのところ、あまりブログも書けていません。我ながら残念
吉備人出版の日々の様子は 公式フェイスブックページ でぜひチェックしてくださいね。

2012年・夏の思い出

ロンドンオリンピック決勝戦、なでしこ対アメリカ戦の朝。
午前4時頃。開始して数分後に点を入れられた直後。岡山駅も街も眠っている。
なでしこの朝6
午前5時。岡山駅に灯りがともった。
なでしこの朝5
午前5時半。新幹線のホームに灯りがついた。正面ホテルグランヴィア。右全日空ホテル
なでしこの朝4
午前6時
なでしこの朝2
6時半
なでしこの朝3
午前7時。朝だ。
なでしこの朝1

済生会の病室から見た風景。前日、おじいさんが急に熱が上がったから病院に泊まった。おかげで、なでしこ戦はしっかり見たけど音を消していたので迫力が今ひとつだった。

2012年夏の思い出・・・他に何もないけど、後年ロンドンオリンピックサッカー女子決勝戦は午前3時45分キックオフで済生会病院で見たよ と話ができそう。

「東丹沢登山詳細図」入稿

「東丹沢登山詳細図」入稿原稿のチェックをする著者の守屋二郎さんの手元
丹沢登山詳細図1
今日の午後 踏査・監修・解説の守屋益男さん、踏査・総括の守屋二郎さん親子が吉備人出版出版に来られました。
丹沢登山詳細図2
踏査が終わると、国土地理院の地図では六枚の地域に分かれている25000:1の地形図をこの丹沢に合わせて1枚にまとめる→16500;1にする→そこに踏査した登山道の距離、目印、などコースの情報を書き入れていく・・・と書くと簡単そうですが いやいや・・・
そもそもこの地図は「道まよい」を防ぐ目的で作られたもの、「こんな感じ」といった簡単なものではありません。
正確に、目標となるものを的確に、そしていろんなコースで安全に山を楽しめるように。

この秋10月を目標に編集作業。
今日は地図原稿入稿でしたが、このあとは印刷会社さんがこれを元にデータを作っていきます。
これも細かい大変な作業だと思います。ポイント、ルート、ルートのランク、距離、その他諸諸を1枚の地図、印刷データにするのですから。
情報の間違いがあれば地図としては完全NGです。著者と一緒に校正作業を続けていきます。

踏査の様子は、著者・守屋二郎さんのブログ「登山詳細図世話人の日記」http://mordred1114.blog.fc2.com/ をご覧ください。山の美しさや、踏査の苦労などが見られます。

今日の話では 「踏査中、ずーっと一緒にいると喧嘩もよくしました」
「オヤジに(解説文の)原稿をいっぱい削られました」
「蛭にいっぱいくっつかれました」と聞きました。
でもなんとか入稿にこぎつかれた お二人の顔は晴れ晴れ。

秋のシーズンまでなんとか間に合うようがんばりましょう。

なでしこと犬

海渡選手 スーパーセーブ!!
2012.0807海渡スーパーセーブ1
深夜 オリンピックのなでしこ戦、
興奮する飼い主の「きゃー!」とか「こわいー!」とか「スゴッ」とか言う声に反応して、
自分も遊んでもらえると勘違いした犬。「遊べ遊べ」とボールを咥えてくる。

なでしこ-フランス戦と同じピンク×白のボール。
海渡さんのは木綿の布製サッカーボールで、1年前湯の郷ベルのホーム湯の郷に行ったときにおみやげに買ったもの。(なでしこ合宿入りの前日、前日入りするのではないかとのもくろみで湯の郷温泉に泊まってみました。残念ながらまだでしたけど。宿の仲居さんが目を輝かせてワールドカップ観戦の話をしてくださいました)

聞けば湯の郷地区のおばあちゃんの手縫い。5角形の布が縫い合わされています。中に綿が入って程良い固さで噛みつきやすい。
重さも少しあるので投げてもよし、蹴ってもよし(室内なら)。
子どもにも 犬にも安全です。

夜中の3:00まで、「わーっ」と叫べば駆け付け、「頑張って」と祈れば不思議そうにやってくる海渡。
目の離せない試合によくお付き合いいただきました。
きっと、あなたは今頃爆睡しているのでしょう・・・。

湯の郷の人たちは眠れない夜を過ごしたでしょうね。福元、宮間がんばれー!!!

イヌと花火の夜

★ウン?? 何か妙な音が・・・
8月4日 午後7:00 パンパンパンと破裂音。間もなく花火大会開始の合図です。
旭川川上に向かって逃げようとする海渡。本能的に音から遠ざかる
かいと逃げる
★なぜだ?なぜ皆、南に急ぐ??
急ぐ人
★7:30花火大会開始時間までカウントダウン。
薄暗くなってきた。
さくら道も車両通行止め。川下に向かって人がいっぱい動く。ただならぬ雰囲気にイヌはいやーな予感。
急ぐ人2
この辺りでも土手側にたてば木の間から花火が見える。花火が始まるともう耐えられずイヌの海渡さんは人の波に逆らい家へと急ぐ急ぐ。

★家に帰ってからは、窓から一番遠い部屋(といっても間一部屋ですが)のベッドの下にうずくまり、「おいしいよ」という誘いにものらず、じーっとじーっと音が鳴らなくなるのを待つイヌ・・・
おととしは、大パニックで涙をながしながら(ホントですから)、ドアの外に出ようと家の中を走り回ったっけ。

ちょっと、しのぎ方を覚えたのかもしれません。

満月の夜に思うこと

満月の夜と狼?
月夜 

午後8時、西口の横断歩道で白いワイシャツとズボン姿のサラリーマン5〜6人のグループといっしょに信号を待つ。仕事帰りにどこかで一杯やってきたようだ。
「ビックカメラのところのラーメン屋に行こう」
「替え玉がタダらしいよ」
「替え玉にも具が付いて来る」
その後、駅に上がるエスカレーターでも、ずっとラーメンを食べる話をしている。
40代半ばくらいかしら。飲んだ後にラーメン食べて、さらに替え玉とはすごい。

月夜。
おじいさんの病室。カーテンを開ければ空が見える。中空まで月が昇ればベッドに寝ていても月見ができる。
8時前まで待っていたけどまだ低くて見られないのであきらめた。
駅まで歩いて東口のエスカレーターを降りたら、高島屋の上に月があった。

こんな明るい晩、一杯やって帰ろうや というの、ちょっといいなぁ。やってみたい。。
その後のラーメンは、デブになりそうで怖いけど、ある日突然サラリーマンに変身していて、それができる胃と肉体をもっていたらぜひ食べてみたい、そして「替え玉」と注文する。

豪快だ。
別にサラリーマンに変身しなくてもやっていいと思うけど、ゆるんだワイシャツ姿、まくり上げた袖、ややくたっとなったズボン、出た腹、大きな声というのが「一杯やる」っていうのにふさわしい。
Page top