開かずのトイレ

「あ、今日は女子トイレ使えますよ」

と気軽にライターさんに答えると
「最新式のトイレでした 」と、戻ってきました。

「え いつの間に便器が設置されたの??」一日中ここにいるけど全く気付かなかった。

そういえば ドアノブがなかったけど、ドアの上から手を入れたらあくわね。と そのときは彼女の言うことをさらっと聞いていました。

では わたしも トイレに。
「あ・あかない~」ドアノブがないのは確認してた。
だから 冷静にドアの上から手を入れて引っ張る---!!びくともしない。

押すんだったっけ・・・ 動かない。誰か中にいるのかもしれないと 反省しノックをトントン・・・

もうどうにもならなくなって 部屋に戻り、先程のライターさんに
「ねー 開かないよ!!」と訴えると
ぷぷニヤリ「ふふ・・・左から入るんですよ」

左って、前は掃除用のシンクと用具入れだったよ。
教えられた通りに元用具入れ側のドアを開けると モップやトイレットペーパースペースは消え そこには白いピカピカのシャワートイレが設置されていました。
パナソニックって書いてある・・・自動洗浄付き ワーイ美しい。キラリラ

焦ってしまいましたね。元トイレのドアは中から板を打ち付けてありました。開くものか です。
彼女がいなかったら 私は今 雨の中、図書館に走らなければならなかったかも。。。

そういえば 昨日の夕方 「女子トイレも使えますよ」と家主さんが言われたっけ。
「ドアも替えたかったのですけどね 大工事になるので残念ですがこのままで」

とも。なるほど・・・
スポンサーサイト

夏の思い出--天保山

児童、生徒、園児たちの夏休みも終わりですね。諸君 宿題は終わったかね?
まだ 休んでたのかいな と思えるのは その時期を越えた親の強み。
毎日の食事、さほどの量でもないのに残ってしまう提出物。思えば、長期休業は親である私にとってストレス感じまくりの日々でした。
学校ってありがたい ですね。

さてさて、夏休みには「家族旅行」に行って、その絵や作文を書く というのがいまだにあるのでしょうか。
まさか 先生が「夏休みは家族の親睦を図る良い機会です。皆さん家族旅行に行きましょう」なんていうわけないから、
「夏休みの思い出」というテーマを与えられたら、
なにか子どもたちのために「思い出づくり」をしてやらなくては そうだ「旅」ね。これで絵も作文も書けるわ。お題は決まったわ。と思ってしまったのでしょうね。
いるか   私も 書きます。「夏の思い出」

「イルカ もビュンビュン。カメもペンギンもビュンビュン--天保山にいきました」
まずサントリー美術館でビールを飲み、そのあと「ディックブルーナ展」を見学。ミッフィーちゃんのシリーズ原画と装丁家のしての膨大な作品をみました。

そのあと「海遊館」へ。よりによって こんなときにこなくてもいいのにね というほど家族連れでいっぱい。いや、私も夫との家族旅行だから。
ペンギンはビューンビューン水の中を泳ぐ。
そして、岸に上がるときには 嘴を支えにして、手はつかえないのでちょっと不自由そうにくねくね上がる。ペンギン
夫はペンギンさんが実に気にいったということで、ずっと見てる。確かにいろいろなペンギンがいて、よく動くものとじーっとしているものがいる。

