靴を磨く

靴陰干し

もう ブーツ仕舞わなくっちゃね。と、ブーツの手入れをした。
他の靴も なんと汚れていることか、気になって気になって・・・

ご覧のように磨きあげました(リーガルの回し者ではありません)。
ブラシをかけ、クリーナーで拭き、靴に合わせてブラック、ダークブラウン、ブラウンの靴クリームを薄く塗って磨く--  私のブーツと仕事靴5足、夫のも ま、ついでだから2足だけ磨いてあげた。

気候がいいから外でもできるのでクリームの臭いにも負けない。
「もう そのへんにしたら」と止める人もいない。

偶然 続けざまに読んだ「血液型」と「誕生日」の本による私の分析が浮かんだ。共通していたところは「集中力、忍耐力があり根気のいる地道な作業」が前者によると意外に好き、後者によると得意 ということなのだ。
結局 正午前から午後2時半まで 磨き続けた。
にぱっ どうだ!
スポンサーサイト

ベランダの花植え替えました。

植え替え

久々、予定のない日曜日、
チューリップやラナンキュラスの花も終わり、気になっていたベランダの花を植え替えました。

庭仕事が大好きだった私が、現在のマンションに引っ越して7年経ちます。
鉢植えで元気がなくなった花でも、庭があれば、土に戻してやると、また根を張って元気になっていたし、少々水を遣り過ぎても根腐れもほとんどなかったのに、ベランダではそうはいきません。植え替えの時に、石灰やバークを入れて鍬で耕すという土壌の改良もできません。
でも、ベランダの風の強さ、陽射し、コンクリートにこもる熱など様々な悪条件のなか、何とか1年中がんばって咲いてくれています。
環境に合う花、合わない花はあるようで、今、いっぱい苗が出ているペチュニア系、ポーチュラカなどは、残念ですが ここではうまく栽培できません。

昨日は アゲラタム、ベゴニアという強靭な花と、スイートバジルの苗を植えました。
左下で芽吹いているのは、昨年末、正月用にいただいた「ネコヤナギ」。
花瓶の中で根を出したので土に降ろしてやったものです。丈夫な芽がでてきました。
朝顔の種も2種類購入しましたが、「気温25度以上でよく発芽する」と書いてあったので、連休明けに種まきをするつもりです。

昼食・おやつ・BGM

ナポリタンパン

誰もいない日の お昼ごはんは フサヤのナポリタンパン。奥はRSKラジオでも美味しいと評判だった焼カレーパン。
ケーキ2

一人で事務所にいたら 隣のIさんがおやつにとモーツァルトのケーキを持ってきてくださる。
マカロンとホワイトチョコの組み合わせは ひょっとしてウサギ?

酒井 俊

一人で聴くBGMは 酒井 俊のCD。
先日 リビングおかやま創刊25周年「女性ヴォーカルセレクション2008」さん太ホールに行ってきました。
50歳半ばのシンガーですが、こんなに聴かせる人がいるのかと、表現する力に圧倒されました。
ジャズシンガーとしてデビューしたそうですが、普通にイメージするジャズのナンバーはもちろん、「私は いい年をして、いろんなことに興味があるから」と言って歌う日本語の歌がとても心に入り込んできました。
アンコールで歌ってくれた「満月の夕(ゆうべ)」はこのCDの6曲目に入っています。

夕暮れが悲しみの街を包む
見渡すながめに言葉もなく
行くあてのない怒りだけが
胸をあつくする

阪神大震災の後生まれた歌だそうです。

e-託・開店・新刊・補充 納品いろいろ

けやき通り pm5:30
けやき通りの若葉がきれいです。今日の夕方の景色です。

Kさんは 昨日Amazonのe-託へ約150アイテムを納品し、今日は新規開店の喜久屋書店分を約250アイテム(伝票38枚!)を揃えました。
今までは、Amazonから直接吉備人出版に注文が入るわけではなく、注文が発生すると取次ぎの「地方小出版流通センター」を通して、吉備人に注文が入り、一旦「地方小」に納品→Amazon→注文してくれた人 という流れでした。
著者や読者から、「品切れ」になっていたけど、もう本がないのですか?という問い合わせがはいっていましたが、 今後、e-託で契約した本は、「在庫あり」という表示になり、注文されると、数日で出庫できる体制に入れます。

