POPづくり

26日に、
前日から始まった市内中学生の職場体験で午後からPOP作成を担当。

わたしは、吉備人に来るまで、チラシとPOPを作る仕事をしていました。途中からPCソフトが導入されたので、大型パネル以外は早くできる、修正もできるPC頼みになり、ショーPOPの手書きはほとんどやっていませんでしたから、なつかしく新鮮な気持ちでした。

少し、話ははずれますが、
数年前から たぶん「書店員さんの」ということで手書き風POPが流行、本当にその書店の従業員さんの手書きならまだしも、出版社がそれを大量印刷したものが流行りはじめました。

10数年前、POPライター資格は、当時の労働省認定資格にもなり、いかに分かりやすくお店の人に変わって情報を伝えるということが目的でした。
「わかりやすく」「早く」「大量に」というところがPOP文字からPOP文字をフォントに使ったPCでの作成に代わっていきました。プライスカードなど特にそうです。が、情報、魅力を伝えるというところでは変わらないと思います。
ショーPOPは商品を置いたところに付けるものでなので、書籍名より「つかみ」の部分がより大切だと考えます。(もちろん、雰囲気重視のものは別)まぁ、広告ならすべてそうですけど、「振り向かせる」。その次がなんでか、とかいう説明です。
商品の名前と価格だけで売れるのはよっぽどのもの・・・なのによっぽどの会社が作って「売る」と決めると「つかみ」のコピーはさすがによっぽどの人たちが考えただけあって「さすが」です。
が、大量印刷して配りまくるので、なんだか新鮮みがない。

ここで 話はもどって、吉備人出版は地元の出版社が作る、殆ど地元の著者の本。書き手も作り手も売り手も見える。
「あー あの人はこの本でこんなことを言ってるんだ」「あの人はここがいいと思って本を買ってくださいと言ってるだ」
なんて、伝わりやすいのでしょう!
あとは 「つかみ」。
振り向いてもらえるように、気になるなぁ と思ってもらえるように、大いに考えましょう。というわけです。

レイアウトや文字の書き方は時間が足りませんでしたが、1冊の本のための「つかみ」を考えるのは、真剣で楽しい時間でした。


できあがったPOPは岡山市内の丸善シンフォニービル店と紀伊國屋クレド岡山店に。目線の先には吉備人の本が
 
スポンサーサイト

「リボンハイトリ」と「mt」

mtKAMOIのマスキングテープ「mt
先日、久しぶりにロフトに行ったら、新しいシリーズがたくさん入荷しており、数本買いました。
ラッピングしているのは中に幅と色が違ものが5種類はいっています。
私は比較的シンプルなもの地味な色を選んでしまいますが、ビビッドな色や和柄、アーガイル、ドットなど模様ものもいっぱいあります。持っているだけで楽しい!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・mt]のサイトもあります。

このおしゃれな「mt」と同じ カモ井加工紙(倉敷市)から1923年に生まれたのが、<昭和の時代を感じさせる「ハイトリ紙」あるいはハエトリリボン(正しくはリボンハイトリ)。
あのねちゃねちやの昆布みたいな色と形で天井からぶら下がっていたアレです。通り道に置いたゴキブリホイホイにゴキブリがくっつくように、空中を飛ぶ蝿(ハエ)が1メート程の長さで天井からぶら下がったネチャチャにくっつくのです。
(※「ゴキブリホイホイ」は他メーカーで カモ井は対抗して「ゴキブリカモカモ」というのをつくったそうです)

我が家では「ハイトリリボン」は牛小屋と台所にぶらさがっていました。通りすがりに髪の毛がくっついて何度も泣いた一人です。新しいものに取り換えるときは、筒のようなところからくるくる回しながらだすのが面白かったな。

近所の家も、自分の家も牛を飼わなくなり、スプレー式の殺虫剤が普及して、蝿のくっついたのが見苦しいハイトリリボンは見られなくなりましたね。

『<粘着>の技術 - カモ井加工紙の87年』(吉備人出版:刊)で、一見では結びつかないような商品が生まれたカモ井の歴史がうかがえます。
レトロなポスターや懐かしいCMの写真も見られますのでよろしく。

5月24日のこと

朝一番に 某ラジオ局から某薬品メーカーのドリンク剤職場突撃インタビューの取材班が来られました。
そこに居るだけでいいはずだったのに、「ひとりひとりにマイクを向けて答えていただきます。」
といわれた時点で「苦手だなぁ」の感がこみ上げてくる。

一番バッターは代表。ハイテンション気味に無事終了。
二番ノンチャンすばらしい。
三番は すでに譲り合いで、わたしにマイクがむけられ
「おはようございます」
「お名前は?」
「○○○○です」
「どんな仕事をされてますか」
「在庫管理や発送や・・・」(もっと違うような気もするけど・・・)
「力仕事が多いのですか?」
「え・・・それほどでも・・・」
「・・・・・・・・・」
まだ第三問目くらいだというのに、この辺りでペースが狂い始め、