カメ  亀も泳ぐ。
竜宮城へ浦島太郎を連れて行ったときの絵が浮かぶ。
泳ぐペンギン 泳ぐ亀 初めて見ました。

あと蟹の群れだとか 気持ちワルーイ亀の群れ」だとか。

あー これでは 作文になっていない。絵も書けない。
「思い出」はできました。大人はいいんです。絵も作文もかけなくて。
写真もあるし。大人っていいな。

雨雨ふれふれ もっとふれ

新しい流し台に替わりました
もうすぐ新しいトイレに替わります

商品リストをつくりました
銀行と郵便局へ行きました

一番の喜びは ゆうべ雨が降ったことです
日中は ほとんどふりませんでしたが 空は曇っているし、これからの予報はです。
もうちょっと 雨がほしいです。

今日は 「後楽園幻想庭園」に行く という計画がありましたが
雨の方が 大切ですね。

ちょっと図書館まで

桃太郎ぶどう
桃太郎ぶどうだよ。「桃太郎ぶどう」という名称は生産組合員以外使用できないそうです。

直径3センチ近くある大粒で皮ごと食べます。片親がネオマスカットなので種はありません。シャキッとした歯ざわりと、マスカットに20世紀梨をプラスした感じの味。甘い。ピオーネとは違う甘さです。
ライム色。。。いや、れっきとしたひとつの果物に他の果物の色をあててはいけませんね。こんな色で、こんなお尻みたいな(桃みたいだから桃太郎ぶどうか・・・)かわいい形です。

お値段も高いです。自分が自分のために買うことには、かなり抵抗があるでしょう。誰かにいただくことを期待してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
汗とかただいま事務所の入っているビルの水周り=洗面所、トイレ、炊事場の改装工事中。

男子トイレの方を使えるのですが、図書館までちょっと(←昨日はまいったなぁ、図書館休みなんだもの)。
ついでに(←どっちがついでなんだろう) CDコーナーを見ていたら、並んで見ていた人の脇には「おかやま伝説紀行」(立石憲利・著 吉備人出版・刊)。おもいがけない小さな幸せheart02ハートヤッホー!

模様替えしたい

漫画棚
来春で就職する予定の娘が 部屋の片づけを始めたらしく この三年と少しの間に買いためたコミックを送り返してきました。でかいりんご箱1箱分。
「母さんが読んで面白そうなものと、捨て切れなかったものを送ったよ」とのコメント付き。残りは某古本屋さんに買い取りにきてもらったそうです。
まぁ、私としても、彼女が買ったもので読みたいものもあるので、全部処分してしまうのは惜しいと思ってたところ。
それに 読み返さないにしても、好きなものが部屋からなくなってしまうのは淋しいし。

娘の部屋は 娘が帰ってくるとき以外は私がつかっており、その本棚も コミックであふれてたので、整理すべく、本棚2本をホームセンターで購入。
コミックのみ600冊程度収納完了!
机や電子ピアノも動かし ちょっとした模様替え。

子どもたちが高校まで使っていた、マンションの6畳にも満たないそれぞれの小さな部屋には、それぞれ学習机、本棚、二段ベッドをばらした木製ベッドがあります。
今、普段は娘の部屋は私が、息子の部屋は夫が使っています。が、まるで学生時代を過ごした寮のよう。

大人の雰囲気あふれる書斎にしたいものだけど、無理ですね。ま、機能的といえば機能的です。

お疲れ様っす!

すいっちょん
「ウマオイ」 私は幼き頃より「スイッチョン」と呼んでます。
よく噛まれたし、ギザギザの足が痛いんだよ コイツ。

庭の「ハツユキカズラ」の鉢植えを何気なくみていて発見。
こうやって身を守っているのだろうけど、スイッチョン本人は「見つかりっこない」と確信しているのかしら。

小学校のときに習った「虫のこえ」って歌の2番の歌詞に
「あとから馬おい、おいついて
ちょんちょんちょんちょん、すいっちょん」っていうところがありましたね。あの頃習った歌って覚えているんですよね。不思議。

前の林で、夜なのに、蝉が「ジィージィー」とうるさく鳴くのがやっと収まった。虫の声が聞こえる---これだけでも心地よい~はーと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、運送屋さんの話。
実社名を出しちゃいますが、朝一番に福山通運さん、次にオカケンさん、次に佐川 急便さん、その次に名前を知らない配送会社さん、最後にヤマトさん なんと本日は5社の方がこられました。
新刊の納品、アスクルなど 物はいろいろですけど、お疲れ様。

返品はなかったので、今日はニッコリです絵文字名を入力してください

返品ぶーっッ!