喜久屋書店さんは、5月末開店と聞いています。ビブレA館の2階フロアに県下最大級で展開されるそうです。

ここ1年で岡山市内に大型書店は何店舗もできましたが、さみしいことに町の本屋さんは どんどんなくなっていきます。
大きな書店にみんな行く。小さな書店は本が入らず、品揃えが悪くなってしまう。
書店にいけない人はAmazonで買う--
何だかな・・・と矛盾を抱えながらも、一人でも多くの人に本の存在を知って欲しいのが出版社です。

Kさん ヘトヘトになりながら 本を揃え続けました。
代表Y氏は 新刊「岡山人じゃが4」の著者納品、アウトドアショップへの 「熊山地図」「山百選」納品と走り回りました。私は地方小への補充納品。

そして、PM7時前、男性二人は 元気にテニスサークルへ、私はdia-diaのレッスンへ出かけました。

★クセになりそうなフリマ体験

フリマ風景1
オランダ通りのフリーマーケットはこんな感じ!

さて初参加の私たちは--8時半会社集合。子どもが中学生のとき、部活の試合を応援に行く朝以来の気持ち。高揚↑
★オランダ通りまで車で搬入。向かいはカレー屋さんのテント、お隣は手編みとパッチワークの小物屋さん。9時半過ぎ設営終了、早速オランダ通りスタッフの方が5冊も買ってくれる。
フリマ設営終了


★毎月第三日曜日オランダ通り祭りの開催に合わせてリサイクル資源の回収をしています。古新聞や空き缶を持ってきた人に、地域通貨「おいね」を発行。50おいねで50円。古新聞1キロは2おいね。加盟店で使えます。
だから、こんな光景がずっと見られます。
リサイクル


★この本 いいですよ。さりげなく吉備人の本を売り込む K氏。
フリマ中1


★「岡山にやって来て間もない」という若者二人。
「おかやまクイズ」「検定要点整理」をお買い上げ。為になりますよ~若者得々価格!!
フリマ中2


★Okayamaシュッパンシャーズ★★
店名です。勝手に命名。
今回「吉備人出版」のほか、地元岡山の「ソウルノート」「書肆亥工房」さんに、私物も含めて本を提供していただきました。地域の本は奥深い!
フリマ終了


★良いお天気でした。良い気持ちでした。楽しかったです。ハイネケンビールのスタンドにフワーッと入って行きそうなところを--我慢・我慢--。
フリマ風景2


3時過ぎにお店撤収。天満屋地下のオランダフードワゴンで念願のハイネケンとワインを買い、寿司を食べながら飲んだ後は、7時すぎからガーッと寝てましたとさ。楽しむ→疲れる寝る絵文字名を入力してください 

昨日はフリマご来店ありがとうございました

チューリップうさぎ
チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ表町時計台の辺りの通りいっぱい、ヨコ5mくらいの板にチューリップの生の花びらで描かれていた巨大うさぎ。風船を持っています。

昨日のオランダ通りフリーマーケットにご来店いただいた皆様 ありがとうございました。
”ブログを見ましたよ”と声をかけてくださった素敵な方もいて、ちょっとどきどきハート
画像をアップしようとしても こんな時間になってしまい 今日は ひとまず御礼まで。

いい天気でよかった。いろんな人とお話できてよかった。
ありがとう!チューリップチューリップチューリップチューリップチューリップ

平均年齢は大台に。

フレンチ
今日はK氏の50歳の誕生日です。クラッカー前祝 ということで昨日は
リオン・ペラーシュ というフレンチのお店でランチ。
メインの肉料理は こういったフランス産鴨肉のナントカでした。
私は 魚料理(ちなみに ハモにあられをつけて揚げてありました)をオーダーしたので味はわかりません。
苺のスープ
スープは冷たい苺のクリームスープ。
中央には桜をかいてあったようですが ちょっと食べてしまったので形がくずれました。スープというよりジュース。

Kさんの誕生日におめでとう!

