深夜にラジオを聴く

1kaito 眠くて眠くて あー眠い が左耳だけはキッチリ起こして仕事してますぜ

深夜といわれるこの時間、ふとラジオをつけてみた。父が施設に入ったとき、テレビまではね ということになって、購入したラジオがある。今は テレビを買ったので家に持って帰っていた。

NHKFM「ラジオ深夜便」がちょうど始まった。
「思い出のメロディー」に出演した深夜便の元パーソナリティーの女性が(この番組ではパーソナリティーではなくアンカーと呼ぶそうですが)「ラジオ深夜便」が始まったとき、民放とは違うところ、「ゆっくり一人一人に向かって話す」「曲は途中で切らず、最後までかける」という決めごとをしたと話していた。
私もいつも思う。この歌好きだな このフレーズが好き という前にブチリと切れてCMに変わったり、フェイドアウトしてパーソナリティーの声がかぶさったりすると「なんでここで切るのよ、最後までかけておくれ」と。

今は 山川静夫の公演が終わって、八代亜紀の「デスティニ―ラブ」という歌がかかっている。3時台は石川さゆりの特集ですって。

中高生の時、 勉強はそこそこに深夜放送にどっぷりと浸かり、結婚してこどもが幼児だった時にも昼間は子どもたち&その母親たちと遊んで夜中に家で仕事をしていたので、結構深夜放送を聴いていた。

夜中に音を流すなんて久しぶり。
それも「ラジオ深夜便」・・・いつのまにかすっかりシニアになりました。
スポンサーサイト

ジョリーフォックス

以前丸の内2丁目(町内会じゃん)にあったジョリーフォックス。林原美術館の裏手、石垣の後ろにあったお店です。
お昼のランチは フルーツたっぷりのサラダ&パスタ&デザート&カフェコンパンナ(エスプレッソにクリームが載ったちっちゃなコーヒー)orオレンジジュース。
夜はいくつかの2500円くらいのコースメニューだったと思います。木造りで雰囲気が温かいだけじゃなく、不思議と冬は本当に暖かいお店でした。
大安寺の方に数年前に移転され、西署のほうに向かっていく大きな道沿いなので場所だけ確認してなかなか行けずにいました。

★ジャーン!秋のフルーツサラダ。このボリュームは変わってない!
と言っても写真は少し食べてしまったあとなので 上に載っていたポテトサラダや何やかやが消失してます。柿、リンゴ、メロン、他にもごろごろ。下にスパサラダが敷いてあるので、これだけで立派なメイン。
どこかの店で食べたら このひと皿で1200円はするね。1200円はここのランチの価格です。フルーツサラダ
★ランチは ペンネのチーズグラタンかイカスミのパスタが選べます。イカスミたっぷり。意外とあっさりしてますよ。夫はペンネグラタンを選びました。
いかすみパスタ
★デザートはゼリーとヨーグルトムースとチーズケーキ。「混ぜて食べるとおいしいですよ」と奥さま。
デザート

どうです。これで1200円はGOODでしょ。
★何年かぶりだったのにしっかり私たちを覚えていてくださって とっても嬉しかった。
お店は温かさはそのままに、明るく広くなりました。
店の前には2台分の駐車場ですが、裏の駐車場には5台停められるそうです。今度は夜、チーズフォンデュを食べに行きたい。

本の重さ

ゆず  ゆずの砂糖漬け。さっぱりとおいしい。
まだ青い柚子だったので「柚子胡椒」をと意気込んで畑からとってきたのだけど、材料をみたら”青いとうがらし”というのがでてきて、今ごろ畑にはないし、さっさと保存できるものにしないと柚子の鮮度が落ちるばかり.
無難に砂糖漬け。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『絵図で歩く倉敷のまち』出来上がり! 
本日製本所に受け取りに行って、日販さんトーハンさんの各岡山支店、地方小出版流通センターと 取次に納め、
取次店を介さず直接取引をしている書店さんにも納品しました。
あとは 皆さまよろしくお買い上げくださいませ。

ところで、A5だとか四六だとか判型が同じで、ページ数も同じ本でも重さが違うってわかりますか?
使用している紙の重さが違ったり、カラー印刷と白黒で違ったり。
『絵図で歩く倉敷のまち』はA5判・150ページ。写真と古地図をオールカラーでふんだんに使っておりインクたっぷり使用して重い。
私は地方小出版流通センター納品の担当。東京にあるので、ヤマト運輸宅急便を使います。
1冊持つのではなんとも感じませんが、みかん箱よりひとまわり大きな段ボール箱1箱に72冊ぴったりおさめたところ、床から持ち上げるのは不可能でした。

これをヤマトさんは2箱重ねて平気で持ち運びます。すごい!