ヒオウギ
庭に咲く ヒオウギ。暑くても寒くても 毎年この季節に花を咲かせます。

運送会社N社とS社の人が顔をのぞかせると ドッキリガックリとなる。
いやその前に、前の道で大型トラックが停まった音がすると、ヒクッと耳が反応する。そしてその後エレベーターであがってくる音、ガラガラッと台車の音がして・・・これで決まり 返品だ。

N社とS社に受領印を押すときには、ぶーっ怒りて顔してるんだろうな。だって笑えません。。。ニコリとはできません。。。

反対にY便さんは集荷=出荷 なので調子よく「よろしくお願いしまーーーす」うしし Yさん・・・ 「さん」付けだもんね。

運送屋さんに当たっても仕方ないけど 悔しいのよ 悲しいのよ 返品は;; なのに今日も来てしまった。

白と黒の日

筆今日は 2時間ほど書道の練習をしてまいりました。「御霊前」「御香典」「御供」前回は「御祝」「御礼」「御見舞」、前々回は住所、名前など実用的なもの。
先生の書いてくださったお手本をにらみながら、ゆっくりゆっくりと。
まだ3回目。これからが楽しみ。「字が変わった」といわれたい。


おにぎり
おにぎりです。酒 いえ、じゃなくて「鮭」2個と「昆布」1個。
昨日のお昼は2個で足りなかったので、今日は3個。この大きさはほぼ実物大かと。
美味しいんだもの、明日のお昼も おにぎりにするよ。4個はいけるかもしれない。

鮭と昆布は買ったけど、この中身を梅干にすれば、お昼ごはん代は 0円だ!

そういえば、さっきまでいた教室で、先生が室内を見回して 「まぁ 今日は皆さん白と黒ね!」そこにいた私を含む4名の服装は偶然にも白いトップスに黒いボトム。
この写真を見ると、おにぎりともおそろいだなぁ。

夕暮れ時はさみしそう

虹  虹。
田舎は 何故か夕立がくる。14日も15日もお墓参りのときに雨に会った。
そのあとで、空にかかる虹。15日の夕暮れ時でした。

今年のお盆は 父、母と曾孫まで総勢17人が集まった。父母と私たち娘三人、そしてその配偶者とそれぞれ男女一人ずつの子ども、そしてそのまた配偶者と子ども(一番上の姉の孫)。
こうしてお盆とお正月に集まるのが、一番上の姉が結婚して以来だから30年も続いてきた。
「盆と正月にゃあ 集まるもんじゃ」という父の強引さの賜物(それぞれもう片方の親もいるのにね。)そして、理解ある夫たち こんなところで言わなくてもよいことかもしれないけど ホント感謝してます。

結婚して新しい家庭を持った甥や姪がその家族を連れてきてくれるのが またまた非常に嬉しいです

 とても楽しく 賑やかな 夏休みを過ごしてきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
そんなお盆が過ぎ、暑さが納まってきたのはいいけれど、日暮れも早くなって、なんだか物悲しいなぁ山と空

「五右衛門」ロックだー!!

五右衛門ロック
「五右衛門ロック」だ!ロック生バンド付き3時間半に及ぶ大舞台。

あ まずZ席は3階一番奥ブロックの席。J列はブロックでは一番前なので前の人の頭も邪魔にならず、よい感じでした。傾斜があるので全体は良く見える。双眼鏡も用意したので松雪さんも江口洋介もアップでバッチリ。
厚生年金大ホール2400席は満席で、その上当日立席も用意 ということだったから、何人入れるつもりなのでしょう。
この公演が15日20回あるそうです。

「五右衛門ロック」は実に 華やかでおもしろかった。3時間半をあきさせない。

歌とか踊りとか いろんな力が役者さんの中でもあるのだろうけど
図太さは古田新太のものだし、うつくしさとしなやかさは松雪さんだし、かっこいい大人は江口洋介だし、少年の危うさと身の軽さは森山未来だし、ユーモアたっぷりで笑わせてくれるのは川平だし、ヘンテコでなごませてくれるのは濱田マリだし、立ち姿、声の張り、動かないときにも静かなときにも綺麗なのは北大路欣也・・・空中つられているときにもピクリとも動かない凛とした横顔。
そしてみんなスター!「華がある」って こんなことなんだ。
 