「達成感は?」
「え・・達成感?」てなんだっけ、と答えた辺りではマイクから私の顔はどんどん背けられていったと思われます。
いろいろと軌道修正をしてくださるのですが、もう逃げ出したくてしかたない私。
ディレクター様、インタビュアー様 ご迷惑をおかけいたしました。

インタビューとは 尋ねられたことに対して決して否定しないこと・・・しょんぼりと考える私でした。
でも 放送では きっと元気な(部分の)私の声が流れるでしょう。できれば居なかったことにしてほしいけど。

それでも一日は過ぎ、
7時頃、書道教室に行きました。1時間しかなかったけれど、昇級試験の課題を書いて提出。
教室の時間は、先生のお手本を見ながら「このように書く」ことだけに集中するので
頭がすっとしました。

そして もうはや翌日、25日火曜日なんですね。

仲良し夫婦への道だって

チャペル ★ホテルモントレ神戸のチャペル。地下にあり、重厚な雰囲気です。挙式はさぞかし厳かで、新郎新婦「いっしょにあるいていくんだ」と身が引き締まるのでしょう。

昨日朝の番組「仲良し夫婦の極意」。
結婚後三四度訪れる夫婦の危機をいかに乗り越えるかという特集でした。

私の年頃に関係ありそうなのは、「定年後の危機」(もっとも私たちに「定年」はありませんが )。
今まで言われていたのは、定年後何もすることがない夫が妻にまとわりつく「濡れ落ち葉」。
今の50台~60台前半は始まりがいっしょに行動する「ともだち夫婦」だったふたり。
子育てや仕事に追われ、やっと退職し、子どもの手も離れ、これからは、夫婦一緒に楽しもう と心待ちにしていた妻を尻目に夫は「おれは○○したい」と勝手に宣言して、「田舎暮らし」だとか「○○めぐり」だとか「○○づくり」だとかの自分の趣味に走った末に離婚する というケースが多いそうです。

なーるほど 一昔前は妻が「いままで尽くしてきたのだから」と自由を宣言し、今は夫が「おれはおれがやりたいことをやるぞー」と自由を宣言するのですね。
そうすると結婚って多くの人にとってガマンの仕合い ってことかも。
この危機を乗り越えるのは
気持ちを伝え合うコミュニケーションだそうです。

結婚するとき「暖かい笑顔の絶えない家庭をつくりたい」なんてよく言いますが、仲良く並んで散歩しているご夫婦や レストランで語り合うご夫婦をみると回りも気持ちがあたたかくなるなぁ・・・
これが ずーーと続いていればよいのですね。

吉備真備 今日のテレビ番組

★夜10時から「歴史秘話ヒストリア」。吉備真備。 
岡山人じゃが 吉備の国から 天平に輝く吉備真備公
「天平に輝く吉備真備公」「吉備の国から」「続 吉備の国から」「吉備ゆかりの万葉を歩く」「岡山人じゃが」①~④「岡山人じゃが2009」(いずれも吉備人出版)の著者:高見 茂さんが出演。
ずばりのタイトル「天平に輝く吉備真備公」は残念ながら在庫がわずかですが、
「吉備の国から」や「岡山人じゃが(①)」「岡山人じゃが②」でもその子孫についてや、和気清麻呂との関わり、菅原道真との関わりなど吉備真備公について書かれていますので、おすすめです。
じゃが②では 表紙にもこっそり登場(帯に隠れて「okayamajinjaga」と言っております)。じゃが②


★11時からはSONGS。松田聖子さんです。
全部ソフトフォーカスというのですか、最後まで画面にぼかしが・・・。
別に普通に映してくれたらいいのに、とても美しいのに。相変わらずよく伸びる声にねばりが加わっていらっしゃったようでした。来週もたのしみです。

と、今日見た番組は「ゲゲゲの女房」「アサイチ「歴史ヒストリア」「SONGS」 と どこかの局ばかりでした。

いぬっこめ~!

岡山城と犬 ★岡山城と犬
 今日は吠え続けて 超迷惑な犬!

夜 ハウスに餌無しでいれようと、45分格闘。
忍耐のみです。朝までつきあう覚悟でした。でも 入ったからOK。
でも、あ~あ

田植え終了!