では、みなさん『絵図であるく倉敷のまち』
よろしくお願いします 

父の遠足

白鳥 ★岡山城のお堀に鴨がやってきました。岡山城に納品に行っての帰りだったので、吉備人代表に報告すると「知ってるよ」とのそっけない返事。すごいニュースだ!と思ったのにさ。

今日は少し冷える。天気予報では、今夜から明日朝にかけてこの秋一番の冷え込みとか。
おじいさんが風邪をひかないかと心配。

肺に持病があるおじいさんに風邪は命取り。せっかく体がよくなって、体がよくなってよく食べられるようになったら、 認知の症状がまったくみられないくらいにまでなって、気持ちも落ち着いているのに、
熱が出てたべられなくなって、薬が効かなくなって、熱も下がらなくて、また入院して、入院すると何が何だか混乱してしまって、食べられなくなって、肝臓や腎臓やいろんな身体機能が落ちて・・・・・・

そんなおじいさんは今日施設の遠足で国分寺に出かけました。
家族への誘いもあったのですが、日中なので火曜日はどうも都合が悪く、私は付いては行きませんでした。
といっても、外に出るのですから寒くはないかと心配で、朝施設に寄り服装点検。

外に出るときには車いすなので、まず足が寒い・・・・・ということでズボン下を1枚。念のため膝かけ用にバスタオルを。
長袖下着とポロシャツ1枚で普段過ごしていますが、この上に厚手綿トレーナーを1枚。
風が冷たいのでその上に上着をはおる ということにしましたが、綿ジャケットを薄手にするか厚手にするかでかなり迷いました。
施設の担当Hさんがちょうど来て下さったので、相談して厚手にすることに決定。

おじいさんは 「外 寒いよ」と言っても 「何がぁ それでエエ。エエんじゃ」と言います。が、施設内の温度や空調はいつも快適に保たれていて、悲しいかな外気を知りません。
ちょっと強引でも「これ着るんだよ」と言います。半ば命令されたおじいさんは 悲しそうな、仕方ないなというような顔をして袖を通しました。

そして、今「今日、さむかったよなぁ」 と思い、 風邪などひかれませぬよう と私は祈るばかりです。

海渡2才7カ月

海渡2才7カ月 ★オレ、今日で2才7カ月ですから。ニヤリ
ディスク1 ★海渡 ヨーシ
ディスク2 ★イケッ!百間川河川敷こんなに広い所を一人占め。ディスクを追ってます。

海渡は車に乗るのが大好きです。
いっしょに車で出かけるのは、会社と大佐と「爪切り」に行くときくらい。そしてどの場所も楽しいところではないのになぜなんだろう と夫と話していた矢先、「爪切り」をしてもらうペットショップの看板が見える辺りで「WANWAN」と吠えだしました。
後部に積んであるクレートの中で外は見えないのに、なんでこんな所へ来たんだ「WANWANWAN」と怒るのです。

海渡は 幼少のころから爪切りが大嫌いで、逃げるし、繋いでも爪を隠すから私たちの手に負えません。
いつもペットショップのトリマーさんにお願いをして切ってもらっています。
そして、今日は「爪切り」に来たのです。
★海渡さんは担当のかわいいお姉さんが好きらしく  彼女にリードを預けるといつもどおりさっさとお店に入ったので安心しました。

会社に行くときには相生橋を過ぎたらモゴモゴし、大佐に帰るにはインターに着くころにもクレートの中で動く気配がします。
不思議です。

「波乱万丈」お断り

カファレルチョコ
深夜になると、チョコレートなんかつまみながらお茶を飲みたくなる。
甘いココアとかミルク系でもいいな。実践すると絶対太る・・・・・・(禁欲)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネットで自分の名前を検索するってとっても初心者行為なんだけど ―
今日やってしまった。そして、ひどく後悔した。

○○○○姓名判断 というのが出てきて、見てしまった。
総体運(50歳以上から晩年の運で 一番大事 とか書いてあった。検索すればまた見ることができるだろうけど恐くていやだ)
「半凶」ですって。波乱万丈になるんですって。しかも「半凶」で。50過ぎてさ死ぬまで。

名字と名前の総画数が16。昔なにかの本で見たときにも名字と名前の結びつきが強い と書いてあった。
そのおかげか、私は結婚してもそのままの氏名。
嫁に行ってれば、総体運「半凶」にならずに済んだのか?

なんだか「お先真っ暗」な気分になってます。うーーーん 見なきゃよかった!

「絵図で歩く倉敷のまち」 もうすぐ出来!