森山未来は とにかく身軽。階段をすべるようにかけ上がっていく。川平に負けじとタップを踏む。森山未来が登場すると客席の皆さんなんとなく身をのり出す。
松雪さん、ドラマと同じしゃべり方(当たり前か・・・)歌はもひとつかな と思うけど、妖艶に細い体をしならせて踊る。美人~鼻たか~い

川平の芸はこまかいよ。嵐にもまれるシーンなどスモークであまり見えないのにくるくるくるくるターンしている彼の姿はいつも見える。青いマントに白タイツがくるくるくる。スペインの悪徳商人役。

江口洋介は 正義のサムライの役。北大路欣也と刀を合わせるシーンもある、大河ドラマみたい。そして、ギターを弾きながら歌いステージを駆け回るシーンもあるサービス振り。
あ、主役はもちろん古田新太。腹が太くって かわいい男の石川五右衛門 です。。これだけのゲストを盛り立てての主役っていうのがすごいところ。

北大路欣也と古田新太演ずる大きな男に対して「あなたはちっちゃいの~音符」と器のちっちゃい王様橋本じゅんに やさしく歌う濱田マリ・・・

語りきれません。やはり。

主役級の人が多いせいか、場面がたくさんありましたが さすが最後はうまくまとまり大盛り上がり。

ふと、このキャラクター設定は かつてNHKで見ていた人形劇みたいだ と思う。ストーリとしては 北大路欣也さんのおかげでぐっと重みのあるルパン?世。五右衛門の女性関係でつなげてあるけれど、そこのところは軽くさらりと。

おもしろい膃華やか賑やか。ストーリについては 五右衛門ロックオフィシャルサイト見てください。

Z席ってどんなんだろ??

明日は大阪に行きます。
そしてあさっては
「五右衛門ロック☆」観ますよー
古田新太 /松雪泰子/ 森山未來 / 江口洋介/北大路欣也/川平慈英 /濱田マリ / 橋本じゅん /高田聖子 なんか すごい出演者!

第1回先行予約では抽選ではずれてしまい、座席限定っていう特別プレオーダーの抽選で手にしたチケットは「Z席」。
大阪厚生年金会館大ホール「J列」って どこ?? S席が12500円に対して 6500円だもの なんだか分かる感じもするけど 取れただけでもうれしい。
楽しんで 参ります

では 皆さん よい週末を!

チボリの名前

チボリの模型
岡山県庁ロビーにある倉敷チボリ公園の模型。
とうとう年末には閉園することが決まった。

岡山の操車場跡、今岡山ドームのあるところ に作る予定もあったよね。
20年ほど前に住んだ円山の大家さんは 開発を期待してあの辺りにマンションを建てた。
大家さんの胸算用はむなしく、チボリはすったもんだのあげく、倉敷にいってしまった。

そのころ操車場跡地に建った建物の中には「チボリマンション」「コーポアンデルセン」なんて名前のついたものもあった と思う。

今度は倉敷の人が こんな思いをするのかなぁ。

生野菜の食べすぎ注意報

もも
桃アップ!独特の質感。大事に触ってもすぐ指のあとが傷んでしまう、なんと、デリケートなやつなんだ。これは 玉島の桃。旧山陽町、津高 今年は今日までに三つの地区の桃を食しました。
「みんなちがって みんないい」感じ。

採れたて野菜が美味しくて、昨晩はゴーヤ&オニオンスライスを たくさん食べました。薄く切って氷水にはなして、シャキッとさせ、醤油と削りカツオ をかけるだけなんですけど、

たぶんそのせい--<たくさん>の せいだ と思うのですが、寝る頃にから、お腹がおかしくなりました。そして、夜中の三時ころ こっそり起き出して胃薬をのみました。
丈夫なもんで 朝には完治(?)!
そして、去年の今頃も そんなこと書いていました。