田植え ★5月15日田植えをしました。前は何枚か田がありましたが、今はこの1枚。それでも16人程が1年間安心できる自家製のお米を食べていけます。
今年は若いチカラの甥っ子が助けに来てくれました。
お行儀よし 
★お行儀がよく見えるのは「たばこ」を持ってきた 犬の海渡とわたし。田植機を使う者の他に、田の中に入って回りを均す者、苗を運ぶ者、苗箱を洗う者、それぞれの役目があるのに「おまえら働けよ」って感じかも・・・。たばこ  
★「たばこ」の時間。年始めに病気をして、いろいろと不自由なおじいさんも総監督で田んぼに出てきてくれました。
やっぱり、いないとダメなんです。
 

★お昼ごはんは「お好み焼き」。
プレートに流し込んで焼く豪快なお好み焼き。
「みんな一度にたべられるからねー」と姉。
なーるほど。ピザLサイズよりでかいよ。これは初めての体験。
大きなお好み焼き2  ★できた!
 千房のみたいに 斜めにしゃっしゃとマヨネーズを振りかけるのを忘れて非常に悔しがったわたしたち。
おいしかったよ。

 ★田植えはの大方は遅いお昼ご飯の頃までに終わって、午後は田植え機を洗ったり、苗が抜けている所に補植したり。水の具合はおじいさんが毎日見てくれるそうです。

★明けて、今日は月曜日。朝9:00のニュースで「アイスランドの火山の煙がイギリスまで南下して・・・」とか「原油の流出を食い止める」だとか伝えられる。
世界ではいろいろなことが起こってるんだなぁ。田植え だとか 父母が元気ない とか 犬が吠えるだとか そんなことのうちに。

自転車とランドセル

クレマチス ★ベランダのクレマチス。水やりだけだったのに何個も蕾をつけています。まだシクラメンも咲いているし、ビオラもきれい。きれいだけど
夏の花にいつ植え替えたらいいのだろう??

今日の夕飯どきの話は 自転車とカバン。
中学生になったとき、私が買ってもらったのは「カワムラ」の自転車。ブリジストンかミヤタ、ナショナルというところが主だったからイヤでしかたなかった。「○○ちゃんの自転車どこのん?」
自分もよく知らないメーカーだったから うまく答えられなかった。
夫は「ツノダ」のだったそうだ。
「ツンツン ツノダノナントカ~♪」ってコマーシャルしてたじゃん。
というと、」ブレーキがワイヤーでなくて棒だったのがイヤだったそうだ。
それは、モノにこだわる彼の父親が「こちらの方が丈夫だから」と選んだものらしかった。

通学カバンも自転車におまけでついていたエンジ色のいかにもビニールのカバンで更にイヤだった。12歳の自分のセンスが安っぽさを許せなかったのか・・・?
ぜいたくといわれても 当時のビニールは今のように高級ではない軽いかもしれないが、明らかに安いのだ。
とにかくその頃の主流は”皮”だったのです。

遡って小学校に上がったときに買ってもらったランドセル。
みんなのはマチが20センチくらいあって色は紅赤。
私のは ちょっと小振りでマチは18センチくらい、色は朱赤。イエローが強い赤。これも7歳のチビながらイヤだったなぁ。学校の帰り、一緒に帰る女の子の「赤」がうらやましくて仕方なかったもの。

親は何を思って、自転車やカバンを選んだのだろう?
私にはそう深い気持ちはなかったけれど、こどもたちは「イヤだ」なんて思っていたのかなぁ。まぁ、好きなモノは大人になって買えばいいのよね。たいした問題でもないか。

DM発送しました

神戸の街角のケーキ屋さん
バームクーヘン
なんだなんだこれは何だ?バームクーヘンだ!
セロテープとか、話題のカモ井の「mt」(詳しくは「粘着」の技術/吉備人出版刊)もこうやってロールにして、一定の幅に切るのではないでしょうか。

連休が終わって先週金曜日は年に一度のDM発送をしました。
週が明けると、例年のことながら、昨年は届いたものが「転居先不明」「死亡」で戻ってきたりします。
なかには「わたしはおたくから買った覚えは全くない」と電話で言い切る人もいたり・・・吉備人に購入を申込み、かつ吉備人から直接送った人以外には絶対出してないのですけど、購入履歴も残っているのですけど・・・。

個人情報が厳しくなって以来、例えば出版祝賀会などに参加された名簿が残っており、「興味がありそうだ」 とお勧めしたいときでもその名簿は断じて使っておりません。もう残してもおりません。

身に覚えのないところから 案内がくるのは気持ち良いものではないということは分かります。
言い争うことでもありません。が、こんなちーーーーーさいことに ふううううぅぅーーーとため息をつきたくなることもあるのです。ね

愛読者カードやって来ーーーい!