はなみずき
桜が終わるのを待ちかねたように はなみずきが咲きはじめました。県庁通りの並木も赤、白、ピンクの花をつけています。
あまりにも季節の移ろいが早くて 何となく体や気持ちがついていかない感 があります。
はぁ~・・・もう一週間が過ぎてってしまった。 はぁ~・・・

吉備人の栞

吉備人の栞

オリジナル栞つくりました。
左から「岡山人じゃが4」(4月22日発刊予定)しおり
・中央上「美人しおり」 ・中央下「おかやまの民話」しおり
・右上「岡山人じゃが2」の人々しおり・右下「ツイストアニマル?」しおり
と全5シリーズあります。

20日の「オランダフェスティバル」フリマでお会いしましょう! 

二十四歳

ワイルドストロベリー
「ワイルドストロベリー」花を付け、実を結ぶと幸せになれるんだって。ウチのワイルドストロベリーは絶好調ですが。
........................................................................................
やや小さめのエクレアとアップルパイを買いました。
二十四歳の男が お菓子の箱を持てたのも
きっと誰かの おかげだよ

そんなおまえが とても とても とても・・・
ラーラララララ ラーラララララ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢はいつでも大きいと ・・・
僕の背中で笑ってた
そんなおまえが とてもとてもとても・・・

「木目の家具をさがそうね 好みの合ったコーヒーカップ」 で始まる
こんなアリスの歌があったよ。「おまえ」って歌。
たぶん30年以上も前の曲 アリス?にはいってます。たぶんこのような歌詞でした。

レコードでは チンペイ(谷村新司)さんのちょっと照れ笑いの混じるやさしい歌声にかぶって うふふふ て笑う女の娘の声が入っていた(ような気がする)。

「エクレア」「24歳」っていうと いつもこの歌が頭に浮かぶ。
木目の家具ってなんだ みたいな昔の歌だけど とても好きな歌だった。

当時私は中学生だったから、24歳はすごく大人に思えた。「おまえ」って呼んでもらえるんだってぇ 大人の恋だ~みたいな。

そして、当時は不思議に思わなかったことだけど 自分のことを 弱冠24歳にして、「男」と称しているではありませんか。

そして、そして、わが息子も 明日、「二十四歳」になります。
お菓子の箱も平気で持てるし、「結婚式の約束もまだはっきりとしちゃいない」(3番の歌詞)っていうか、そんな相手もいないと思っているのですが、どうでしょう。

春の野

つくしんぼ
つやっつや のつくしんぼです。すみれ、おおいぬふぐり、クローバー
水菜の花
ちょっとシャープーな菜の花でしょ、じつは水菜の花です。たっぷりお鍋で楽しませてくれた後、こんな可憐な花をつけました。
わたげ
とんでけ~

オランダフェスティバル

オランダフェスティバル

フリーマーケットに参加します。
4月20日 朝10時~ 場所は表町オランダ通りです。
オランダフェスティバル2008が4月19日・20日に開催され、ステージやビアガーデンなどフリマ以外のイベントもいっぱいあります。楽しみです。

私たちは 本などを売ります。詳細は 今から考えます。麦藁帽子とレジャー椅子だけは用意しました。
4月20日といえば 次の次の日曜日です。

ぜひ 寄ってみてください!ヨロシク

「桃太郎話」ポストカード

桃太話ポストカード

好評につき 「桃太郎話」ポストカードを増刷しました。
「え そんなのあったの?」と驚かれる方もいらっしゃるかも。
シンフォニービル1階の岡山県観光物産センター と岡山城 でしか購入できない 吉備人出版オリジナルポストカードです。5枚組・税込み400円。

地域に伝わる桃太郎の話と 画伯によるイラストがはいっています。
吉備人出版社員が心をこめて封入しています。

プライスカードは和紙という こだわり振り。

★和紙を切るときには カッターナイフは寝かせて切る というコツをつかんだ日でした。

あー よかった!

sumire

岡山市内山下、アスファルトの隙間に咲く スミレ。道路と溝の間で色鮮やかに自己主張している。栄養分はどこから摂るのでしょうか?ビルの管理人さんが 液肥を与えてたりして。

スミレの写真を撮って、カメラを肩に掛けたと思ったら、スルッと落ちてカシャン と道路に・・・。あ・・・カメラが・・・。
飛び出した電池をそそくさと拾って 事務所に戻った。
だって落ちて転がったもの、壊れたに決まってる。そーっと カメラを点検。

見た目 レンズはダイジョウブそう。シャッターは切れる。
PCへつないでみる。
オー 画像が全てなくなっているー!!!ゲーッ
代表Yが カシャカシャいじっている。あーら不思議画像が戻った。メモリーカードがはずれていたのでした。