野菜は生でも美味しいですが、火を通して食べたほうがお腹にやさしいと思います。
みなさん、
<冷たい>と<たくさん>には気をつけましょう。
             

頑張れ!シンデレラ

離れ
もうすぐお盆。ということで、
先日は 同じ敷地内にありながら、まるで別荘状態の離れを掃除しました。大佐の家の話です。

下の部屋は周り縁があり、中の障子戸から外を見ると、結構風流です。
お正月以来の大掃除。そして、何年か振りに 窓を拭くと決心。

古い木枠の窓と、その外側の昔雨戸だったのをサッシ窓に替えていますが はっとうじやら、蜘蛛やら得体の知れない虫の屍骸が敷居や桟にごろごろ、げーーーな状態。
2階の窓も同じく、何年も拭いてはいない・・・こちらは夫が担当。げーーーな状態は想像がつきます。

私の生まれた家なので、夫はまるでシンデレラ。私はママハハ。
「シンデレラ カーテンの埃もはらってね」
「さぁ、シンデレラ、今度は縁側を拭くのよ。綺麗に掃除機もかけてね」

昼食を挟んで やっと陽が落ちかけたころ、
先日、夕立がきたせいで、綺麗に片付けられていなかった県道からわが家までの道の草を片付ける。
「シンデレラ あなたは下から掃いてきてね、私は上から掃いていくわ」陽は落ちたといえどもやけに蒸し暑い。シンデレラに疲れが見えてきた。テンポがおかしい・・・やけに単純なリズムでほうきを動かしている。

「あら、まだ明るいじゃない 今度は墓掃除よ」
もう7時に近かった頃、ママハハはシンデレラを促す。ほうきと、熊手と鎌を一輪車に載せ 墓場に。
ママハハの母が 予め除草剤を撒いて枯らした草と、一面に落ちている笹の葉を片付ける。
これがまた、下が敷き詰められた石なもんで、笹の葉がとれずいやになるほど根気のいる作業。
シンデレラもママハハも かなり疲れが・・・しゃべらないもん二人とも・・・何より暑い暑い・・・ムシムシムシムシ。
がんばれ シンデレラ!

そんなこんなで ずーっと働き続けたあと、シンデレラはママハハを車に乗せて 岡山の家へとGO!GO!
「もうひと頑張りよ、シンデレラ!」

お習字の稽古 始めました

0882花火 今年は何年ぶりかに お家で花火 でした。こんなによく見えたっけ と感動。heart02

さて、皆様 暑中お見舞い申し上げます。
なんて さらさら 美しい文字で書けたらいいですねぇ 
というわけで
わたくし、今日は お習字の稽古に行ってまいりました。小学校1年のとき1年ほど姉と一緒に習ったことがありましたが、それ以来です。

きっかけは 食事に行っているお店の貼紙や品書き。
とてもきれいな毛筆なので
「自筆ですか」と訪ねたら 「習っているんで」と、私よりずっとお若いお店の大将。

先日 そのお店で食事をしていたら 8時半過ぎ一人の女性が入ってこられました。
なんとその日の稽古を終えられた 大将のお習字の師匠さんだということ。お話を伺ううちに 習ってみたくなり、本日、大将に連れて行っていただきました。
今日は 見学だけと思っていたのですが、「書いてみますか」と問われて
「では、ちょっとだけ」 と筆を持ち、
先生のお手本を見て 他のことはなんにも考えず うまく書けるようにひたすら筆を運ぶこと 約3時間。。。時間なんてあっという間に過ぎていました。

先生からの
「無理をせず、近いから気分転換の気持ちで来てください 」という言葉がとても嬉しく、本日より お店の大将は私の兄弟子となりました。

ジャーン!8月です!

ジャーン 8月です!
さっき天満屋の方に行ったら いつになくにぎわっている感じがした。
10代のグループから60代のグループまで ウキウキした感じ。
天満屋の交差点角の髪飾りやアクセなんかたくさん売っている お店は若い女性がいっぱい詰まっていた(ちっちゃなお店なので外から見ると詰まっているように見える)。
さては 明日の花火のためだな。
いいな いいな うきうきしてて腟究

今日は 月末処理でPCにずっとむかっていました。
今日の疲れは ビールで流して帰ろう!
Page top