商店街の熱い夜

ただかつ ★娘の飼っているウサギの「タダカツ」はこんな風に甘える。海渡にもできるかなぁ・・・でもちょっと海渡では気味悪い・・・

 ★大阪「薔薇とサムライ」は昼公演だったので、夜は娘の住まいの近く福島聖天通商店街で食事。
古いお店も新しいしゃれた店もある、結構話題の街。
心惹かれる店が多く、いつも迷うのだけど、今回は居酒屋さんの気分。
いかにも地元らしい「八万」の暖簾を初めてくぐった。

入ったとたん、カウンター席で先客のおっちゃんがにこにこ顔で迎えてくれた。
このお店は、私が知ってる岡山の店では成田家田町店のように、メニューが豊富。日本酒の種類も多く、丸本酒造の「竹林」がおいてあった。

何にするか迷っていたら、そのおっちゃんが(といっても同世代+α)何を食べたらよいかを詳しく説明してくれた。
おまかせセットと寿司なんかどうか、「おじょうちゃん飲めなくても「生グレープフルーツサワー」がおいしいよ。飲めんかったらおかあちゃんに飲んでもらったらええやんか」
そして「おかあさん おまかせセット生ビールで一つと、にぎり寿司と生グレープある~」と声高に注文までしてくれた。

何でも、奥さんが岡山出身で、そのおっちゃんより10歳くらい若く、阿木燿子に似てるそうだ。
ずーっと いろいろ話かけてくれる。
元自衛隊員で、この日は5日間訓練しての帰りであり、射撃で一位になったと立派な賞状も見せてくれた。

そのあとナカイサンというおとなしめだけど不思議なおっちゃんが入ってきた。吉本に関係あるらしい。

そうこうしていると、おっちゃんが一人、二人、三人・・・野球をやっている近所の饅頭屋さん、10年前に九州からやってきたザビエルと呼ばれるおっちゃん、もひとりははにかみやの謎のおっちゃん。
三人とも、一番にわたしたちが出会ったにこにこおっちゃんに「キライだ」と本人に向かってはっきり言う。はっきり言いながら一緒に飲む。
その間に、自己紹介しながらなんだかんだとわたしたちにみんなが話しかけてくる。

そして最後に、貫禄たっぷりのおじさまが登場。これでカウンターは満席。
「おっちゃん」と自分のことを呼んでいたが、この人は「おじさま」。誰かが外れたことを言うと、容赦なく「それはおかしい」とぴしゃり。かっこいい。ドンだ。ドンは66歳だそうだ。

皆さん地元の世話役で、福島のことをわいわい教えてくれる。ナカイサンがときどき不思議なことを言う。

しばらくして、おじさまは名刺を取り出して娘に渡し「何か困ったことがあったら連絡しなさい。近くだったら角の酒屋の○○さんが助けてくれる」
「ここの店「八万」は駅からすぐ、12時までやっているし飲まなくてもいいから 晩ご飯たべさせて いうて寄ればいい」
「八万」のおかあさんも「今日は大盛り上がり!よくつきあってくれてるね。うるさいおっちゃんたちにおごってもらい」なんて お酒や料理を注文する暇もないわたしたちに湯割りとコーラを持ってくるし。

賑やかに過ごし、最後は握手をして皆さんと別れた。

帰り際、おかあさんが「みんな本当にとっても嬉しかったんよ、いつでも寄ってね」と娘に言ってくれた。

商店街の夜は楽しくて暖かかった。

海渡のトレーニング

うっとり
★デロロ~ンな海渡です。
今日はトレーニングでタケイセンセイに会いました。
本当は2週間くらい前の予定だったんだけど、足がなんだか痛かったので中止しました。
今日は快調。センセイの言うことなら何でもきくもんね~。
でも、とうちゃんと、かあちゃんは別。「ハウス」と言われても石になって動かない、寝ころび作戦で対向するんだ。

そうそう、始めに河川敷を散歩したとき、ダニがくっついたらしい。耳のところに6匹くらいいたよ。タケイセンセイが見つけてくれたんだ。

夕方、こんどはオオモリセンセイのところに行って、フロントラインとフィラリアの薬をもらって帰った。
14600円ーーーかあちゃんの顔、青く見えた・・・何故だ?(ていうか、青ってオレ見えるんだっけ???)

薔薇とサムライ見ました

もう一週間も前のことになるんだなぁ。29日には「薔薇サム」観に行きました。
薔薇サム
天海祐希はすごいです。歌がうまい、ダンスがうまい、もうかっこいいったらありません。
薔薇サム緑☆舞台に現れるとそれだけで涙がでちゃう感じ。立ち姿がいい、動きのキレがいい、言葉がきれいに聞き取れるのが心地よいーーー
なんて思ってるうちに一週間以上。
楽しかった連休は終わってしまいました。

明日(もう今日ですが、あと8時間後から)は 海渡のトレーニングです。「よい子」の魔法から解き放たれつつある彼をまた魔法の世界に戻さなければ・・・。
Page top