絵図で歩く倉敷 ★昨日ブログに拍手をもらったので
「絵図で歩く倉敷のまち」ポスターも。倉敷のまちや、書店さんや、観光案内所などに貼っていただけたらと。

本は 来週半ばごろに出来予定です。
今頃は 印刷所。そのあと製本所 そして吉備人 → 書店 → 皆さまの元に

本の内容は 吉備人出版HP トップページから近刊案内をごらんください。

倉敷は 古い商店街をぶらぶら歩いて 美観地区へ。少し外れて 本町 東町 辺りに行くのが楽しい。お土産物屋さんを冷やかしながら、「ここは昔○○屋さんだったんだ」なんて、ちょっと深い観光ができそう。
気候のよい時期だし、わたしも楽しみだなぁ。

奥多摩&倉敷のまち

奥多摩チラシ ★11月中旬発刊予定の『奥多摩東部登山詳細図』のチラシ作りました。
これを書店さんに撒いてもらってたくさん注文がきますように。読売新聞の地区版に踏査中の記事が載ったので結構お客様からの問い合わせもありますよ。皆さま、よろしく。

3月に発刊した『高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図』に続く関東地区の第二弾。
副題は「ミタケサン・オオダケサン・ゴゼンヤマ・センゲンレイ・・・」と読みます。わたしは「浅間嶺」をアサマリョウと読んでしまいましたが、「センゲンレイ」です。この地図のエリアを尋ねられ、「……・・・・・・アサマリョウ・・・・・・」と答えたなら、何のこっちゃか、話が通じないでしょうね。

地図といえば、『絵図で歩く倉敷のまち』も10月末にできあがります。
NHK朝ドラ「カーネーション」にバンバンでてくる柳と石の橋と川ベリは倉敷美観地区(ロケ地)。
あの辺りを中心に、倉敷駅辺りまで古地図で倉敷の町をご案内いたします。

ぜひぜひ よろしく!!

猿に感心

はなみずき ★秋なんだなぁー ハナミズキの実が赤くかわいらしく色づきました。
週末から県北に帰ったので紅葉はどうかと、鳥取県境の町を回りましたが、もう少しというところでした。

母が「猿が道路に出た」という話をしました。
今は 柿がなっていたり、栗が落ちていたりと猿の餌も比較的豊富で猿も大喜びの季節。

これが段々と乏しくなってくると畑で育っている途中のものにまで手を出します。去年は大根の中途半端な位置(葉っぱまでの土から少しのぞいている部分)を、しかも土に埋まった状態のままで横からガブリとやられていました。
いままでこんなことはなかった。と母は言っていた。

先日、テレビを見ていたら、北海道の猿が 海に出て海藻を食べている姿を放映していました。
木の実などの餌不足で 猿がついに海に繰り出し、
「これは何だ?」「食べられるかもしれない」「おーいけるじゃん」ということになったらしいです。

猿も生きるために一生けん命だから、自分に害がない分には「おおー!!」
と感心してしまう。

「BROCANTETIT」に行く

タグ これはなんだったかしら?2センチくらいのかわいい紙片。ラベルシールがロールになっていて10枚ずつ買える。ほかに茶色とか赤とか・・・
透明の袋に入れて 茶色のステープルでとめてあるだけなのに綺麗なラッピング。

神戸のアンティーク雑貨Brocantetit(ブロカントティト)
お店 北野の方からトアロードを下って右に入りそして路地に入る。よく分からない説明ですみません。今回はMeets」神戸本を持って歩きましたので、私たちはなんとか店に行けました。

BrocantetitはMeetsのP11に載ってます。アンティークの紙物、たとえば切符や楽譜、ボタニカルアート、ポストカード、包装紙、封筒、
他にアンティークレースやスタンプ、ペン先、古い写真などもあります・・・・・・・何に使うのかというと問われると困るものもありますが、私は紙物が好きなので引き出しの中に持っていて、ときどき出してみたりします。
封筒などは使います。

手紙を書くのが好きな人は このお店 ぜひ行ってみてください。
ロフトの文具コーナーにも面白いレターセットがたくさんありますが、一味いや二味以上ちがうものに出会えます。オリジナルの包装紙もあり、ちょこちょこっと買うのがとても楽しかったです。
他にボタニカルアートを1枚、その昔何かを伝えるために使ったポストカード大のポスターを1枚買いました。

実はこの前日、
大阪中崎町に出かけました。
ぶらりマップ ぶらり中
作家さんがつくったオリジナルの1点や雰囲気レトロなものなどを集めた店が多くありました。何軒か回っていて、そこに偶然の面白さはあるけれど私はだんだん飽きてきました。
偉そうで申し訳ないけれど、ちょこちょこし過ぎていやしないかと。

そして、逆に商品化されたもの、紙物に関して言うと、印刷物として世に多くでていたり市販されているものがいかに洗練されていて、いかに実用的であり美しいかを思いました。