フラッシュの上の擦り傷だけで すんだみたいです。
あー よかった。
デジカメだから 助かったのかなぁ。

残花美しき・・・

雨に濡れる桜

昨日は雨。
強い雨の中、道におおきく枝を張った桜は幹が黒々として、花とのコントラストが美しい。

桜の季節が物悲しいのは、この季節に別れがやってくるからかな。
ひとつ学年も上がり、前の年の自分に別れ、クラスの友達や先生とも疎遠になる。そんなことが悲しかった。

卒業式からひと月、春休みには、まだ何度か遊んでいた友達が 別の土地に旅立っていくことや、まだ家に居ていっしょに暮らしていた子どもが新しい世界へと旅立っていくような 別れ--
満開の桜は 自分いる場所とは違う場所に咲く桜だから悲しかった。

数々のそんな別れを思い出して、いまだに切なくなってしまう。

お花見

桜満開

土曜日、父が桜の下で 牛串を齧りながら歩きたい とかわいらしいことをいうので、夫が両親を迎えに行き、ちょうど帰省していた息子と一緒に、4時くらいから 5人で旭川河川敷をぶらぶら。
父は「オーシ 何でも買うちゃるぞ」「久しぶりじゃから 生(ビール)も飲む」と テキ屋さんが大喜びしそうなことを言って、ゆーーくりだけど張り切って歩く。

お目当ての牛串を買い、父は早速齧りつく。何産牛かは不明で、やはり噛み応えがあるらしい、固まりを2個くらい食べて 「フン」(この場合の フン はホレ という意味)と後は夫に任せる。
母は「フライドポテト」、私は「はしまき」と「ごま団子」。夫は「ホルモンうどん」「佐世保バーガー」など、それぞれ興味のあるものを買ってもらう。
(※佐世保バーガーは直径12センチはある巨大バーガーで新顔。お値段は880円。中身はこの価格で買った人だけのお楽しみの一品。)
息子は4人からそのいろいろを分け与えられている。満開の桜の下で、みんなで座って食べた。
春の夕方の 空気はおいしくてゆったり。

そして、今度は雪洞が点燈された道を、またゆらゆらゆっーーくり帰った。

花見に来ている人で、うちの父が 一番年齢が高かったように思った。なんだか自慢・・・一緒に歩けて嬉しかった。
雪洞

鉄子さんなら分かるかな?

分かるかな?
正面に 走っている線路は何線でしょう?
そしてこの列車は どこに向かっているのでしょう?
そして ここは どこでしょう?

その昔  といっても 約30年ほど前のこと nonnoだったかセゾン・ド・ノンノ(季刊本で 今はない)の、「ローカル線の旅」みたいな特集で ちょうどこの辺りが掲載されました。南北に小さな川が流れていて、あと5~6メートルも行くとミニ鉄橋があります。
そこが ドーンと載ってましたのよ。

この辺りもやっと暖かくなったかな??

東京弁と関西弁

桜の雪洞
桜が満開です。昨日の昼間は家に居り、痛む頭の中に旭川河川敷の花見の様子を思い浮かべていました。が、街宣車の叫び と烏のかぁーかぁー鳴く音ばかりが耳に頭に響く響く・・・

東京の人は苦手よ~。とは 今日の電話での思い。
めずらしく今日は東京の方 3名とお話しました。
本を買ってくださる という会話なので あわてることもないこともない日常のことなんだけど なんだか怖気てます。
それに 会社のことを説明しようとしている 自分が妙にくどくって「あ~なんて垢抜けないんだろ。」と後悔なんかしちゃったり。単純に田舎もんのひがみなんですけど。

東京にある取次店地方小のKさんとは 本の注文で週に二度ほど電話で話すことがありますが、慣れないうちは、叱られるみたいで恐かったな。
「○○やってよね」「だからさぁ~この本あるの?」なんてなーんでもない言葉にびびったり。

それに比べて関西の人は「〇○ありますか?」とか「やってもらえますか」とか言うときの
語尾の「か」がフワッとあがって なんとなくやわらかく優しく聞こえるんだな。

言っている内容は同じなのにね。特に男の人に差を感じる。
だから関西の男性には騙されやすいのかも・・・。(私が騙されたわけではありません。)
Page top