Books Bar にご来場ありがとう

 Books Bar by Kibito
2PA090353.jpg 2PA090370.jpg 10/9 pm11:00頃 日差しが暑いです。向かいの石山公園からよいニオイが漂ってきます。お客さんは少なくのんびり。Tシャツの男性は頼もしい助っ人。
 マスターもにこやかにお出迎え。「お茶、コーヒーどうぞ」 ― 
2PA090355.jpg 店内はこのような感じ。木の手触りがやさしい。書斎の本、音楽の本、吉備人の新刊並べております。※窓に映る ”手”は心霊写真ではなく、助っ人氏のもの。
2PA090379.jpg 岡山城のイベント「宇喜多秀家☆フェス」や石山公園の「ふるさと食の自慢市」の帰りの人か、午後2時を過ぎるとお客様が増えてきた。
島根から静岡から と旅行客も多い。銘木目当ての方も。
2PA090368.jpg  中塚銘木店は、今から200年前の1801年創業だそうです。
PA090380.jpg 3時過ぎ、表町周辺で開かれていたマーチングフェスティバルの出演者たちが石山公園に集合。ステージで演奏の演奏が聞こえる中
、撤収開始。秋の夕日ってなぜオレンジ?

10月9日 2回目の「Books Bar」by Kibito は終了しました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

次回は 少し先ですが同じ場所をお借りして
11月24日(木)、午後6時30分~10時まで開催。
夜なので、この雰囲気とは違ったものになると思います。
詳しくは またご案内いたしますのでよろしくお願いします。

2011秋の岡山桃太郎まつりとおかやま国際音楽祭

天守閣前 ★10月7日金曜日、岡山城に納品に行くと、天守閣前広場がただならぬ様子。
事務所の人に尋ねたら、医師会の会合でホテルグランヴィアのケータリングがあるのですって。
生演奏のリハーサルもやっているし、豪華そう。よい天気でなによりです。
中段では8日から始まる「秋の桃太郎まつり」の準備。
テントの設営などで、とても活気づいており、機材を運ぶ人たちも警備の人たちもなんだか生き生きしており、
烏城公園では「秋の菊花展」の棚設営。
大勢の働く人で、わやわやした感じがとてもいい!

岡山城では9日、「戦国の貴公子 宇喜多秀家☆フェス」があり、
石山公園では“わがまちの味”を競うという「ふるさと食の自慢市」が開催されるそうです。

そして、その石山公園の西向かいでは

Books Bar by Kiboto 開催!
午前11時~午後3時半
「銘木ばぁー」(中塚銘木店ショールーム)
にて。
「銘木」の看板を目印にお越しくださいませ。

均一セールや、こだわり本など、ぜひご覧ください、お買い上げください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の夜には 西川アイプラザ横の下石井公園で開催された
おかやま国際音楽祭「ジャズ・アンダー・ザ・スカイ」の出かけました。松永貴志、TOKU、フライドプライドという出演陣で、最後のフライドプライドは 19時からだったのでたっぷり聴けて大感激。

海渡さんをお供に桃太郎大通りから西川を下って、会場に。嬉しいことに犬連れでも中まで入ることができました。
海渡さん、とてもお行事よく、数人から「カワイイー」の 声をいただきちょっと気分よさげ。
西川アイプラザ前 ですが、あすのBooks Barに連れて行ってもらえるかは 決定していません。

キチンとね

朝食 ★神戸でこんな朝ごはん食べてきました。
朝ごはんをゆっくり1時間以上かけて食べたあとは道向こうのショップに行って、また12時のチェックアウトまでホテルでぼんやり。
娘と二人、とっても贅沢な時間を過ごしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、最近、キチンともの事ができなくて、ホント自分が嫌になります。
とくに昨日は、
9月末(30日、金曜日でした)に支払うべき家賃のことをすっかり忘れていたのを思い出し・・・・・・お隣が大家さんなんですが「体調でも壊されたのかと ―」と逆に心配していただいたり、

取次店への納品伝票に社印を忘れたり(なんとか事なきを得る)、

夜、歩いて帰っていて手提げ袋がない!さっき回覧板を回した隣のビルの郵便受けの下だわ。と引き返し、10歩ほど歩いてバッグと同じ左肩にかけているのに気付いたり、

あーダメな私。上、二つは社の信用にかかわるので特にダメ。

 手帳が白紙で、財布の中には何日か前からのレシートが結構入っていて、バッグの中にはハンカチが数枚あって、そのくせハレカ(バスカード)は他のバッグにあって、
バッグには携帯をいれる所もあるのに、携帯はバッグの底の方にあってすぐに取り出すことは不可能で、
夏の服と冬の服がごちゃまぜで、クリーニングも出してたり出してなかったりで、今日着る物に困ったり///////////
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 冬服といえば、今日バスに乗ったら、防虫剤の臭いが漂っていた。急に寒くなったから、衣装箱からとりだしてすぐ着たのでしょう。
臭いのきつい防虫剤だった。ちょっと昔の人だよね。この臭いがしないと効いてる気がしない なって母の世代の人のような気がする。
きっとキチンと暮らしている人だ。
Page top